コントロールを手放すと勝手に物事が運んで行く


自分の価値今日は、新人職員さんのミスで、仕事に遅れが出てしまい遅れを取り戻そうと思い「気を張りつめて」状況をコントロールしようとしたら、物事が上手く運ばなくなってしまいました。

「あ、このエネルギーの取り方じゃダメだ」

っと直ぐに気が付き、張り詰めた気を緩めて「今この時に出来る事だけ」に集中し、状況をコントロールしようとする事を止めて、仕事をしだしたら、今度は勝手に物事が進む様に、ポンポンと進み。直ぐに仕事の遅れは取り戻せてしまいました。

「コントロールしようとすると上手く行かなくなる」っと言う事に気付いているので、間違った方向に「気」を使ってしまうと、直ぐに「注意」される訳っという訳ではありませんが、現実に影響してしまいます。

僕は、まだ少し「現実の動かし方」が分かって居ない様です。

何か物事を動かそうとするとき、自分の「気」が外に飛び出す事は分かって居るのですが、見えない所まで「気」を張りつめて、仕事をしようとすると「余計な所にエネルギーを使う」ので、今日は意識的に、他の所にアンテナを張るのを止めて、手元だけに意識を向けるようにしました。

気を蜘蛛の巣の様に、外に張り詰めなくても何か問題が起きると「音」で気が付いたり、分かった時に対応すれば問題は起きない、っと分かったのでこれからは、外に気を張るのを止めようと思って居ます。

ただ、まだ「自分の勘が信用できない」っと言う「囚われ」の様な物がある事は分かって居るので「自分の勘を信頼できるようになる」っと言う所が、次の自分のテーマの様な気がしています。

コントーロールしようとする人はコントロールされてしまう

コントロールこれは「カルマ」と言う物です。

自分が外の世界に投げた物が、自分に返って来るっと言う現象です。誰かに悪口を言うと、貴方に悪口が返って来るっと言う感じでしょうか

キリストも「欲しい物は与えなさい」っと言っていた様な気がしますが、この世界は善意を投げかければ善意が返って来て、悪意を投げかければ、悪意が返って来るようになっています。

それと一緒で「人間をコントロールしようとすると」逆に「コントロールされてしまう」っと言う現象が起きる事があります。

「知らないでやった者より、知っていてやった者の方が罪が重い」っと言う風に言われているのですが、僕はもう「気付き」を得て知っているので「間違いを起こすと、跳ね返ってくる速さが、知らないでやっている人より早いです」

直ぐに過ちに気付けると言うメリットもありますが、気付きを得て知っている人には、エネルギーのはねっ返りが結構厳しくなります。

僕は、始めアフィリエイトをやろうと思ってこのブログを始めたのですが、僕がアフィリエイトを始める切っ掛けをくれた師匠の情報教材のやり方が「人をコントロールする為の文章の書き方」などの内容だったため「マネができない」っと言う事が後々になってハッキリしてきてしまいました。

そこで、僕はこのブログの方向性を自分のやり方に変更せざるを得なくなりました。

後々、前半の記事も少し手直ししようと思って居ますが「アフィリエイト」と言う方向から、多分手を引く事になると思います。

師匠と僕の居る場所が「色んな意味で違い過ぎる」っと言う事がやはりハッキリしてしまいました。僕には「人をコントロールしようとする」という事が出来ないので仕方ないです。

気付いてなければやって良いの?

幸せ 何「気付き」を得ると、自分の内側のエネルギーの詰まりが流れ出します。体のエネルギーの詰まりが無くなって、エネルギーが流れると言う事は、もう同じ詰まりを作る事が出来ないっと言う事です。

つまり「一度手放してしまった物」「許してしまった物」は、もう元には戻せないっと言う事です。エネルギーの流れに逆らえなくなると言う事は、自分にとってマイナスな事はもう出来ないと言う事です。

「気付き」が無ければやっても良いのか?っと言う事ですが、エネルギーが元々重い人はそれが生きる糧になっている場合も多いので「重い」事に慣れて居れば多少跳ね返っても、そんなに辛くは無いと思います。

以前にも言いましたが、紙は白ければ白いほど汚れが目立ちます。一度綺麗になってしまった物が、また汚れるのは、元々内面がグレー色でグレーの汚れがついても気付かない人より、精神的に堪える事になるのは予測できるのでは無いでしょうか?

汚れ切った部屋に紙くずを一個投げた所で、大して大きな変化はありませんが、綺麗に整頓された部屋に、紙くずを投げたら、ゴミが非常に目立ちますよね。

精神的に堪えるっと言うより「もう出来なくなる」っと言う方が近い様な気がします。

「あ、もうこれは出来ない」っと分かるようになります。

自己浄化は「自分の内面のグレー色が大好きでそこに留まりたい人」には必要のない物なのかもしれません。しかし「グレー色」は常に心が沈んで居たり「恨み」「妬み」「怒り」「悲しみ」などに精神が支配し続けられるのは確かです。

どちらが良いか決めるのは、その人自身が決める事ですが、僕は少なからず、自己浄化の道を選んで良かったと思って居ます。

「気付く」と「気付いて居ない」人より、カルマは厳しくなりますが、自然と昔居た場所には興味が無くなりますし、また同じ過ちをしようとは思わなくなります。


人気ブログランキング