やりたい事が分からない人へ

やりたい事 分からない自分のやりたい事が分からない状態と言うのは、実は非常に辛いものです。

何もやりたい事が無いと、自分の中でやりたい事を決める事が出来ず、結局人に流されてしまったり、やりたくない事を何となくただ続けてしまったりっと言う事が多くなってくるでしょう。

自分らしく、自分の好きな様に生き方を自分で決めて行く人と言うのは、自分のやりたい事がハッキリしている人が多いのは確かです。

では、どうしたら「やりたい事」がハッキリしてくるのでしょうか?

小さい頃を思い出してみてください、無邪気に遊んで居た頃、自分のやりたい事はハッキリしていたでしょうか?

やりたい事、っと考えた時「何か特別大きな事」を思い浮かべるかもしれません。

例えばやりたい仕事を見つけるとか、人生のライフワークを見つけるとか、自分の人生を大きく変えてくれる様な、大きな出来事を思い浮かべるかもしれませんが、子供の頃「絵を描きたい」とか「友達と遊びたい」とか「外に遊びに出かけたい」とか「お菓子を買いに行きたい」とかそんな小さな事です。

自分の人生に大きな変化を与えてくれるような「やりたい事」を見つける為には、まず普段の小さな事から、自分のやりたい事を見つけ、それを行う訓練をしなければなりません。

自分が普段何を求めているのか、自分の心の声を聴けるようにならなければ、人生を大きく変えるような「やりたい事」にたどり着くのは難しいでしょう。

心の声に耳を傾けるとは?

自分 信じる休日に自分が何をしたいのか、決める時、あなたは「心の声」と「頭の思考」どちらの選択を優先しますか?

例えば、休日に「今日は温泉に浸かりたい」っとふと思ったとします。その時直ぐに「温泉に行く準備を始める」か「温泉に行くのにはお金が掛かるし」とか「行く温泉を決めるのが面倒だから家に居よう」とかどちらを優先しますか?

自分のしたいを「でも」や「面倒」などで遮ってしまうのが思考です。自分のしたい!は心のしたいに繋がります。その時「温泉に行く」事に従うと、次の自分のしたいが、分かるようになります。

自分の心がしたいと思う事に、従って行くと心の声が段々分かるようになってきますが、普段から心の声を無視してしまっている人には、自分の心の声に従うと言う事は少し勇気のある事かも知れません「やりたい事を」見つけるっと言う事は「やりたい事」に従う気持ちが無ければいけません。

自分の心の声を無視し続けると、当然やりたい事が分からなくなってきます。

小さな事でも「やりたい事が分からない」っと言う人は、心がかなり「動かない重症」になっている可能性があります。心の声を無視し続ける事で「心が麻痺」してしまっている可能性があります。

心が麻痺してしまっている人は

エネルギー 枯渇長い事、自分のやりたい事を無視し続けて居る人は、心が麻痺している可能性があります。

そんな時は、やりたいに従えなくても、例えば「旅に出かけてみる」「お芝居を見に行く」「自然と触れ合う」など、心が少しでも動きそうな事を体験してみる事が大切です。

その時は「興味が無い」っと思っても、やってみると「楽しい」と感じたり「ワクワクする」っと言う事があります。

過去に自分が大好きだった物でも構いません。例えば子供の頃あなたは、何に夢中になりましたか?心が無邪気に動いて居た頃「好きだった」事に目を向けてみましょう。

「電車が好きだった」「車が好きだった」「動物が好きだった」など色々あると思います。その頃を思い出せる様なイベントに出かけてみると、その当時の心の状態が蘇るかもしれません。

心が麻痺してしまっている人は、心が元気になる様な事を、自分からしてあげる様にしてください。そして、少しでも心が動いたら「いま、感動しているな」とか「心が喜んでるな」っと言う心の動きを味わいましょう。

自分のやりたい事を見つけたいのであれば、やりたいと思ったことにきちんと返事をする事です。

やりたい事を見つけたければアンテナを張って置く

やりたい事 分からない何となく、ただボーっと過ごしているだけでは、何となくただぼーっと時間が過ぎてしまします。

やりたい事を見つけて、やりたい事をしていく人は、自分のやりたい事は何か、常にアンテナを張っています。

自分のやりたい事は何なのか?楽しそうな情報を集めてみたり、人から色々な話を聞いたり、自分の刺激になる様な出会いを求めて行きましょう。

特に、誰かと話すっと言う事はとても良い事です。やりたい事を生き生きとやっている人と出会い、そんな人と楽しく会話をしたりすると、いい刺激を貰える事があります。

友人、会社の同僚、コミュニティに参加する。何でも良いでしょう、自分だけの空間を保っていると、刺激が無く、何も分かりません。

楽しそうな事に常にアンテナをはり、そこから辿るように自分のやりたい事を見つけて行きましょう。

やりたい事はある日、ポンっと降りて来る物ではありません。

色々な事にチャレンジしてみて「自分が楽しい」っと感じられる物を少しづつ引き寄せる物です。どんな可能性が自分の中に眠っているか分かりません。ただ何となく眺めているだけでは無く、アクティブに、参加して行く事が大切です。

「無理そう」「興味ない」っと思った事でも、やってみなければ心がどんな反応を示すかは、分かりません。心が反応する為には「参加」はとても重要です。

やりたい事が分からないっと言う人は「気乗りしなくても」何か参加できそうな事があったら、どんなものなのか「経験」するようにしてみてください。

「経験」はとても大切です。せっかくこの世に生まれて来たのですから、生きる事を十分に楽しんで行きましょう。


人気ブログランキング