使わない物をただ置いておくことは悪い事?

使わない物今日夢で、ゴチャゴチャしている汚い自分の部屋が片付けられないで困っている、っと言う夢を見ました。

僕は絵を描く事や石の収集癖もあって結構、物をいっぱい持って居る方なんですが。

今日起きて、使わずにただ置きっぱなしの画材や、点ける事無くただ、置きっぱなしの照明など「つかわない物が自分の家には多いな」っと思い罪悪感を感じて居る自分を発見しました。

そこで「何でだ??」っとなったのです。

「つかわない物を、使わないままただ置いて居る事は悪い事なのか?」っと思ったのです。

自分の中で使わない物を家に置いておく事、所有している事は「悪い事」っと意味が付いている事に気付いたので、さっそくその囚われを外す為に「許しのワーク」を行いました。

「許しのワーク」関連記事 囚われの外し方ー掘り下げて説明しますー

すると、エネルギーが色々な所から抜けるのを確認「こんな囚われがあったのか」っと驚きました。

そこで、僕はこの囚われがどうして出来たのか考えてみる事にしました。

そこで一番に浮かんだのが「亡くなった父」の物を収集する癖でした。父親の家には捨てられずに置きっぱなしになった、沢山の物があり、足の踏み場もありませんでした。

この状況にやっぱり少しながらにも「これは良くない事」っと自分の中で思って居たようです。

メディアの洗脳

ジャッジ次に思い浮かんだのは、メディアの情報に無意識に影響を受けている事が分かりました。

よくテレビなどで、ゴチャゴチャ物が沢山ある汚い部屋を「悪い事」の様に放送するのを目にしていましたが、この様な情報操作にも無意識に影響されている事が分かりました。

かといって、別に僕の部屋が「足の踏み場もないほどゴチャゴチャしている」っという訳では無いのですが、広い部屋を借りて沢山の自分の欲しい物に囲まれている幸せな状態に「こんなに贅沢をして良いのだろうか?」っと言う「罪悪感」と「居心地の悪さ」の様な物があり、それが許しのワークで外れました。

使わないとしても、その物が、そこにあるだけで「安心する」っと言う事は良くあることです。

安心感がそこにあるとするなら「使わない物」であるように見えても実は「使って居る」事になるのかもしれない、っと今日、思う事になりました。

必要最低限の物しかないシンプルな部屋っと言うのも悪くは無いですが、少なからず僕には収集癖があって、その沢山の物が綺麗に並べられているだけで「安心する」っと言う所がある事が分かりました。

使わない物を、いつまでもとって置いては片付かない、一年以上使わない物は「捨てなさい」などそんな言葉が良く聞こえてきていましたが、一年使わなくてもその後に必要になって「ああ捨てなければ良かった」っと後悔する事も結構よくあります。

僕は、物を貯め込むことに「罪悪感」を感じ、せっかく自分のお気に入りの城を作ったのに「それは良くない事」っと言う囚われで、また必要な物を捨てようと考えていたっと言う事に気付かされました。

「物を貯め込むことは」良い事でも、悪い事でもない。

片付かない部屋は「悪い物」っという洗脳にうっかりはまっていた自分に今日驚かされる結果となりました。

無意識に刷り込まれる洗脳に注意

洗脳僕は、常日頃からメディアの情報には出来るだけ注意を払って居ます。

何故かと言うと、メディアから無意識に刷り込まれる洗脳に、見えないエネルギーの世界に無意識に意味付けを行ってしまうからです。

例えは「〇〇癌、実はこんな生活習慣でなりやすくなる!」とか

「お金が溜まらない人の特徴」とか

「こんな人は不幸になりやすい」

一見気を引く、気になるフレーズではありますが、この様な内容の記事は、僕らの意識に無意識に意味を付ける習慣を作ってしまいます。

見えないエネルギーの世界は、その人が意味付けした通りに動きますから「不安を煽る様な意味付け」「操作を受けるような意味付け」のある記事には注意を払わなければいけません。

じゃないと、無意識に色々な「囚われ」を作られてしまう可能性があり、それが僕らの作る現実に確実に影響して行きます。

なので、僕は「無駄な意味の付く記事」には目を通さないようにしています。無駄な意味を付けなければ無駄な意味に振り回されることは無くなります。

それでも、今日の様な意味が付いてしまうのであれば、無意識に「罪悪感」を感じた時は、何故それが悪い事なのが、疑って「囚われを外す」っと言う事をしなければならないと感じました。

楽になる方法は、この世に「良い事」「悪い事」っと言いきれるものはなく「良い事」「悪い事」っと意味を付けジャッジしない事が気楽になる方法です。


人気ブログランキング