男女のスピリチュアル感の違い


悩まないスピリチュアルに興味を持ちやすいのは男性に比べて女性の方が多いのは確かです。

僕は、神様の絵を描いてブログでプレゼントするアート活動をしていましたが「神様の絵が欲しい」っと申し出てくれる人は、皆、女性でした。

必ずしも全ての男女に当てはまる訳ではありませんが、女性は「感覚的」で男性は「論理的」な所がある為だと思われます。

また、陰陽の関係でも、女性は「精神性」のエネルギー、男性は「物質的」なエネルギーを司どっています。

僕は、性別に関しての囚われを外しているので、男性も女性も客観的に見ていますが。

今まで、会った男性や、女性を見ると、やはり男性に比べて、女性の方がスピリチュアルな感覚には長けているのは確かです。見えないエネルギーに関してすんなり受け入れられるのは女性の方が多いです。

かといって、女性が男性に勝っているっと言う事ではありません、女性はスピリチュアルに関して確かに受け入れは速いですが、スピリチュアルの迷子になりやすいのも女性です。

女性は、感覚的な所がある分、実際の現実から離れた方向へ思考を持っていきがちです。例えば自分の中だけで話が勝手に広がってしまって「ある事、無い事」に振り回されてしまいやすいのは女性の方が多いです。

しかしながら、女性性、男性性と言うのは二極のエネルギーです。肉体的には男女と言う物は分ける事が出来るかもしれませんが、精神性の関してはこの人は「男性的」この人は「女性的」っとハッキリ分ける事が出来ない所があります。

僕は「性別の迷子」と言う経験をしているので、男女の感覚に関して疑問を常に持ちながら生きてきました。自分は「女」だ「男」だと、何も疑いなく自分の性別を受け入れ、世の人が与えた女性的なイメージ、男性的なイメージに合わせて生きて行ける人の感覚が、実は良く分かりません。

なので、女性も男性も常に一歩離れた所から眺める様に見てきましたが、この人は「女性的」この人は「男性的」っとハッキリ分ける事は出来ない物だと言う事は分かって居ます。

また、女性は荒々しく大雑把な所がある人が多く、男性は細かい所に拘り、几帳面な人が多いと感じる所もあり、女性の方が男性的、男性の方が女性的などと感じる時もあります。

皆それぞれの要素を、色々持ち合わせているのが二極のエネルギーです。

スピリチュアルな男女の特徴

 

男女全ての男性に当てはまるとは思いませんが、見えないエネルギーを感じながら生きている男性は物腰が柔らかく女性的な雰囲気を出している人が多い様に感じます。

目に見える物質的な現実しか信じられないと「物が減る、増える」に関して一喜一憂するのは確かです。目に見えないエネルギーがある事が信じられると、物質的な事だけに対する執着が外れ、安心感が出て穏やかになるのは確かです。

僕は、日常でスピリチュアルな話は一切しません。スピリチュアルに理解があるとハッキリしている人の前では、スピリチュアルな話をしますが、それ以外の人とは普通の話しかしません。

だた、日常のエネルギー調整などで、スピリチュアルなアクセサリーを身に付ける事が多いのですが、それに対して、何も言って居ないのに反応を示す。または「エネルギーがある物だと分かる」人は女性の方が多いです。

突然、胸に掛かったネックレスに対して「凄く綺麗ですね」と話して来たり「エネルギーがありそう」と言ったりしてくるのは「女性」が多いです。

なのでやはり、スピリチュアルに勘が鋭いのは、女性の方が多いかもしれません。

しかしながら、最近の会う人をみてみると、男性もスピリチュアルに興味のある人は増えてきているなっと感じます「スピリチュアルである事が正しい」とは、言いきれませんが、信じる、信じないで、生き方が変わってくるのは確かです。

男性、女性に関わらず、全ての人が、自分の感覚に対して信頼を持って、自分らしく生きて行ける様になる事は、大切な事なのでは無いだろうかっと感じています。

目に見えない物に対して狂信的になる必要はありませんが「そういう世界もあるんだろうな」位の感覚で居ると「そんなのあるはずが無い!」っと言う人よりは、豊かに暮らせる事は出来るのではないだろうかと思います。

僕は、男性は「こうだ」女性は「こうだ」と分ける概念があんまり好きではありませんが、世の中の人は、男女を分ける概念が大好きなんだなーっと思ってみています。勿論、男性、女性で分けられない、性別を持った人も沢山存在しています。

これからの時代、男、女で分ける事が出来ない時代がやって来るかもしれませんが

スピリチュアル感に関して、少しだけ男性の特徴、女性の特徴に関して触れてみる事にしました。


人気ブログランキング