頑張らない覚悟が気持ちを楽にする

頑張らない人は無意識に「頑張ってください」「頑張りましょう」と口にしてしまいます。僕もついつい人に対して「頑張ってください」っと言いがちになりますが。

「頑張る」っと言う言葉は受け取る人によっては「重荷」に感じてしまう人も居ます。

「頑張る」とはエネルギー的には「我を張る」っと言う感じです。何かをする時に、「我を張って」しまうと、気持ちが疲れるばかりで、物事が上手く進まない事があります。

上手く物事が進んだとしても、終わるころにはエネルギーを消費して「ぐったり」してしまうと言う事もあるでしょう。

忙しい時ほど「頑張らない」

頑張らない
仕事で、やらなければならない事が沢山ある時、成功させなければならない物事がある時、人は無意識に頑張ろうとします。それは自分の気持ちがピンと張りつめたような状態です。

気持ちを張りつめた状態で、物事を行うと、必要以上にエネルギーを使う事になります。沢山の仕事を終わらせた後に、張りつめた気持ちが解けて「疲れ切ってしまう」っと言う事もあるでしょう。

忙しい事が沢山続くとき、頑張らなければならない時程「頑張らない」覚悟をした方が、気持ちも疲れず、自分の気持ちも楽に、物事を進める事が出来ます。

人は気持ちが張りつめると「緊張状態」になります。それは「出来なかったらどうしよう」「何としても完成させなければ」など、無意識に自分を「頑張らないと失敗する」っという方向に追い込みます。

無意識に我を張ってしまうと上手く物事が進まなくなった時イライラしやすくなります。

「頑張らない」っとは、ある意味、緊張状態にある気持ちをあえて「リラックス」させる方向へ持って行く事となります。

頑張らなければならない時「緊張」しなければ上手く物事が運ばない!っと思い込んでいる事がありますが、そんな事は決してありません、気持ちを追い込まなくても、出来る事はきちんとできます。むしろ緊張せず、リラックスさせた方が効率が良い事があります。

頑張らなければならない時「気持ちを張りつめて緊張させなければいけない」っと言う思い込みは、捨てる必要があります。

張りつめた緊張をあえて解く

頑張らない
「頑張らない」とは、何かを頑張らなければいけない時に「張りつめた」緊張を解いて物事を行う事です。

「頑張ろう」として気持ちが張りつめた状態の時、人は無意識に、気持ちが外へ向かいます。「頑張らない」っと決めてリラックスして物事に取り組むと、外に向かったエネルギーが「内側」に向くようになります。

エネルギーを外に持っていくと、どんどんエネルギーを消費してしまいます。それは、例えるなら広大な砂漠に、一生懸命自分のバケツの中の水をまき散らすような感じです。

意識が外へ向かうと人は「今この時、この瞬間」から気持ちが先の方へ飛んで行ってしまいます。そうすると「今この時」の手元が疎かになり、現実を感じにくくなりますし、今やらなければならない事から、気持ちが居なくなってしまいます。

どんなに、やらなければならない事があっても、僕らが一度に出来る事は「一つ」だけです。体は一つしかありません。全てを一人でやり遂げようと、抱え込むより、今できる「一つ」の事だけに集中するようにします。

「今、この時、この瞬間」に意識を置く、現実をしっかり感じて物事を進める事は「現実を思うように動かす」為に上手くエネルギーを使うためには大切な事です。

緊張する状態に追い込まれた時ほど「ピンと張りつめた自分の気持ちを緩める」事を意識するように心がけた方が物事は上手く進みます。

気の弱い人程、頑張ってしまう

頑張らない
僕も決して、気持ちが強い方ではありません、僕も気が小さい方ですから身を守るためについつい頑張ろうとします。

心が強く、何事にも動じない人程「頑張らない」心の状態を上手く作る事が出来るでしょう。

「失敗したらどうしよう」「何としてもやり遂げなければ」っと思う心が、自分の身を守る為にどうしても、自分を「頑張らなければ」っと言う方向に持っていきやすくなります。

大変な時ほど、緊張状態を作らないようにする事には「勇気」が必要になりますが、自分の心を客観的に見つめる、っと言う訓練をする為には、とても良い機会だと思います。

「頑張っている時」自分の気持ちが「緊張していないか」客観的に眺め「あ、今緊張している」っと感じたらあえて「緊張を解く」「頑張らない」っと決める覚悟を決めて「新しい自分」に出会う訓練をするのも、心をリラックスさせるのには、良い事だと思います。

スピリチュアル的にこの状態を説明すると「グラウンディング」っと言います、意識を下に持っていき。上に飛んで行ってしまいそうな意識を、きちんと「今ここ」に止める事を言います。

どんなこともそうですが、今この時、この瞬間に自分を置き、現実をきちんと感じ生きる事は、色々な面で、とても重要な事と言えます。

自由な生き方に興味のある方へ 橋本雅さんのブログ