センターを感じて生きるー自分らしさを貫くー


チャクラヒーリングを勉強されている方だと「センター」の感じ方っと言うのは分かるのではないかな?っと思うのですが、センターとは読んで字の如く自分の体の「中心」です。

チャクラの話でも少しだけ触れていますが
関連記事 チャクラの話ー体験談ー

僕らの頭頂から、足の裏までには真っすぐに伸びるエネルギーラインがあります。このエネルギーラインの頭頂から天のエネルギー、足裏から地のエネルギーが出たり入ったりしていて、川の流れの様に、体の中心をサラサラエネルギーが流れて居るのですが。

センター

これは、流石に画像が無いので、僕が画像制作ソフトで描きました。(笑)

僕の感じるセンターはこの様なイメージです。

この、センターに関しては、エネルギーの感じられるヒーラーから、エネルギーを感じる回路を開いてもらわないと感じられないのか、それとも自己浄化を進める内に勝手に回路が開くのかは、僕の中ではハッキリ言えないのですが。

僕は、ヒーリングの先生からアチューメントを受けて回路を開いて居ます。

でも、僕は回路を開かなくても人間は多少なりともセンターにエネルギーを通して生きているのではないかっと思って居ます。じゃないと「死んでる」のと一緒だろうと思うのです。

心臓がバクバク動いて血液を循環させるのと一緒で、多少なりとも、詰りはあって通すエネルギーは少ないにしても少しは天地にエネルギーを通して生きているだろうと推測しています。

僕らは、相当意識しないと心臓から流れて居る血液の感覚なんて、分からないですよね、それと一緒で、センターのエネルギーも感じて居なかったとしても、どんな人でも多少は通しているだろうと思うのです。

僕も、時々感じられない事もありますが、調子が良い時は足裏からビリビリとエネルギーが通るのを感じながら生活しています。

センターを感じながら生きると「自分」っと言う感覚がしっかりするので、例えば「人を思い通りにコントロールしようとする人」が傍に居て「自分を操作しようとしてきた時」センターに意識を向けてしっかり中心を取ると「影響を受けにくくなる」っと言う事ができます。

その様に考えると「自分」と言う物をしっかり保ち、自分らしさを貫く為には「センター」をしっかり感じて生きる事が良い事なんだな、っと最近の経験で分かってきました。

自己浄化でセンターがしっかりしてきた

センター
僕は昔ヒーリングの先生にアチューメントして貰ったばかりの時は、先生の言って居た「センターを感じながら生きる」っと言う意味が分かりませんでした。

多分、感じる回路は開いて居たのだと思いますが「センターってどんな感覚なんだろう?」状態でした。その後センターを感じられるようになったのは「自己浄化」を進めて自分の体の中の詰まりが分かる事や、囚われが外れて内面のエネルギーの組み換えが終わるようになってから、だんだんと「これがセンターだ」っと感覚的に分かるようになりました。

これは、特別な人が感じる特別な感覚ではなく、人間は皆同じ物を持って生まれてきているはずです。なので、貴方もセンターを感じる事は出来るのです。

最初は分からなくても、体の中心を流れるエネルギーの流れが、少しづつ増えていき、段々とハッキリ分かるようになって来ます。

僕のよく言う「手放す」なのですが、これはセンターを感じられるようになると、良く分かるようになって来ます。「手放せないと」体の中心を流れるエネルギーを頭や他の何処かで「止めよう」としてしまいます。エネルギーの川の流れを遮ろうと必死になってしまうのです。

「手放そう」っと決めると、中心を流れるエネルギーの流れを遮ろうとする事を止めるので、サラサラとエネルギーが流れるままになります。

「川の流れを遮らない」「神様に委ねる」とは、この中心を流れるエネルギーをただ心地よく「感じるだけ」っと言う感覚に似ています。センターを流れる心地よいエネルギーが「愛」です。

言葉で表現するのは、限界があるのですが、体の中心を「神様の愛」っと言う水が、川の様に流れて居るっと思っていただけると良いと思います、

センターを感じる様になると自分がブレなくなる



センター自分の中心を、しっかり感じる様になると、自分っと言う存在がブレにくくなって行きます。何でそうなるのか?は分からないのですが、僕の経験上で語るとセンターを感じる様になると「愛」がハッキリ分かるようになってくる為ではないかと思って居ます。

昔、ヒーリングの先生が合掌は「センター」を感じる為に考えられた物だと言っていました。確かに、手を合わせて心を静かにして「体の中心」に意識を向けると、センターが感じやすくなると思います。

もし、センターを軽くでも感じてみたいっと言う人は、静かな場所で手を合わせ、僕の書いたセンターを意識して、体の中心に一本の線を通すイメージをしてみると、センターが感じやすくなるかもしれません。

センターは、始めは一本の糸の様な細い物に感じられるかもしれませんが、エネルギーの通す量が増えると、どんどん太くなって、体全体を流れる川の様になると思います。

川の流れの様に太いセンターを感じられるようになると、また違った現実の見方も出来るようになるかもしれません。


人気ブログランキング