情報の濁流に呑み込まれない為に

やりたい事 分からないスマホ、タブレット、パソコン、多くの人が簡単にインターネットに繋がれるようになり、何時でも何処でも、欲しい情報が欲しいだけ手に入る時代になりました。

昔だったら、図書館に行ったり、本を買って読んだりしなければ手に入れられなかった情報が、タダで分かってしまう便利な世の中です。

しかしながら、余りにも情報源が増えてしまい、何が正しいのか、間違っているのか、分かりにくく、嘘の情報に皆が振り回される時代になってしまったのも確かです。

沢山の情報の波の中で、正しい情報を手にし、余計な情報に振り回されない様にする為にはどうするべきなのでしょうか?

類は友を呼ぶの世界

人のせいインターネットは仮想現実ですが、非常にスピリチュアル的であるように思います。波長の法則ではありませんが、非常に顕著に同じ波長の人が集まりやすい空間になっていると思います。

僕も昔、とても辛い「暗黒の時代」がありました。そんな時ネットで繋がる所は、同じ様に「暗黒」を彷徨っている人達が集まるサイトで、傷をなめ合う様な付き合いをしていました。

心無い言葉に傷ついたり、罵り合う人達を見て暗い気分になったり、今思うとあまり良い所に繋がって居なかったなっと思います。

インターネットは、自分の行きたい所に自由に行ける世界です。波長が高まれば自然と薄暗いサイトには興味が無くなります。

また、自分の心の状態が正しい方向に向いていると「この人の書いている文章は読んで居て気分が良くない」「この人の文章は読んでいて気持ちが良い」っと言う事が分かるようになってきます。

そうなってくると「見ていて気持ちの良い情報」にしか目が行かなくなるため、自然と無駄な情報はカットされていきます。

波長の高い人は、自然と波長の高い人の所へ集まるように、波長の低い人は自然と波長の低い所へ集まるようになって行きます。

心が落ち込んでいる時、人はどんな事に関しても、なかなか明るい方向へ繋がる選択が出来ない物です。

もし暗い情報に振り回され「気持ちの良い選択が出来ていない」と感じたら、一度インターネットから離れ、しっかりと現実を感じ、気持ちが明るくなるのを待ってから、正しい情報を探しに出かけた方が良いかもしれません。

余計な情報は、繋がらなければ無いのと一緒

情報これは、インターネットに関してだけの事ではありませんが、例えば一緒に働いて居る同僚たちが、色々な人の悪口大会をしていたとします。

「あの人が、あなたの事こう言ってたよ」っと余計な情報が入ってくると、少なからず気分が悪くなるのは確かです。人に自分がどう言われているかは気になる物ですが、あえて「聞かない」っと言う毅然とした態度を取り「余計な情報」は普段からきちんとカットする様にして行きましょう。

人が貴方の事をどう言おうとも「貴方が聞かない」っと言う選択をきちんとすれば、悪い情報は無いのと一緒です。

「悪い情報に繋がりたい」っと言う気持ちが何処かにあるならば、貴方が何を恐れてそこに繋がろうとするのか、きちんと自己分析し弱い部分をきちんと手放していく方法を取って行きましょう。

外の情報が気になると言うのは、自分の価値を外に委ねている証拠です。「自分は自分」何があろうとも「ありのままの自分」を大切にし、人の当てにならない評価に一喜一憂するのは止めましょう。

関連記事 自分の価値は自分で決める物ー折れない心の作り方

僕は色々な人と出会ってきて、自分の内側と外側を眺めているので、波長の法則をとても良く分かって居ます。

どんな人でも、全ての人に同じ態度を取るっと言う事はありません。「気に入らない人」「気に居る人」っと何処かで分けてそれを態度に表します。波長を高くすれば「人の悪いうわさ話」が自分には当てはまらないっと言う現象が起きてきます。

もし貴方が、悪い噂に傷ついたとするなら「囚われを外すチャンスです」外の世界の人達は形を変えた貴方なのです。外の自分は、貴方に何を伝えようとしてるのかに耳を傾け「自分の許せない」所を見つけて、許す作業をして行きましょう。

貴方に関係のない事は起きません、この世で起こる事は全て貴方の内側に関係している事に繋がって居ます。悪い情報は傷つきますが「成長するチャンス」である事も確かです。

自分の内側を信じて取捨選択を

情報情報を正しいか、間違いか判断する時、その人の情報を読んで居て「気持ちよく納得できるか」「何か引っかかりがあるか」で判断してみましょう。

正しい情報は、貴方の内側が良く知っています。

貴方の中で「嫌な感じがする」っと思ったら潔く切り捨てて行きましょう。人は波長が合わなくなったら、別れる物です。自分の波長が変わったのだなっと思って、未練無く「出会う情報と出会い」「別れる情報と別れて行きましょう」

例えその時の貴方が、遠い未来に「失敗したな」っと思う情報に振り回されたとしても、その時の貴方には、それが必要だったのです。いつまでも引きずらず「あの時はあの時で正しかった」っと手放し、忘れて行きましょう。

僕のブログも「もし今の貴方にとって首を傾げる内容」ならば無理に受け入れる必要はありません。必要な時に、必要な情報だけを手にしてください。時期が来たら「あ、あの時のあれはこう言う事だったのか!」っと納得する時が来るかもしれません。

今の貴方の感覚を信じて、遠回りでも、近道でも必要な道を選択し自分に必要な情報を手にして行きましょう。

また、情報も物質である事を忘れないでください。

貴方の部屋が物だらけになったら、身動きが取れなくなるのと一緒で、情報だから大丈夫と思って沢山の情報に執着するのは止めましょう。

頭の中が情報でいっぱいになると、頭に詰まりが出てきます。エネルギーは流れる物です。手放しても忘れる事はありません。情報に執着し情報コレクターになるのはやめておいた方が身のためです。

関連記事 執着を手放すとエネルギーが流れて行く。


人気ブログランキング