自分と向き合うー嫌な人を克服する方法ー

人生 楽しむ
貴方は、身近な人に嫌な人が居た時、どのように対処しますか?

① 嫌な人に文句を言ったり、嫌な人を遠ざけたりして、外の世界を変えようとしますか?

それとも

② 外の世界に居る嫌な人は、自分の内側を写し出す鏡だと理解して、自分の内側を変えようと努力しますか?

自分と向き合う作業の一つに、外の世界を見て自分の内側を知ると言う作業があります。

外にある世界は自分の内側を映し出す鏡
自分と向き合う

多分殆どの人が、外に現れる世界が、自分の内側を映し出す鏡になって居る事を知らず、外の世界を変えようとすると思います。

しかし、この様な事はありませんか?

会社に嫌な人が居るので、会社を辞めて他の仕事に就いたけど、新しい会社でも似たような人と出会い、嫌な思いをする事になった。

付き合っていた人が嫌で別れたが、何度、他の人を好きになって付き合っても似たような人を引き寄せてしまう。

この様な事が起きる場合、貴方はその嫌な人を通じて学ばなければならない事、気付かなければならない事があります。

嫌な人の、嫌な所がどういう所なのか、考えて思い浮かべてみてください。漠然と嫌と言う事は無く、何かハッキリ嫌だと思う理由があるはずです。

おせっかい・せっかち・抜けてる・いじわる・嘘つき・威張ってる・うるさい 等々

色々思い浮かぶことがあると思います。

僕は、いつも周りで、愚痴や文句を言う人を見て思うのですが、嫌な人の悪口や、愚痴、文句を言ってる人は、大抵自分の事を言っている事が多いものです。

人の嫌な所が自分にもあると言う事は、認めたく無い事かもしれませんが、貴方の中にもある要素なので、自分の嫌な所を見せられるから、気に入らないのです。

貴方の外に映る世界は、自分の内側を映し出す鏡になっています。

鏡に映る自分の姿が醜いと感じたら目を背けようとしますよね。

自分の内側を変えれば、外の世界は勝手に変わって行く
自分と向き合う

さて、ココまで読み進めた貴方は、自分の内側を変えたいと本気で考える一歩前に進んだ人なのかもしれません。「鏡の法則」を認めたくない人は、多分ここでサヨナラするはずです。

では、ココからは自分の内側を変える為にはどうしたら良いかです。ここからが自分と向き合う作業となります。

何故、貴方がその人の嫌な所に、文句を言ったり、愚痴を言ったり、遠ざけようとするか?

それは貴方がその人の嫌な所を「許せない」からです。

と言う事は、どういう事か?っと言うと、嫌な人の嫌な所が自分の中にある事が「許せない」のです。つまりその嫌な人を通じて、自分の許せない所を責め続けて居るのです。

っと言う事はどうすれば良いか?っと言うと

「許してしまえば解決します」

この事に気づけば、自分のブロックを外すことが出来ます。

もし頑なに「許せない!」っと言う気持ちが湧き上がるなら、何故許せないのか、自分の中を覗いてみてください。

ヒントは過去に起こった出来事などに隠れて居る事があるので、納得いくまで自分に問いかけ、自分と向き合ってみてくださいね。

敏感な人なら、過去に起きた許せない出来事がリアルに思い浮かんで、涙が止まらなくなるような辛い感情や、悲しい感情が湧き上がって来るかもしれません。

それが貴方に攻められ続けて、許してもらえなかった、あなた自身の感情になります。

この作業を行って自分を許していくと、外の世界は勝手に変わって行きますし、貴方が大抵の事は「許せる」人間になります。

外の世界の変化としては「嫌な人が嫌じゃ無くなったり」「嫌だった人が突然優しくなったり」「嫌な人が貴方の前から居なくなったり」するっと言う現象が起きてくるはずです。


自分を許さないということは、世界さえも変えられる力を自分の中に閉じ込めてしまうことです。

~ パトリック・ミラー(宗教家) ~

弱い者ほど相手を許すことができない。許すということは、強さの証だ。
ガンジーの名言

やってみると面白いので、是非頑張って自分と向き合って自分を許してみてくださいね。
今までずっと変わらなかった、外の世界が、いとも簡単に変わるとびっくりすると思います。

これが、僕らがこの世に生まれて来て克服する課題の一つになります。大体の人は、この「鏡の法則」に気づかず歳をとって死んでいきますが。

そうすると、またやり直しで、この世に戻ってくるっと言う事になります。せっかく生まれて来たなら、魂の成長をする為に自分を知るっと言う作業をやってみるのも、人生を楽しく生きられるポイントに変わって行くかもしれません。


人気ブログランキング