イライラは成長のチャンス?ーイライラしない為にー

イライラどんな人でも、イライラする時はあると思います。特に疲れている時などはイライラしやすくなる物ですが、僕も仕事柄どうしてもイライラは湧き上がってきます。

イライラすると、そんな自分を「嫌だなー」っと思っても、ついつい抑えられずに人にぶつけてしまったりしてしまいますよね。

イライラの原因がハッキリ分かって居る「極度に疲れている時」や「急いでいる時に邪魔が入る時」などは、もう仕方が無い事かもしれませんが、誰かの言動にイライラする時は貴方の囚われている事がハッキリ分かるチャンスかもしれません。

人の言動にイライラするっと言う事は「その人の言動に許せない所がある」っと言う事です。

是非、このチャンスを使って、自分の囚われを見つけて大きく成長してみましょう。

例えば、僕の例で挙げると最近イラっとした事は、仕事の同僚が自分の仕事が遅いのにも関わらずそのせいで溜まった仕事を僕や、他の同僚にしりぬぐいをさせようと指図してくる事でした。

そこで、僕はこの同僚のどんな所にイラっとしたのか自己分析をした所

「何でも自分の思い通りに人をコントロールしようとする所」にイラっとした事が分かりました。

その時僕は「人を自分の思い通りにコントロールしようとする事」は良い事でなはいっと言う囚われがある事を発見し、ココに引っ掛かってイライラが出てきたっと言う答えに辿り着きました。

つまり「人を自分の思い通りにコントロールしようとする自分」が許せなかったのです。

外の世界は、自分を映し出す鏡です。なので、人の許せない所は「自分」の許せない所なので、この様に分析し「そんな自分」を許し、手放す作業をする事にしました。

その後、許しのワークを行った後は、前程その同僚の言動にイライラしなくなりました。

皆から嫌われている同僚ですが、僕は「許す」っと言う選択をして「何だか許せる」っと言う状態になって来て居ます。許しのワークについてはコチラの記事を参考にされてみてください。

関連記事 自分を愛せない人へ。許しのワーク

色々なイライラの対処法

自分と向き合うイライラには、色々なパターンがありますが「極限に疲れている状態」なら「ゆっくり休んで下さい」っとしか言いようがありませんが。

他には「急いでいる時」「やらなければならない事が沢山ある時」に上手く物事が進まなかったり、邪魔が入ってイライラする時などは僕の場合「拘りを捨てる事」でイライラに対処しています。

仕事によっては、なかなか出来ない状況の方も居るかもしれませんが。

僕の仕事の場合、余程の緊急の場合は別ですが、その他の業務の場合は「急がなければならない」っと言う拘り「こなさなければならない」っと言う拘りを捨ててしまいます。

「急がなくても出来る」「全部一気にやる必要はない」など、人の命に係わる事は別ですが、殆どの事が「何が何でも急がなければならない」っと拘る事は無い物です。拘って勝手に焦ってイライラしているのは「自分」の中だけの事です。

ましてや焦ってイライラしてる時などは、むしろ効率が悪くなります。

深呼吸をして一息ついて、今、自分のやらなければならない事は、そこまで重要な事だろうか?っと考え、急ぐ事を止めると気持ちが大きくゆったり構えられるようになって「イライラ」しなくなります。

「頑張らない」と似ていますが「自分で自分を縛り付けない」様にした方が、気ばっかり焦って上手く行かないっと言う状況を手放せて、効率は上がります。

大体のイライラは、自分で勝手に作り上げている事が殆どです。

自分を客観的に見る癖を付けましょう


イライラ
イライラする時は、その時は余裕が無かったとしても、家に帰った後や、リラックスした時にでも「あの時の自分は、何であんなにイライラしたのだろう?」っと考えてみると、新しい発見があるかもしれません。

どんな時も「客観的」に自分を見られるようになると、怒りに任せて行動してしまうっと言う事を防ぐことが出来ます。

「あー、今自分はイライラしているなー」っと分かるだけでも十分です。

それが分かると、イライラの波動を上手く見送る事も可能になります。鳩尾から湧き上がるイライラを、ただの感情の波っと捉えて頭の上から煙突の様に出してしまうっとイメージすると、頭頂からスッと抜けて行きます。

イライラを見るっと言う感じです。その部分に意識を向け「あいつが悪い」とか「あれのせいでイライラした」っと意味を付けずにただ見送るとスッと抜けます。

イライラはトラブルを招く原因です。自分が優しくなる為には、どんな考え方をすればいいか、常に意識しておくと少しづつ優しい気持ちになれる時が増えて来るかもしれません。

この世の中、そこまで強く拘らなければならない事など、そんなに無いはずです。


人気ブログランキング