プライドー人を見下す、見下されるー

プライド
ここ最近「この人はプライドが高いなー」っと思う出来事が多く見られるようになりました。

プライドの高い人は、非常に多そうですが「そもそもプライドって何なんだろう?」っと思ったので、突き詰めて考えてみる事にしました。

プライドが高いと現実世界にどういう影響を及ぼすでしょうか?

「プライド」を調べると「自尊心、自負心」っとあります。じゃ「自尊心」って何?っと思ったので更に調べると

「自分の人格を大切にする気持ち。また、自分の思想や言動などに自信をもち、他からの干渉を排除する態度。プライド。」

っと出ました。

自分を大切に思い、自分の考えや言動に自信を持って居る事は非常に大切な事ではありますが

どうも僕が「プライドが高いなー」っと思ってしまう人は過去の栄光に執着があり「私はこれだけの価値、能力がある」っと言う事に囚われて、人に見下されることを恐れている人が多いっと感じて居ます。

つまりキャリアと言う武装を行い「自分には何も価値が無い」っと思わせられる事から必死で身を守ろうとしている感じを僕は受けます。

こういう人は、上下関係に拘りがあり、この人は自分より上、この人は自分より下っと無意識に上下関係を付けてしまい、自分より下っと思った人を無意識に見下し威張ってしまったり、自分はこれだけの事をしたっと言う「過去の栄光」を振りかざして自分を人より上の立場に持って行こうとしたりします。

これが、僕が今まで出会って「プライドが高いなー」っと思う人の特徴です。

キャリアを積み重ね、自信と誇りをもって生きる事は素晴らしい事ではありますが、ココに囚われて生きてしまうと「それが通用しない時」許せない現実を引き寄せる事になるでしょう。

昔、人の評価についての話をしたと思います。貴方を、ある人は「神」っと崇めるかもしれないが、ある人からは「馬鹿」っと評価されるかもしれない現実の話です。

プライドが高く「自分にはこれだけの価値がる」っと言う事に囚われたとしても、必ずその「価値」が通用しない世界っと言う物があります。

例えば、幼い頃から「頭が良くて優秀」勉強できる者が偉くて、勉強できない者はダメな人間という考えを持ってしまい、そのまま優秀な仕事について、皆からは「先生」「先生」っと呼ばれている人が居るとしましょう、所がそんな偉い「先生」が全くその価値が通用しない場所に行って「先生」っと崇められない対応を受けたとしましょう、そうすると、その「先生」は「何なんだその態度は!私は先生なんだぞ!」っと許せなくなってしまう訳です。

つまり、私はこれだけ偉いのに「こんな態度を取られた」など、ほんの小さな事でも自分の自尊心を傷つけられる現実を引き寄せやすくなるっと言う事です。

僕から見ると「人から評価される現実」っと言うのは「注意」が必要だと思って居ます。

ネガティブな出来事より、ポジティブな出来事の方が「手放しにくい」っと言う話をしたと思いますか「チヤホヤ」されてしまうとそれが「気持ちよく感じ」そこに囚われ、手放せなくなってしまいやすい傾向があるのです。

「私は皆からこんなに偉いと評価された」っと言う現実は、その狭い世界でしか通用しない価値観であり、必ず「通用しない」場所があります。日本でテレビに沢山出て、有名人で、人気がある芸能人でも外国に行けばただの日本人です。「偉いと評価された?だから何?」っと言われた時その人の自尊心は大きく傷つけられる事となるでしょう。

小さな世界の順位

 

破壊 創造この様に、プライドが高いと自尊心を傷つけられやすくなる現実を引き寄せやすくなるっと言う事が分かるのでは無いかと思います。

過去のキャリヤや、栄光で自分に価値があるっと考える人っと言うのは、そのキャリヤや栄光の無い自分を「許せない」っと思って居るっと言う事のなので「ありのままの自分」を許す事が出来ません。

常に人から「評価され続けなければ」自分に価値があるっと思う事が出来ないっと言う事でしょう。

この様な形で、自分を人より上の立場に持って行こうとして「通用しない価値」を一生懸命振り回して「私は偉いのよ!」っと自分の立場を上に持って行こうとする人を見ると正直僕は「可哀想だな」っと思ってしまう所があります。

キャリヤで武装せずに「ありのままの自分」で居る事の方がどれだけ楽で、傷つかずに済むか、価値や栄光など無くても、その人が「ただ存在しているだけの自分にOK」っとするだけで皆が「ありのままのその人」を認めてくれると言うのに。

っとは、思います。

ココに囚われるのにはやはり、本当に信じられるのものが何なのかがハッキリ分かって居ない現実があるのだと思います。「栄光、キャリア」っと言う物しか信じられない状態なのだと思います。

そこで、その人の後ろに付いているハイヤーセルフが「ココまで学べばOK」っとするのであれば、そのまま気付かず歳を取って亡くなるっと言う事になるのかもしれませんが、もっと大きく気付いて欲しいっと、そこまで望んで居るのであれば「大きな挫折」を経験する事になるのかもしれません。

ネガティブな出来事は、確かに辛い現象ではありますが「本当の意味での気付き」が降りて来た時「心から良かった」っと思える日が来ます。

僕は、本当に若い頃、滅茶苦茶辛い経験を繰り返しましたが、今の自分が居るのはその時の辛い状況を乗り越えられた自分が居るからだ、っと思って居るので「全ては良かった」っと言う事に収まっています。

これからも「自分が大きく気付く為に」なにか必要な出来事を引き寄せるとするなら、一時悩むことはあるかもしれませんが、それはそれで「快く受け入れよう」と思って居ます。

でも、大丈夫です。貴方の後ろで見守っている存在は「貴方が乗り越えられない」課題を突き付ける事は絶対にありません。

プライドを高く持つと「苦しくないですか?」「貴方は本当にそれで良いのですか?」っと問いかけて来る出来事が、時折やって来るかもしれません

その時「ありのままの自分で良いんだ」っと言う事に気付けたら、その人はこの世に生まれて来た意味を大きく知ることになり、それだけでもこの世に生まれて来た意味は十分にあるはずです。

上下関係やプライドに自分の現実を振り回されなくする為には「ただ、あるがまま」でいる事が一番楽なのです。


人気ブログランキング