本当の幸せを掴むために

愛
幸せの形には、沢山の形があります。人それぞれ幸せを感じるポイントも手に入れたい現実も違うでしょう。

もしかすると、過去の記事で言ったかもしれませんが、僕達の幸せはメディアによって作られている事があります。

恋人や結婚

地位や名声

お金や富

これらの幸せは、あくまでも形的な物でしかありません。

それはどういう意味かとと言うと、物質的にこれらの事柄に満たされたとしても、あなた自身が「幸せ」っと感じられなければ、本当の意味で「幸福になった」とは言えないからです。

また、物質的に豊かになれなくても「今が凄く幸せだ!」っと感じられれば「その人は幸福である」っと言えるでしょう。

では、僕達は本当の幸せを手に入れる為にどうしたら良いのでしょうか?

幸福感を感じる練習をする

幸福感僕達は「満たされた事」を数えるより「足りない物」にばかり目が行く傾向にあります。

つまり、どんなに沢山の豊かさを手に入れても、手に入れた豊かさは忘れてしまい「まだ手に入れて無い豊かさ」ばかりに目が行ってしまうのです。

例えば、生活的には不自由しておらず、ちゃんと暮らせて居るのに「恋人が居ないから幸せじゃないのだ」っと思ってしまったり、大切な家族に恵まれて居ながら「旦那の給料が少ないから幸せじゃないのだ」っと思ってしまったりします。

この状態を僕は「幸せを追いかける状態」っと表します。

幸せは追いかけると「永遠に手に入りません」何故なら、追いかけて手に入れても、また足りない所に目が行き、永遠の追いかけっこを続けてしまうからです。

幸せを追いかけ続けて居れば、満たされることは永遠に無くなります。

僕達が、幸福感を感じる練習をする為には「手に入れていない豊かさ」に目を向けるのではなく「今ある豊かさ」に目を向ける必要があります。

手に入れている豊かさに目を向け「満足」する事が出来れば「自分は豊かだったのだ」っと言う事に気づけて「幸福感」を感じる様になるはずです。

幸せを追いかける時、人は未来に意識が繋がります。「まだ手に入れていない未来」に繋がると、エネルギーが未来に奪われていきます。僕らが存在できる現実は「未来」でも「過去」でもなく「今この時、この瞬間」のみです。

意識が、過去や、未来に繋がってエネルギーが奪われると「もう無い」または「まだ無い」物にエネルギーが行ってしまい「今ここ」からエネルギーが無くなってしまいます。

エネルギーが何かに奪われると「更に満たされない」っと言う状態になって行くので悪循環になります。

僕も昔、エネルギーが「今、この時、この瞬間」から遠のいて居て、意識の感覚と、体の感覚がブレて、今この時、この瞬間の現実を感じられなくなっている状態の時がありました。

僕ら人間は「今、この時、この瞬間」にしっかり、感覚と体が感じられないと「幸福感」を感じられなくなるように出来ています。「今、この時、この瞬間に、生きている!」っと感じられる事が「幸福感を呼ぶ」カギになります。

今、この時、この瞬間に生きる事は、簡単なようで難しい?

無条件の愛
「今この時、この瞬間」に生きるとは、簡単なようでなかなか難しい物です。何故なら多くの人が「今この時、この瞬間」から逃げたくなっているからです。

もし、逃げたい現実がそこにあるなら、現実的に逃げる方法を見つければ良いのに、多くの人は現実的に逃げる方法を考えるのでは無く「意識だけ」で逃げようとします。

これを僕は「今そこに居ない状態」っと言います。

「自分の望む現実」がそこにはないっと思ってしまうと、人は無意識にそこから「意識だけ」逃げ出してしまいます。

しかしながら、認めたくは無いかも知れませんが「今この時この瞬間」にある現実は、紛れもなくあなたが「望んで作り上げた現実」に他ならないのです。

僕達は、顕在意識より潜在意識で物事を引き寄せる傾向があります。「こんな現実望んでない!」っと貴方は思うかもしれませんが、僕達は無意識に刷り込まれたり、囚われたりしている、心の状態を、現実に引き寄せてしまうのです。

分かりやすく言うと、例えば過去に「貴方に対して意地悪をした人」が居るとします。貴方は無意識に「意地悪をした人を許せない」っとずっと思ってしまうでしょう。

「許せない」っと言う感情は「執着」となって現れます。「ずっと許せない」っと言う状態が続くと「許せない人への執着」が続くので「許せない人を引き寄せる」っと言う形で表れて行きます。

これを「許す」っと言う状態に持っていくと「許せない事を手放す」っと言う状態になります。

手放すと「許せない物」に対する囚われが外れるので「意地悪な人を引き寄せる」っという状態は無くなります。

分かりやすく説明出来ているか心配ですが「好き」と「嫌い」は対局にあるように見えて、実はどちらとも「執着」っという同線上のエネルギーで繋がっているのです。

では何故「好き」では無く「嫌い」な物を引き寄せてしまうかと言うと、それはその人、その人によって囚われは違うので、一概には言えませんが「好き」より「嫌い」に対する執着の方が強い可能性がある事と、僕らは「囚われ」を外す為にこの世に生きているっという「課題」を持って生まれてきているっと言う事でしょう。

つまり、神様は「今あなたはこういう現実に存在しています」「嫌だと思うならば自分で変えて行きなさい」っと言っているっと言う事でしょう。どちらにしても「ありのまま」の貴方を「ありのまま」受け入れているのが神様です。

あなたがどんな人でも。どんな現実を引き寄せたいと思っても神様は「ありのまま」貴方の望む現実を与えている訳です。

今この時、この瞬間に生きると言う事は「ありのままの自分を許す」っと言う事でもあるかもしれません。

ありのままの自分を許す為には

人生 目的ありのままの自分を許す。っと言う事は「許せない物」を許す作業を行い「愛」の存在に帰って行く作業。っと言えます。

本当の幸せ、を感じる為には「自分を愛する」っと言う作業は欠かせません。何故なら僕らは「愛」が無いと、上手く生きて行く事が難しくなるからです。

車が「ガソリン」で動くように、僕らは「愛」を原動力にして生きています。「愛」っと言うのはこの世の「恋愛」の様な「見返りを求める愛」では無く「ありのままの存在を受け入れる」「無償の愛」です。「無償の愛」を貴方に与えられる人はまず居ないと思って下さい。

「無償の愛」に繋がる為には「あなたが愛に繋がる」っと決めて「自分を無償の愛」で満たす事が必要です。何故なら貴方を100%理解し、認められるのは「貴方」しか居ないからです。

「幸せを追いかけてしまう」っと言う行為は、ある意味では「愛」に満たされていないっと言う状態でもあると言えるでしょう。

「あれを手に入れれば「愛」で満たされる」っと信じて、追いかけてしまう行為でもあるのかもしれません。

どちらにしても、僕らは「愛」に枯渇すると「愛」を追いかけたり、求めたりしてしまう生き物です。「無償の愛」はお金でも、パートナーでも、地位や名声でも手に入れる事は出来ません。

「無償の愛」は「ありのまま」の自分をあなた自身が「許し・認め」少しづつ神様に繋がって行く事で、手に入れる事が可能な物なのです。


人気ブログランキング