自分を信じられない貴方へ

 

自分 信じる自分を信じ直観を信じて行動する人は成功する。

アップル社で有名なスティーブ・ジョブズも直感を信じ行動する人だったようです。

直観を信じるようになると言うことは、自分を信じるっと言うことでもあります。多くの人は自分に対し自信のなさがあって悩む事が多いのではないでしょうか?

自信とは、読んで字の如く「自分を信じる」っということです。

では、何故人は自信を無くして行くものなのでしょうか?

普段の行いをほんの少しだけ、気を付ける事で自分に自信をつけると言う事は十分可能になります。

自分の内側から湧き上がる声に耳を傾ける

例えば、今晩何を食べよう?っと考えていた時、お金の事を考えスーパーで値段の下がったお惣菜を買って帰ろうと考えて居たとします。その時、スーパーの近くに美味しそうなラーメン屋を発見し直感的に「あ、ラーメン食べたい!」思ったとします。

そこでラーメンを食べるか「いやいや安く済ませるためにスーパーでお惣菜を買おう!」と行動するかで、自信の付き方は変わっていきます。

自分の直観に自信が無いと思う人は、外の情報に自分の判断をゆだね、自分の心の声を無視しようとする癖がついています。

人は大きくなっていく内に色々な情報や価値観にさらされていきます。

小さい頃を思い出してください。子供の頃、何かをしたいっと思ったとき「でもお金が」とか「時間が勿体ないから」などと考え、行動することを頭で抑え込んで居たでしょうか?

「ラーメン食べたい!」っと言う自分の心の軸ではなく、お金が勿体ないという「お金」っという外的な情報に自分の判断を委ねてしまって居るのです。

このような状態を繰り返し、自分の声を無視し続けると、無意識に段々と自分の判断に自信が持てなくなっていき、人の作った判断に身をゆだねる様になります。そうなっていくと貴方は、少しづつ自信を失って行きます。
自分 自信お財布に本当にお金が入っていないのなら別ですが、その時自分のしたいと思った事に従う事で自分を信じる力は付いていきます。

「でも自分のしたい事ばかりしていたら、おかしな方向に行くんじゃないか?」

っと不安になった方も居るかもしれません。そのように思うのだとしたら、もうすでに自分を信じられていない、と言う事です。

僕の経験上で自分の直感に従うことで、おかしな方向に行った事はありません。むしろ流れにゆだねた方が上手くいくことが多くなって行きます。

ただ、ココで一つだけ注意です。

それは、自分のやりたいっと思った心の声が、純粋な心の声なのか「依存」から来る心の声なのかっと言う事です。

依存から来る心の声というのは、不安や恐怖、心配などから逃げようとする行為です。つまりそれをして居ないと落ち着かないっと言う心の状態です。

不安や恐怖から逃げたいと言う、心の声には際限がありませんラーメンを食べなければ落ち着かないという心の声が「ラーメン食べたい!」っと言っているなら、体が壊れるまでラーメンを食べようと囁きかけてくるでしょう。

ラーメンでは、分かりにくいかと思うので、ここでは、例えばタバコとかギャンブルなどを例に取ってみると良いかもしれません。

自分の心の声からくる「やりたい!」なのか、依存からくる「やりたい!」の心の声なのかを判断するのは、閃きか、体から出てくる欲求かで判断するとよいでしょう。

直観っというのは、ピーンっとしたエネルギーで降りてきます「ハッとする」っという感じでしょうか。欲求はザワついたようなエネルギーで体の内側からウズウズと沸き上がる感じです。

「閃きなんて降りてこないよ」っと言う人も居るかもしれません。

人は長い間、自分の心の声を無視し続けると、心の声が聞こえにくくなっていきます。
自分 信じる日常のほんの小さな事でも構いません、何か自分のしたい事を判断する時、それは純粋な自分の判断なのか、それとも外からの情報で動かされている物なのか、頭の中を静かにさせ耳を傾ける癖を付けてみると良いかもしれません。

また、依存が強く自分の本当の声が聞こえない人も居るかもしれません、その場合は、まず自分が何に対して恐怖や不安、心配ごとがあるか自分に問いかける様にしてみてください。

自信をつける前に、自分を探り、自分を知ることから始めてみてください。

貴方の心のブロックは貴方が「知る」っと言う行為で外れます。自分を100%理解してあげられるのは、自分しか居ないのだっと言う事に気が付いて自分を知る事に努めてみましょう。

自分の事が良く分かると、涙が出てきたり、不思議と今まで出来なかったことが出来るようになる、などの心の変化が出てきます。

玉ねぎの皮を剥くように、本当の自分が見えて来た時、貴方の純粋な心の声が聞こえるようになっていきます。
自分 自信


人気ブログランキング