破壊と創造のエネルギー

破壊 創造今日は何を書こうかなーっと思って居たら頭の中に「破壊」「創造」っと言う二つの単語が浮かんできました。「他に書く事は無いんだろうか?」っと頭を巡らせてみたんですが「破壊」と「創造」しか出てこないので、今日は「破壊」と「創造」について書きたいと思います。

貴方は「破壊」と「創造」っと言うと、どんなイメージが浮かぶでしょうか?「破壊」は避けて「創造」だけ手にしたいなんて、思う人も居るでしょうか?「破壊」は何だか怖いイメージですよね。災害や、戦争など「破壊」と言うとネガティブなイメージのある人も多いと思います。

「破壊」と「創造」とは二極に分かれるエネルギーです。これらのエネルギーはバランスよく回転するのが一番理想的です。「破壊」ばかりでは、地球上の全ての物が無くなってしまいますが「創造」ばかりでは地球上が、物で溢れかえってしまうでしょう。

「破壊」と「創造」のエネルギーはそれだけではありません。

例えば環境の変化を望んで、新しい事に挑戦しようと思った時、今まで自分が身を置いて居た環境と別れなくてはなりません。そんな時、物が壊れる訳ではありませんが「破壊」のエネルギーが必要になります。

つまり「新しい環境」に行くためには「古い環境」を壊さなければならないのです。それが「転職」であったり「引っ越し」であったり「結婚」だったりします。そしてそこから、貴方の「創造」が始まる訳です。

他にも、僕が一生懸命やっている「自己浄化」の「浄化」っと言うのも実は「破壊」のエネルギーになります。貴方の中で「囚われたエネルギー」っと言うのは凝り固まったシコリの様に貴方の内側のエネルギーラインを詰まらせています。それが大きな「気付き」によって「浄化」される時、まるで「砂の城」が川の流れで流れて行くように壊れて行きます。

流れ落ちる時の感覚は「人それぞれ」違うかもしれません「本当に砂が流れて行くように」感じる人「一時的な痛み」になって現れる人、僕の場合は「冷たいエネルギーが煙の様にモワモワと浮き上がって流れて行く感覚」があります。

そう考えると「破壊」っと言うエネルギーもなかなか悪いもんでは無いエネルギーだと感じるかもしれません。

しかしながら「浄化」も「環境の変化」も、壊すときは勇気が要る物だと思います。「浄化」などは自分が今まで「正しい」っと信じて居た物さえも、あえて壊さなければなりません。価値観がひっくり返ってしまうと、本当に楽しく感じますが、手放すまでは「もがき苦しむもの」です。

「気付き」が降りる前は「どん底」っと思うかもしれません。夜明けの前の夜が一番暗い、っと誰かが言って居たのを思い出しました。

「環境の変化」っと言う物も勇気が要ります。「転職」「引っ越し」「結婚」今まで慣れ親しんだ物を崩し「新たな環境」に身を置く事は「期待」と「不安」両方が入り混じる事でしょう。

破壊と創造は実はワンセット

破壊 創造「破壊」が起きる時、実は同時に「創造」も起きています。また「創造」がある時そこには同時に「破壊」も起きているのです。

何か新しい物を作ろうとした時、それを作る為に「破壊」が起きています。例えば「家」を作ろうとした時、家を作る為に「木」を切ります。家を「創造」しながら「木」を「破壊」している訳です。

災害で崩れてしまった、建物の後には、運ばれた新しい空間が「創造」されます。

この様に僕達は「破壊」と「創造」をクルクルと回しながら現実を作っているのです。なので、どちらかを「忌み嫌い」遠ざけてしまうとアンバランスな「破壊」と「創造」が出来てしまうのです。

例えば草食動物が沢山増えて、草を食べたとします。その草食動物が肉食動物に食べられて生態系のバランスは取れていますが、例えば肉食動物が、草食動物を食べるのは可哀想だっと「忌み嫌って」肉食動物に草食動物を食べさせないようにしたらどうなるでしょうか?草食動物が増えまくって草を食べつくし、地球が大きく「破壊」されてしまうでしょう。

こんな感じと一緒か分かりませんが「命の危険性」が少ない「先進国」っと言うのは、人口が減って行くように出来ています。

何故か?

実はバランスを取っているのかもしれません。これも「破壊」と「創造」のバランスです。人間が「破壊」されないと言う事は「創造」もされないと言う事です。

また、裕福な国の人間が沢山増えるとどうなるか?裕福な国の人はあらゆる物を欲しがり、手にする事でしょう。そこには沢山の「創造」が生まれますが同時に「沢山の破壊」が起きるのです。

地球が大きく「破壊」されない為にも「先進国」の人口が減って行くのは、これはもう「バランス」なのかもしれません。

「少子高齢化」っと言われている日本ですが、新しい人口が増えないのは「地球や生物の過剰な破壊」を避けるために、人が無意識に取るバランスとも思えます。

「破壊」と「創造」で語る

語る「破壊」と「創造」でどれだけ話が広がるんだろう?っと思って記事を見守りながら書いて居ましたが、意外に深い所まで掘り下げる事が出来ました。

こうやって、色々思いを巡らせて、記事を書くのも楽しいかもしれません。

僕は政治的な事や経済的な知識は無いので、これ以上は深く突っ込んだ話は出来ませんが

「あーなるほどね」っと思う結論が導き出されました。

これから、日本は大きく飛躍する為にも、新しい時代を迎える為にも、何処かが大きく「破壊」される必要があるんだなーっと思いました。それが何処なのかは、想像の範囲を超えませんが、良い方向へ向かう「破壊」があって欲しいなっと思います。

何となく「破壊」と「創造」について書きましたが、これ以上は広がらないので(笑)
今日の話はここまでにしたいと思います。有難う御座いました<(_ _)>


人気ブログランキング