仕事で自分のペースを見失う人へ 自分のペースを守る方法

仕事 頑張らない周りを気にすると自分のペースは乱れます。自分のペースを守る方法を身に着けていますか?

どんなに頑張っても仕事の遅い人、めちゃくちゃ仕事の速い人、人間のペースは人それぞれですが。仕事の速い、遅いも仕事の内容が変わるとまた変わって来たりします。

僕は、今の介護の仕事を始める様になってから仕事が速い方になりましたが、その前にやっていたDTPの仕事では、仕事が遅すぎて、殆ど毎日残業していました。

手元にある仕事が全くはかどらず、周りの同僚たちはポンポンと仕事を終わらせていきます。一番焦るのは、皆が仕事を終わらせどんどんと帰って行ってしまう時です。

会社に一人取り残される感覚はおしっこがちびりそうな程に焦ります。負のスパイラルで、自分のペースはどんどん乱れ仕事はどんどん遅くなります。

パソコンでデータを作る仕事はとにかくスピード勝負なので、周りの同僚は本当に仕事が速かったです。僕は周りの仕事の速さに気ばっかり焦ってしまって、全然仕事のスピードが追いつきませんでした。

完全に自分のペースを見失って居たので、今思うと自分には合わない仕事だったんだなっと思います。

介護の仕事は、お年寄りのケアがメインです。動きの鈍くなっているお年寄りのペースに合わせて、自分のペースをあえて落とさなければならない仕事なので、これも独特の感覚ですが、パソコンで仕事の速い人には、イライラして出来ない仕事かもしれません。

人には向き不向きがあります。自分のペースで、無理なく出来る仕事を選んだ方が気持ち的にも楽で良いですよね。

自分のペースを守るべきか、人に合わせるべきか
老後 不安

基本僕は、仕事はマイペースに行う事が良い事だと思って居ます。

しかし、仕事と言うのは一人でする仕事は別ですが、大体は複数の人数で手分けしながらやる物だと思います。

特に介護の仕事などは、チームケアを必要とする仕事なので、仕事が極端に遅い人が居ると、どうしても他の人に負担が掛かったりします。

僕の職場でも極端に仕事が遅い人は居ますが、かといって急いで貰うと、完全に自分のペースを乱してしまい、仕事がもっとしっちゃかめっちゃかになってしまうので、やはりその人のペースでやってもらうしかありません。

ただ、不思議な物で、仕事の遅い人にも仕事の中で向き不向きがあるようです、得意、不得意はやはり人によって違うので、得意なものを得意な人がやって、不得意な物は、それを得意とする人が、サポートするっと言うやり方をすると、スムーズに回るようです。

何でもそうですが、自分のペースでやれる事が一番だと思います。

自分のペースで居られず悩んでる人へ
アフィリエイト 詐欺

自分のペースを維持できないと言うのは、かなりストレスになる状況だと思います。周りを常に気にして、気持ちが浮足立っている状態です。

周りを気にすると言う事は、それだけエネルギーが周りに飛んでしまってる分、分散して非効率になります。一番良い事は、周りを過剰に気にしなくて良い環境に身を置く事だと思いますが。

それが出来ない人は、周りとの繋がりをあえて意識して切るっと言う方法もあります。

周りの人を気にして自分のペースを乱してしまう人には勇気が要る事かもしれませんが

「頑張らない」っと決める事です。

あえて周りを見ないで、自分の手元だけに意識を集中します。今やっている事だけにエネルギーを注いで他の情報は全てシャットアウトします。

時計もどこか見えない所にしまってしまいましょう。どこにも繋がらないと、気持ちが安定してエネルギーを一点に集中できるようになるので、周りを気にして居る時より効率は良くなるはずです。

どっち道、仕事が遅いなら、周りを気にして、手元が疎かになって仕事が遅いより、周りを一切気にせず。仕事が遅くなることに覚悟を決めてしまえば良いわけです。

自分のペースを見失う人に合う仕事
アフィリエイト 稼ぐ

どうしても自分のペースを見失う人は、チームワークを必要とする仕事より、一人で出来る仕事を選んだ方が良いのかもしれません

あとは、時間に追われる仕事も向きませんから、速くやらなければいけない仕事より、ゆっくりできる仕事が良いでしょう。

じっくり考えてみて、自分がしたい、出来そうと思った物を選んだ方が良いと思います。

僕もDTPの仕事は、会社の都合で移動になって、自分の意思とは関係なくさせられた仕事だったので、自分で選んだ仕事ではありません、介護の仕事は自分で、出来そうっと思って選びました。

他の人の判断に流されて、大切な事を決めると失敗してしまう事が多いです。自分のしたい事、出来そうなことは自分で決めるのが一番だと思います。

関連記事
失敗を恐れない心の作り方


人気ブログランキング