老後が不安だと思ってる人へ

 

時間 お金僕らの時間は無限にあるわけではありません、お金持ちも、貧乏人も平等に年を取って行きます。未来に明るい希望を抱けない老後を、安心して暮らすためにはどうしたら良いでしょうか?

老後の不安を解決するためのヒントがあります。

僕がお年寄りのお世話をする仕事を始めて5年程が経ちます。この仕事をするようになって思う事はこれ一つです。

「長生きって本当に良い事なんだろうか?」

老後に不安を感じて居る方には申し訳ないのですが、これが正直な僕の感想です。

施設に入っているご老人の事だけで話させてもらうなら、長生きして楽しそうに施設で暮らして居る方は、まず殆ど居ません。

もし老後に不安があるのなら、金銭面だけの心配ではなく、健康に、楽しく生きる事にも是非気を使って下さい。体と心が健康でなければ、どんなにお金があっても「生きる事を楽しむ事」は出来ないでしょう。

誰かの世話になって「ただ生かされている状態」と言うのは、世話をする方も大変ですが、何より自分らしく生きられない本人が一番つらいはずです。

適度に体を動かしましょう
老後 不安

お年寄りは、徐々に徐々に動きたがらなくなり、どんどん動けなくなって行きます。体を動かす、筋力をつける事には十分気を付け、適度な運動を心がけましょう、心の状態もそうですが体が動かなくなると心の状態も沈んで行き、ますます動きたくなくなり悪循環です。

最初はだるいと思うかもしれませんが、体を動かすと、悪い老廃物も流れて行き、気分も明るくなって行きます。

毎朝、景色を眺めながら散歩をするだけでも良いかもしれません。まだ若いから大丈夫っと思って居る貴方でも、体を動かす事を習慣にして健康な体を心がけたいものです。

介護業界の理想と現実
老後 不安

今、介護の世界では「身辺の介護(食事、排せつ、入浴)」から「その人らしさ」を大切にする「心身の状況に応じた介護」に変わろうと言う動きが出てきており、介護福祉士の試験を勉強する際もその事を重要視する、教育が行われています。

その人らしさを大切にする介護、っと言うのは非常に理想的かと思います。が、現実問題として、今施設で働いて居る僕が思うのは「現実化させることは難しいだろう」と言う事です。

何故かと言うと、まず介護の現場は現在深刻な人手不足に悩まされており、何処の施設も人員がギリギリの状態で運営していると言う事です。

僕の施設では認知症のお年寄り9人を昼は3人体制で見守りを行っていますが、それでも大変な状況です。大きな施設になるともっと大人数を、一人~三人位で見る事になります。この様なギリギリの人員状態で、その人らしさを優先して業務を行う事は、とても難しい事です。

そして、国はこれから施設に対して介護保険料の支払いを少しずつ減らしていこうと言う動きになってきています。

まともで、良い人程、他の職業の選択肢、または条件の良い施設に移って行きます。

先日、ニュースで外国人労働者を、介護現場に送ると言うニュースがやって居ましたが、言葉の通じる日本人ですら、お年寄りを介護する事がいかに難しいかで悩んでいるのに、果たして言葉の通じない人達に、それを行うことが出来るのでしょうか?

また、外国人労働者を導入すると言う事は、そこに「賃金を安く抑えたい」っと言う国の思惑も感じられます。今より賃金が安くなってしまったら、日本人はもう介護業界に入りたいと思う人は居なくなってしまうでしょう。

貴方は、言葉の通じない外国人に身の回りの世話を任せられますか?

「僕は嫌です」

老後を安心して暮らすための資産作り

老後の安心の為に必要なのが、健康の次にお金です。

年を取れば、雇ってくれる会社も無くなってしまいますし、体も思うように動かなくなって行きます。働きたくても働けない状況に追い込まれていくのは確実です。

少ない年金で細々と暮らして行く事には当然不安が付きまといます。僕らが老後を迎える時、一体いくらの年金が貰えるでしょうか。

老後を国に依存して生きる事は、どんどんと難しい時代になって行くのは十分予測できます。

老後を経済的に安心して暮らしたければ、働かなくてもお金が入ってくる、不労所得の仕組みを作り上げ、資産作りをする必要があると言えます。

そこで、少ないお金で比較的簡単にできる資産作りが、ブログやメルマガなどで行うアフィリエイトです。ブログやメルマガで、自動収入が得られる仕組みを作り上げてしまえば、信じられないようですが、ブログやメルマガが立派な資産となるのです。

勿論、正しい知識で自動的にお金が入ってくる仕組みを作り上げなくてはいけません。僕の師匠である「橋本雅さん」のブログも是非参考になさってみてください。

先の事を心配するより今、この時を楽しんで生きよう!
老後 不安

と言う事で、老後に不安のある方は、施設のお世話にならないように元気で明るく暮らす事が大変重要であると言えます。

年をとっても元気で明るい方とは、やはり「生きがい」を無くさず、活力に満ちた生き方をする人では無いでしょうか?

年を取ると、なかなか先の未来に明るい展望を抱けなくなって行くものですが、あまり遠い未来に気持ちを巡らせて、不安になって気を滅入らせるより

今この時をいかに、楽しんで生きるかに力を注いで行きましょう。今この時を、めいいっぱい楽しんで生きれば、延長線上に明るい老後が付属で付いてくると僕は思います。

僕らの居る場所は今、この時のみ

僕らは、昨日にも、明日にも存在していません。現実として存在するのは「今、この時、この瞬間」のみです。しかしながら、スマホやゲームなどが多く出回ったせいなのでしょうか?今、この時に存在して居られる人が、少なくなって来たように思います。電車を見れば、多くの人が皆スマホを眺めていて、意識は画面の中です。

皆、気持ちがどこか遠くに繋がっていて、フワフワしたような意識状態です。

僕がヒーリングに夢中になって居た時、ヒーリングの先生が言って居た事は「今この瞬間をしっかり感じて、肉体を感じ楽しむ事」と言う言葉でした。今でもこの言葉は僕の中で大切なことだと感じています。

そんな僕でも、やっぱり時々は、気持ちが何処かに飛んでしまう事がありますが、できるだけ意識して、今この時を感じる様に心掛けています。

なかなか、気持ちを今ここに結び付けると言うのは、簡単なようで難しい事です。ほんの少しでも良いので、意識が遠くに行って居る自分に気づいて、今ここに戻ってくるように心がけたいものです。


人気ブログランキング