お酒を飲むと体を乗っ取られる?ー憑依の話ー

お酒
「お酒が大好きな人」「お酒が飲めない人」色々居ますが、最近僕の周りの人は「お酒が飲めない」っと言う人が多くなってきている様な気がします。

僕は、お酒は好きでも、嫌いでも無いですが、たまに飲みたいなーっと思うと一杯、二杯ビールを飲む事があります。

お酒を飲んで居る人が沢山集まる所に行くと「飲んで居る人の気持ち」に影響を受けるのでしょうか?「お酒を飲みたい」っと思う気持ちが強くなります。

さて、今日のテーマは「お酒を飲むと体を乗っ取られる?憑依の話」っと言う事なのですが「お酒を飲むと人格が変わる」「暴れだす」「全く記憶が無い」など、深酒をして自分を保てない人が居るけど、その原因は何?っと言う話です。

「お酒を飲むと、何故人格が変わってしまう人が居るのか」なのですが、これには色々な理由があるとは思いますが、考えられる一つの原因に「憑依」があります。

お酒を飲む盛り場っと言うのは「お酒が大好きな未浄化の霊が集まってくる場所」でもあります。他にも、霊が集まってきやすい所として「ライブハウス」とか「ギャンブルの場」などにも集まって来やすいです。

お酒の大好きな霊たちは、お酒が大好きな人と同調し、その人の体を借りてお酒を飲むことを楽しんだりします。

僕は昔、見えないエネルギーに敏感だった頃「お酒が大好き」だった時があるのですが、お酒を飲み始めたら、周囲のお酒を飲んで居る人達の想念や、何か分からない物が頭の方から体の中に「グワッと」入り込んできたことがあり、気持ち悪くなって三日間「寝込んでしまう」っと言う事がありました。

それ以来「お酒は飲めない」っとなってしまい、暫くお酒を遠ざけていたことがありました。

お酒を飲むことによって「お酒の大好きな霊が、外から入り込んでくる」場合と、元々憑依があって、その憑依霊がその人に「お酒を飲ませようとする」パターンがあります。

お酒と言うのは、飲むと気分が良くなりますが、自分と言う意識がフワフワとしてしまい、しっかりと保てなくなってしまう物です。自分がしっかり保てなくなる状態になると、色々な物が外から貴方の中に侵入しやすくなるのです。

少量のお酒でも意識が無くなってしまう事がある?

お酒お酒は、基本飲みすぎなければ、自分を見失う事は無い物だと思います。気持ちがちょっと良くなる位であれば、何の問題もありませんが、ちょっとのお酒でも、泥酔してしまう人っと言うのはある意味憑依を受けやすい人、っと言う事でもあるでしょう。

昔、友人と三人で「音楽のイベント」に行った事があるのですが、その時の周囲の人達は皆、お酒を沢山飲んでおり、異様な雰囲気で、少し治安の悪い状態でした。

その時、僕以外の二人の友人が、そんなにお酒を沢山飲んで居る訳でも無いのに「周囲の気にやられて、ぐったりしてしまったり」「嘔吐してしまったり」しました。その時、僕は完全に二人が周囲のネガティブなエネルギーに乗っ取られてしまったのを感じました。

少し休むと、彼女たちは元の意識に戻りましたが、この様に外からの「気」に影響を受けやすい、または「憑依」を受けやすい人は、盛り場に近づく際は注意をした方が良さそうです。

お酒を沢山飲まなかったとしても、周囲の「気」の悪さに「当てられてしまう」っと言う事があります。

またエネルギーが重い人は重いエネルギーを外に追い出す為に「嘔吐」する事があります。これは、ヒーリングなどでも、強い癒しを受けたりして元々の体に重いエネルギーがあると、嘔吐してしまう場合があるのですが。

飲み過ぎて嘔吐してしまう場合、お酒で気持ち悪くなったせいでもありますが「重いエネルギーを外に追い出す為にも嘔吐してしまう」っという場合も考えられるでしょう。

センターがしっかりしていると酔わない事がある

センターセンターの話は以前のブログでもお話ししました。センターについて知りたい方はこちらの記事を見てください。

関連記事 センターを感じて生きるー自分らしさを貫くー

僕は昔、エネルギーに敏感だった頃、酒飲み友達と大勢で、お酒を飲みに行った事がありました。今思うと、考えられない位、大量にお酒を飲みましたが、その時センターに流れるエネルギーが「ゴーゴー」と流れて居る、状態の時がありました。

お酒を飲んだ傍から、体内でお酒が浄化されてしまうと言う現象です。

こうなってしまうと、もういくら飲んでも「酔いません」面白い体験ではあったのですが、飲んでも、飲んでもさっぱり酔わないので「何だか面白くない」っと言う経験をした事があります。

この様に、自分の中でエネルギーを浄化して、ネガティブなエネルギーを流してしまう力が付くと、周囲の想念や、お酒による憑依を跳ね除ける事が出来る事があります。

ただ、全く酔わなくなってしまうので、これが良い状態なのかどうかと言うと、お酒を楽しむっと言う視点から見ると、良いのかどうか良く分かりません。

今でもそうなのですが、ある一定のお酒の量を超えると「あ。これ以上は酔わない」っと言う現象を体験する事があります。

お酒に依存してしまう人

依存昔、仕事で一緒に働いて居た人で、お金が足りなくなると分かって居るのにどうしてもお酒を飲むことを拒めないっと言う人が居ました。

彼女は少し、お酒に依存して居る所があると僕は感じて居ましたが。

その女性と、渋谷で一緒に飲むことがありました。その時、彼女は券売機でお酒を頼むチケットを買う際、とても「虚ろな顔」をしていました。

その時、僕は彼女はお酒を飲むことで自分の中のネガティブな気持ちから逃げようとしている事を感じ取りました。

お酒を飲むことで、自分のネガティブな気持ちから目を背けようとする人は、結構多いのでは無いかと思います。

確かに辛い気持ちが、お酒を飲むことで少し楽になる事はありますが、この様なお酒の飲み方をすると、自分の持って居るお金を、お酒で沢山使ってしまったり、体を壊してしまうっと言う事もあるのでは無いかと思います。

人それぞれ、抱えている問題は違いますが、根本的に自分の中を変える為に行動しなければ、お酒に依存する事から逃れる事は出来ないかもしれません。

また、憑依でお酒を飲んでしまう人も居るかもしれませんが、その場合、憑依した霊が悪いのでは無く、霊はその人と同調する所があるから引き寄せられる為、お酒を飲みたくなってしまう本人に原因があるのか、憑依に原因があるのかはハッキリしません。

例えそんな人が、憑依を何度外そうとしたところで、根本的に本人が変わらなければ、同じ霊を何度も呼び寄せる事になってしまうでしょう。

この様に、盛り場は確かに未浄化の霊が集まってくる所ではありますが、自分がしっかりしているかどうか(センターがしっかりしてるかどうか)で、全く影響を受けなかったり、少量のお酒でも泥酔してしまったりする事がある、と言うお話でした。

何でも程々が一番

お酒お酒を飲み過ぎて、トラブルを起こしたり、身の破滅を招いたりする様な、お酒の飲み方は、せっかく楽しい気分になる為のお酒、っと言う物を壊してしまう原因になるでしょう。

僕も、最近飲み過ぎて体調を崩してしまい、失敗した事がありますが。

失敗すると、人はセーブする事を覚えます。一度の失敗は仕方が無いとしても。それで失敗してしまう、っと分かったら「どこまで飲むことが自分には出来るのか」しっかり把握して、大人なお酒の飲み方を楽しむ必要があると言えるでしょう。

お酒は、良い物でも、悪い物でもありません。

お酒を、良い物にするのも、悪い物にするのも、飲んで居るその本人っと言う事でしょう。

もし、満たされない事から目を背ける為にお酒を飲んでしまうなら、自分は何に満たされずに居るのか自分の中をしっかり覗いて、根本的原因を見つける必要があると言えるでしょう。


人気ブログランキング