シンクロニシティー不思議な虫の知らせー

シンクロニシティ貴方は、シンクロニシティを経験したことはありますか?

例えば「そう言えばあの人、どうしてるかな?」っとふと昔の友達の事を思い出したりした時、突然その友達から電話が掛かってくる。とか、物凄く急いでいる時に全ての信号が「青」になってスムーズに行けたとか、丁度欲しいと思って居た物を、誰かからプレゼントに貰ったなどなど、この世界には不思議なシンクロニシティの世界があります。

僕が、最近体験したシンクロニシティは、適当に買い物をしてレジに行ったら「777円」と言う事が二回ありました。流石に二回も777円が続くとこれは何か「虫の知らせかな?」っと思いネットでエンジェルナンバーを調べて777の意味を知りました。

エンジェルナンバーとは天使のメッセージが込められているナンバーの事です。例えば123と言う数字をよく見るとか印象的な数字が自分の前に続いて現れる時などは、天使のメッセージかもっと思って、エンジェルナンバーの意味を調べてみたりするのも楽しいかもしれません。

エンジェルナンバーはネットで調べればすぐに出てきます。

因みに僕の気になった777のエンジェルナンバーの意味は「もう直ぐ貴方の願いが叶います」でした。僕はこのメッセージを受け取って、単純に喜びました。(笑)

僕の願いはただ一つです。その願いが叶うと信じています。

シンクロニシティが起きる時、その人の波動は高くなっているっと聞く事があります。高い波動が良い出来事を引き寄せるのだそうです。悪口を言えば、悪口を引き寄せる様に、波動が高くなれば波動の高い出来事を引き寄せる事になるのは、似た物を引き寄せる「波長の法則」として十分考えられます。

どうせ引き寄せるなら、波動の低い事より、波動の高い事を引き寄せて生きたいですよね。

昔、起きたシンクロニシティ

シンクロニシティ最近はそこまで印象的なシンクロニシティを経験した記憶は無いのですが、駅に行ったら丁度電車が来るっと言う事が続くとか、信号に辿り着いたら丁度青になったとか、ささやかな物でしたが。

昔は、友達と待ち合わせした時「あいつ、そろそろ来るぞ」っと話していると本当に後ろからひょっこり現れたり。

十代の時、好きだった人が居て「あの人は、今どこに居るんだろう?」っと思いを巡らせて、いつも行くショップを歩いて居たら、その好きな人が近くのお店で働いて居て「居たよ!」っと思った事などがありました。

流石に「好きな人」を見つけた時は「これは運命か!?」っと思いましたが。本当に若い頃の良い思い出です。

人同士と言うのは、実は内側で一つに繋がって居る物なので、隔たりになる物が無くなればいつでもどこでも繋がる事が出来る存在なのです。

僕らは肉体っと言う物質に宿る事で「自分」を分ける物に乗っかってこの世で生きていますが、肉体から離れて魂の存在になった時、全ては一つなんだっと言う事を思い出します。

これは、江原さんが言って居た言葉だった様な気がしますが、僕らはコップ一杯の水だと言っていたような気がしました。「一滴一滴」水を分ける事は出来るのですが、実際は僕らは、一滴一滴であっても、まとまるとコップ一杯の水の中の一つの存在っと言う意味だと思います。

感覚的な事なので、これも言葉にするのは難しいですが、コップの水っと言ったり、木と表現したり、されますが僕らは体を脱ぎ去ると、皆一つの存在だっと言う事を思い出すのです。

この事から考えると「人の繋がりで起きるシンクロニシティ」は十分に考えられる物であると言えるでしょう。「え、凄い偶然!」っとビックリするような出来事も、実は僕らは内側で一つに繋がって居るのならば、知っていて当然の「必然」であるっと言う事です。

内側に意識を向けると読める心

シンクロニシティこれは、シンクロニシティとは外れますが、僕が東京に居て、見えないエネルギーに敏感だった頃、仲良くしてくれて居た友人で、バンドを組んで歌を歌って居る女性が居ました。その人は霊感のある人でしたが、ある時、僕がその人の歌を聞きにライブハウスに行った時、僕は彼女の歌を聞き終わった時

「何か飽きたな」

っと感じたのです。その時僕は「一生懸命活動している彼女に失礼な事を思った」っと思ったのですが。

暫くして彼女が、僕に「相談」する為に電話をかけて来た時がありました。その時彼女は「僕には隠し事が出来ない」っと言いました。最初その話を聞いた時、どういう事なのか意味が分かりませんでしたが。

「歌が終わった時どう思ったか?」

っと聞かれたので

「何か飽きたな、って思った」

っと伝えると「そうなの、実はもう、歌う事に飽き飽きしてるの」っと彼女は言いました。

その時僕は、自分が「飽きた」っと感じて居るのだと思ったのですが、実は彼女の気持ちを読み取って受け取ったから「飽きた」っと感じたのか、っと初めて気付きました。

この様に、僕らは内側で繋がって居る事があるようです。なので、もしかしたら貴方が思って居る事を、相手も同じことを思い、読み取っている可能性もあるっと言う事なのです。

この経験をしてからと言う物「これは僕が感じて居る事なのか?」「それとも相手の思いを読み取って思った事なのか?」っと内面で感じた事を分析するようになりました。

今でも、イライラする時は「これは自分がイライラしているのか?」「それとも何かに反応してイライラしてるのか?」っと常に内面をのぞき込んでいます。

基本、僕らは波長が高くなって内面がさざ波の立たない静かな水面の様になると、自分って何にも考えて無いし、何も思っても居ないんだなーっと言う事に気が付きます。

そうなった時、水面に波風を立てる原因は外から吹く風かもしれないっと考える様になったりします。そうなってくると、この人「こんな事考えてるのか」っと相手の思って居る事、考えている事が分かってくるかもしれません。

内側で一つに繋がって居る僕らに孤独な人は居ない

シンクロニシティっと言う事で、僕らは内側で一つに繋がって居るっと言う事で、孤独な人は一人も居ないっと言う事が分かります。

僕らは内側で一つに繋がって居るんだなーっと分かる感覚のもう一つに、遠隔ヒーリングがあります。これは、場所の離れている人に見えないエネルギーを送り、相手を癒す技術ですが。

例えば癒したい人に意識を向けると、相手がどんなに離れた所に居たとしても、相手の体の状態が分かる事があります。

今の僕は、そこまで敏感ではありませんが、見えないエネルギーに敏感だった時は、傍で話している人の何処が詰まっているかっと言う事も良く分かりました。

これが、結構肉体的には辛いのですが、この様に僕達は距離や、場所に影響される事無く内側で繋がるっと決めるとどんな人とでも繋がる事が出来るのです。

これが、分かるようになったら「寂しい」なんて言葉は出なくなると思います。好きな人の傍に居たいっと思えば、その人にリンクを張って傍に寄り添う事も十分可能な事なのです。

勿論、そこまで行くには、色々勉強しなければならない事もありますが、内側で一つに繋がって居るんだっと言う事が分かれば、僕らに孤独な人は誰も居ないっと言う事が分かってくるのです。

昔の僕は、一人になる事を物凄く恐れて居ました。寂しいとも感じて居ましたし、それで道を踏み外したこともあります。

しかし、内側で皆と一つに繋がって居る感覚と、ハイヤーセルフやガイドとの繋がりもあって、孤独では無いんだっと言う事が分かるようになってからは、一人で居ても寂しいっと思う事が無くなりました。

エネルギーに敏感になると「良い事」「悪い事」両方経験する事になりますが、今の僕が居るのは紛れもなく、そのキツイ時代を乗り越えたからの物だっとハッキリ分かって居ます。


人気ブログランキング