精神的に自立する為にはー精神世界の観点から自立を見るー

アフィリエイト 稼ぐ
精神的に自立する人とはどんな人でしょうか?

少なからずこの世に生きている人は何かしらを心の拠り所にして生きて居る筈です。
僕も「完全に何物にも頼らず生きて居るか?」っと問われると、そうでも無い様な気がします。

ただ、精神的に自立できず「身を持ち崩す人」と「そうでない人」がこの世に居るのは確かです。その違いとは何なのか考えてみました。

僕は介護の仕事をして、お年寄りと多く接する事が多いのですが、お年寄りと触れ合って居て凄く良く思う事は「依存」傾向の強い人が多いっと言う事です。そして「依存」の強い人は精神的に不安定です。

例えは、暇で時間を持て余している時「何かする事を、誰かに決めて欲しい」っと怒り出す人「自分がどうしたら良いのか分からないから、どうしたら良いか」しきりに聞いてくる人、傍に頼りになる職員が居ないと精神的に不安定になって、怒り出したり、泣き出したりする人

勿論、歳をとる事と、病気の関係で極端にその傾向が強く出てる人が多いですが、少なからず若い頃からその「依存」傾向が無ければ、この様な形では出てこないと、僕は思って居ます。

この例を取って考えてみると「自分のしたい事」「やるべき事」を人に決めて貰わないと安心できない、または「決めて貰う事が当たり前」っという心の方向性が見えてきます。

この様な精神状態であると「頼れる人」「自分に干渉してくれる人」が誰かしら傍に居ないと、精神的に安定出来ない精神状態になる事が考えられます。

では常に自分の動向を「人に頼る」人っと言うのが、精神的に自立できない人なのでしょうか?

これは、また一つの傾向に過ぎないかもしれません。

では、逆に「人に何かを言わなければ心が安定しない人」はどうでしょうか?つまり「常に人に干渉し続けないと精神が安定しない人」です。

僕はちょっと前に「憎い人の事を考え続ける事で精神的に安定する」っと言った人と出会ったことがあります。その人も精神的に不安定な雰囲気でしたが、誰かターゲットを決めてその人と繋がり続ける事で、精神を安定させる人は多い様に感じます。

僕の母親や、祖母もそういう人でした、嫌な人の悪口、愚痴を延々言って居る、暇になると言い出すっと言う傾向がありました。

これは、「憎い人」が頭から離れないっと言う現象でもありますが、僕も昔、頭の中が雑音だらけだった時、正にこの状態だったので良く分かります。

親がこの傾向にある場合、子供も精神的にこの影響を受けやすい様に思います。
またスピリチュアル的に物を言うと、同じテーマを持って生まれてきているので、その家族の元に生まれた、っと言う事も考えられます。

では、「人に干渉し続けず」「人に干渉され続けず」に精神的に自立するためにはどうしたら良いでしょうか?

これが分かったら、この世に精神的に不安定な人は居なくなりそうです(笑)

精神世界(スピリチュアル)な観点から自立について考える

自立 スピリチュアル
もし、精神的自立について、解決の糸口を見つけるのであれば、僕の場合どうしてもスピリチュアルな観点からでなければ、解決する糸口を提案する事は出来ません。

なので「その観点から物事が見たい!」っと言う方だけ読み進めて行ってください。

では、何故、精神的に自立できない人は「人に依存するのか」についてです。

僕らは、お腹が空いたっと思った時「ご飯」を食べると思います。ご飯を食べる事でお腹がいっぱいになって「体を元気に動かす事が出来る」と思います。

実は、僕ら人間はこの世に安定して存在する為には「精神」にも栄養が必要です。

以前の記事でも、見えないエネルギーについて書いた記事があったように思えますが、人は見える物に関しては「減って行く」事に注意を払いますが「見えないエネルギー」に関しては減って行く事に無頓着です。

では、僕らが精神的に「枯渇」した時、必要な「精神へのご飯」っとは何だと思いますか?



それは「愛」です。



「愛」っと言ってもこの世の「恋愛」や「愛してる」などと言う「条件付きの愛」ではありません。全ての存在をありのままに受け入れる「無条件の愛」になります。

僕らは「愛」の存在なので「愛」が枯渇するとそれに代わるエネルギーを無意識に「人」から奪おうとします。これが「依存」っと言う形で出てきます。人と繋がる事で「依存」し、その人からエネルギーを貰おうとするわけです。

これをスピリチュアル的に表現すると「サイキックバンパイア」などと表現する事があります。

見えないエネルギーが見える人から見ると、この様に人からエネルギーを一生懸命吸い上げようとする人は、エネルギーを吸おうとする人「依存する人」のオーラに電気コードの様な線を繋ぎ、一生懸命その人からエネルギーを貰おうとしているそうです。

しかし、「依存」で奪おうとするエネルギーは「無条件の愛」ではありません質の悪いエネルギーなので常に「満たされない」っと言う精神状態になり「満たされたい」為に延々と「依存」する人に繋がり続けなければ精神が安定しない、っと言う状態になります。

無条件の愛を手に入れる為には?


無条件の愛
ココまで、読み進めると「じゃあ、無条件の愛ってどうやって手に入れるの?」

っとなると思います。

もしかしたら、物凄く最愛な人が出来てその人が「ありのままの貴方」を認め「無条件に愛してくれる」っと言う事もあるかもしれません。

でも、僕が出会ってきた人の中でその様な人は、「無条件の愛」の存在になっている人は、あまり見た事がありません。スピリチュアルに繋がってる人でも、出来てる人はほんの僅かです。

この世に生まれてきてる以上誰でも「エネルギーが枯渇する」危険性は持って居ます。

では、エネルギーを枯渇させず「無条件の愛」に繋がり続ける為に必要な事ですが、これも以前の記事で言って居たと思うのですが。

「自分をありのまま認め、受け入れられるのは自分だけ」

っと話したような気がします。自分で自分の事をありのままに受け入れ「許す」っと言う事をすると自然と「無条件の愛」っと言う物に繋がって行きます。

この世界は「無条件の愛」が作り出した世界です、なので実はあなたはもう「無条件に愛されている」状態なのです。

「愛が枯渇するのは」「無条件の愛」を受け取れて居ないからです。

「自分を無条件に愛し」自分の存在を「許す」っと言う作業をしなければ「無条件の愛」に繋がるっと言う事が出来ません。

関連記事 囚われの外し方ー掘り下げて説明しますー

無条件の愛に繋がるとどうなるか

無条件の愛
「無条件の愛」に繋がると「満たされている」っと言う状態になります。

そうなってくると

「全ては何とかなる」

っと言う気持ちになって、人に繋がらなくなります。
これが「精神的に自立した状態」っと言えるかもしれません

「無条件の愛」に繋がって自分を「愛」のカップで満たすと満たされた「愛」がカップからあふれ出します。その溢れた「愛」で周囲も満たす事が出来るようになります。

重要なのは「自分が満たされている」事です。自分の愛を人にあげようと考えると、あっという間に「枯渇」します。あくまでも自分が満たされて居て、その満たされた愛が溢れて周囲に「愛」が行き渡るっと言う形にしないと行けないようです。

これが出来る様になると、周囲の人も愛で満たされるので、その人の周りは「穏やかで、優しい人」が集まってくる事になります。どんなに意地悪な人も「愛」で満たされると「穏やか」に変わって行く。「あの人の傍にいると落ち着く」「満たされる」っと言う現象が起こります。

これが出来る人で、僕が知っている人は「ヒーラー」の人では見た事があります。後は、見えないエネルギーを感じて、分かってる人にも居たような気がします。

この領域に達する事が出来る人っと言うのは、なかなか居ないとは思いますが。

参考までに、書き記して置きます。


人気ブログランキング