貴方を元気づける言葉」カテゴリーアーカイブ

自分の価値は自分で決める物ー折れない心の作り方

仕事 生きがい僕達は、小さい頃から誰かに評価されて生きてきました。「家族」「友達」「学校」「会社」「他人」など、誰かの評価に一喜一憂しながら生きて来た人は多いのでは無いでしょうか?

人の評価に惑わされて生きていると「過剰な自信に惑わされたり」「自分に全く自信が持てなかったり」自分の芯を失って行ってしまいます。

例えば、こんな例を取ってみます。小さい頃から「勉強が一番に出来る」っと評価され「良い大学に行き」「良い会社」に入った人が居たとします。

「自分は勉強が一番に出来て、いい大学に入った」っと言う過剰な自信に満ち溢れていたとしましょう。しかし「会社で仕事」っとなると話は変わってきます。学校で習った、難しい文法や、計算など、仕事では全く役に立たない事に打ちのめされるかもしれません。

しかも、上司から「プライドばかり高くて使いづらい」っと言う低い評価まで貰ってしまったとしましょう。そうなった時、この人はどの様に変わって行くでしょうか?

プライドが許せず「こんな仕事辞めてやる」っと言って苦労して入った会社を辞めてしまうでしょうか?それとも自信をすっかり無くして「鬱」になってしまうでしょうか?あまり評価されず生きて来た人より、多少なりともショックは大きな物に変わると思います。

外の評価と言う物は、環境が変わるとガラリと変わってしまいます。ある一定の場所で「一番」を取ったとしても、他の環境に行ってしまったら「一番」とは限らないかもしれません。

その様な不安定な物に、自分の価値を委ねてしまうと、ある日「ポキン」っと簡単に心が折れてしまう時が来るかもしれません。

人の評価は、あてにしない

自分の価値僕達は、人生を色々と経験して行くと「持ち上げられたり」「落とされたり」する事がある物です。ある人から見たら「神!」っと思われたとしても、ある人から見たら「馬鹿」かもしれません。

人の評価は、実は一番あてにならない物です。

自分にブレない芯を持つためには、人に評価され一喜一憂するのではなく、自分で自分の価値を見出す必要があると言えるでしょう。

では、自分で自分の価値を見出していくにはどうしたら良いのでしょうか?

自分で自分の価値を見出す為には、何があっても「揺ぎ無い自分」で居る必要があります。揺ぎ無い自分とは、自分の芯をしっかり持つこと、ブレない中立な所に自分を置く事で安定します。

つまり、自分を「卑下」する事もなく「自信過剰」になる事もなく、ただ「ありのまま」の自分を知る事です。

貴方の「一番いい所」貴方の「一番悪い所」それは貴方が一番良く知って居る筈です。外に意識を向けるのでは無く、自分の内側に目を向け「ありのままの自分」をしっかり理解して、貴方がありのままの自分に「これで良い」っと認めてあげる事で、人に何を言われても「自分は自分」っと思える様になって行きます。

「自己満足」とは少し違いますが、ありのままの自分を「それでいい」っと認められるのは、他の誰でもなく「貴方だけなのです」

貴方が「ありのままの自分」にそれで良いっと思えるようになると、周りも貴方をありのままに認めてくれるように変わって行くかもしれません。

人に評価された事で、自分を取り繕うと「ありのままの自分」からかけ離れて行きます。人の評価に沿った自分を演出しなければならなくなり、どんどん苦しくなって行ってしまいます。

例え「神」っと持ち上げられても「馬鹿」っと蔑まれても「貴方が貴方である事は決して変える事が出来ない物です」貴方が貴方を否定してしまったら、誰が「ありのままの貴方」を認めてくれるのでしょうか?

貴方が「ありのままの貴方」を認められるようになった時、貴方自身も誰かを何かの評価に沿って判断する事を止めるでしょう。

実は、周りから持ち上げられる方が質が悪い?

自分の価値僕は、小さい頃から目立って評価されることがありませんでした。勉強も全くできませんでしたし、運動も全くできません、苦労してなろうとした漫画家さえ「評価」されることがありませんでした。

おかげで「自信を失う事から這い上がる」っと言う試練はありましたが「天狗」になることなく「ありのままの自分」を追求する事が出来ました。

今では褒められると、その時は「嬉しい」とは思いますがその時点で、嬉しい感情は手放すので大体時間が経つと「忘れます」

ココで嬉しいに執着してしまうと「あの時こう褒められた」っと言う嬉しさが忘れられず「ずっと引き摺ってしまう」っと言う事になるかもしれません。

少し前に、ネガティブなエネルギーより、ポジティブなエネルギーの方が手放しにくいっと言う話をしたように思います。

関連記事 ポジティブなエネルギーの甘い罠

何かで聞いた話で、外国の役者さんの世界で「相手を消そうと思ったら持ち上げまくる」っと言う話を聞いた事があります。そうやって評価されると相手は「天狗」になっていって自動的に消えてくれる。っと言う怖い話です。

「その人の為を思ってあえて厳しい事を言う」っと言う言葉も良く聞きます。

なので、周りから何も分からず「持ち上げられて来た人」の方が後になって試練は大きい物になるかもしれません。

ありのままの自分には、実は価値など意味が無い。

この様に話してきて、色々言いましたが、結局の所ブレない自分を持つためには、外の評価では無く「持ち上げられようとも」「落とされようとも」自分は自分っと、自分で自分の評価を付けて行く事しか「プライド」や「自信喪失」っと言う事を防ぐ方法は無いのだ、っと言うお話でした。

「ありのままの自分」を認めるっと言う時点で、自分に価値を付ける事自体が意味が無いっと分かるようになったら、貴方はもう大丈夫です。


人気ブログランキング

やる事が無いと悩む人へ

やることがない仕事が終わり、休日や空いている時間にやる事が無く、何となくテレビを見たり、スマホをいじったりして時間が過ぎてしまう人は結構多いかもしれません。

僕も「休日に絵を描こう!」っと思ったり、このブログを始める前などは、何となく時間が過ぎる事に「これで良いんだろうか?」っと疑問を抱きながらも、何もせず時間が過ぎて行く時期もありました。

僕の職場でも「家で何もする事が無いから良いんだ」っと言って、仕事の時間が終わっているのにも関わらず、いつまでも職場に残って、仕事をしている上司などが居ますが

人はやはり、目標を持って何かをやっている方が生き方にも張りが出てきますし、時間もあっという間に過ぎて行きます。

気持ちのリフレッシュにもなりますから、何か始めてみるっと言う事は大事かもしれません。

僕の住んでいる場所は、休日の過ごし方を楽しんでいる人が多い地域です。綺麗な海があるせいか「海際をマラソンで走っている人」「サーフィンを楽しむ人」「釣りを楽しむ人」「自転車に乗っている人」など、皆がアクティブに過ごしています。

人は、何かをやろうと思った時、環境が整って居る事も重要なのかもしれません。綺麗な海が傍にあれば、何もやる事が無くても海際を散歩したくなったりします。

僕も休日何もやる事が無い時は、外に出たりして「外食」したり、カフェを探して楽しんだりすることもありました。

しかし、何もやる事が無いからと言って「なんでも良いから始めてみる」っという気持ちにもあまりならないかもしれません、やっていて楽しい事でなければやりたい事も続きませんし、やっていて楽しい事っと言うのは、見つけるのも難しい物かもしれません。

しかし、何でもそうなのですが、始めてみないと「楽しかどうか」っと言うのは分からない事があります。例えば「毎日マラソンをしよう」っと思ったとして、実際にマラソンをしてみない事には、走っている時の気持ちよさや、楽しさに気づく事は出来ないものです。

僕も友人に「スノーボード」に誘われたことがありましたが、その時、全くスノーボードに興味がありませんでした。所がやってみると意外に面白くて「楽しい」っと言う事が分かりました。

やることが無いっと悩んでいる人は、友人がやって居る事に「乗っかってみる」っと言う事をしてみるのも良いかもしれません。

何かを始めるのには心の状態が大切

仕事 生きがいやる事が無くて「何かを始めよう!」っと思った時、体を動かす体力も必要ですが、何かを始めよう!っと言う「気力」も大切になると思います。

心の状態は特に重要で「やる気」に満ちていないと、何かをする事は出来ません。

もし、貴方が「やることがない」っと悩んでるなら、今、自分は何かを始める気力があるかどうか?っと言う事に目を向けてみてください。

やる事が無いっと言う事は実際無い物です。やる事は探せばどんな物でもあります。

部屋を掃除してみたり

外を散歩してみたり

何処か楽しそうな所に出かけてみたり

何かを始める為に色々調べてみたり

出来る事があるのに「やることがない」っと思うのであれば、やりたい気持ちがあるのかどうか?心の状態も探ってみる必要があります。

やる気力が無いのであれば、何かを始める事は難しいと思います。

心が、「やりたい」っと、気力に満ちてない人は、まず心を疲れさせている原因を探り、気持ちを休ませる必要があるでしょう。

やる事を決めてやってみる

やることがないやることがない、っと思って居て「何かを始めたい気持ちはある」っと言う人は、休日の前日などに「明日やる事」っと言うのを決めてしまう方法があります。

僕も、次の日の休日に「何もやる事が無い」っと思ってしまうと、エネルギーの置き所なく「夕方まで寝てしまう」っと言う事があります。

そういう時は、前日に「明日、ココに行って、何をして、どうする」っと決めてしまうと、決めた通りに何かをする為の気力が出て来ることがあります。

何でも構いません、気乗りしなくても「行った事の無い所に行って、その場所を散策する」でも良いと思います。

そこで新たな発見があって、やりたい事が見つかるかもしれません。家に籠っているより、外に出てみる事が良いと思います。

「外に出たくてもお金が無い」っと言う人も居るかもしれませんが、お金を出来るだけ使わずに、外出を楽しむっと言う方法もあります。例えば、自分でお弁当を作って、近くの公園に出かけるっと言う手もあるでしょう。

僕は「1000円散歩」っと言う物をしたことがあります。江の島まで海際を歩いて、吉野家で牛丼を食べて、江の島で100円のお饅頭を食べて、弁天様の神社でおみくじを引いて帰ってくるっと言う様な散歩コースです。「いかにお金を使わないか」っと言う事を考えながら散歩するのも結構楽しいです。

やることがない、っと言う事は決して無いと思います。「自分でやる事を作る気が無い」だけです。やろうと思えばどんなことだって出来ます。

サーフィンや、サイクリングなんて、突然できないっと思うかもしれませんが、観光地に来れば自転車も、サーフボードも貸してくれます。

ヨガやフィットネスなども、一日無料体験が出来る所もありますし、安い金額で体を動かす事が出来る施設も、探せばいっぱいあります。

やるか、やらないかを決めるのは貴方の気持ち次第なのです。

受け身ではいけない事

やることがない人生がつまらないと感じるなら

の記事でも書きましたが、楽しい事、やりたい事っと言うのは、誰かから与えられるのを待つ物ではありません。

人生を楽しむ事ができる人っと言うのは「楽しい事を自分で作れる人」です。

「誰かから与えて貰う」っと言う気持ちがあるとするなら、ずっと楽しい事は見つからないでしょう。「楽しい事、やるべきことは自分で作って行くものなのだ」っと、気持ちを変えて、やるべきことを自分で作って行くように、持っていきましょう。

やることがない、などと言う事は決して無いはずです。「やる気」があるのであれば、やる事を自分で作って、アクティブに人生を楽しんで行きましょう。

人生がつまらないと感じるなら


人生 つまらない
毎日変わり映えのない日々、同じ事の繰り返しをする日々を送っていると「人生がつまらない」と感じる人も居るかもしれません。

人生にどんな刺激を求めているかは、人それぞれ千差万別なので、こうすれば楽しく暮らせるよ!っとは一言では言いきれませんが。

実は、人生と言うのは変わり映えのない日々の方が、安心で、安らかに暮らせるのでは無いでしょうか。

僕は、若い頃かなり波乱万丈な人生を送りましたが、今の何事もなく過ぎている人生が、安心で幸せを感じます。

特に変わったことがあるわけではありませんが、自分の好きな場所に住めて、自分のお気に入りの場所に時々行って。仕事で疲れたら、息抜きに美味しい物を食べて、っと言うだけでも小さな幸せや楽しさは感じます。

勿論今、作り上げようとしている、アフィリエイトの仕組み作りに成功して、経済的に自由を手に入れる事が出来たら、毎日自分の為に時間が作れて、行きたい所に行けたり、やりたい事にとことんのめり込むことも出来るので、もっと楽しい人生が送れるかもしれませんが

まず、僕は今、自分が置かれているこの状況、この時、この瞬間を楽しむ事が出来なければ、お金を手に入れて、自由を手に入れても、何を手に入れても、幸せにはなれないと思って居ます。

幸せや、楽しさは、今この時、この瞬間にある事は間違いありません。そして、幸せや、楽しさは、誰かから与えて貰うのでは無く、自分で作らなければならない物です。

「あれを手に入れれば幸せになれるのに」

「こうなれば楽しいのに」

「こうじゃないから楽しくないんだ」

っと、幸せや、楽しさを追っている人は、求める物を手に入れても最初は、満たされることはあっても、次第に満たされなくなって行きます。

人生がつまらない、っと感じる人は、今置かれている自分の状況の中で、何か幸せに感じる事は無いか、今すぐできる事で楽しい事は無いか、自分の置かれている状況を見直すのも良いかもしれません。

最初はつまらないと思っても、やってみると考えが変わったりします。ちょっとした事でも、ほんの少しでも、やってみたい事があったら、心の声に従ってみるのも一つの手です。

つまらない場所に住んでいるなら、自分の好きな場所に移り住むのも良いと思います。
僕も、東京に住んでいた時は密集するビル群や沢山の人達に息苦しさを感じましたが、今は望む場所に住めて毎日、良い所に住めて本当に良かったと思って居ます。

受け身の人生はつまらない

老後 不安
何事もそうですが、受け身の状態では、決して人生を楽しむ事は出来ません。


人生がつまらないっと感じるっと言う事は、楽しませてくれる何かを、受け身で求めていると言う事です。

僕らは、テレビや、色々なメディアにどっぷり浸かっているせいか、自分を楽しませてくれるのは、自分以外の外の誰かだと、勘違いしてしまいます。

テレビ、映画、小説などを見て楽しむのも確かに一つの手ですが、その娯楽さえも、自分で何を楽しいと感じるのかが分からなければ手を出す事すらできません。

自分が何を求めて居て、何を楽しいと感じるかは、あなた自身しか分からない事です。

自分が何をもって人生を楽しいと感じられるのか?はたまたどうして、つまらないと感じてしまうのか、自分の心に尋ねてみてください。

自分の心の声に従う習慣をつけると、自分が何を求めているのか分かるようになります。

自分が何を求めているかが分かるようになれば、求める物をとことん楽しむだけです。そうすれば、必然的に楽しくなり、つまらない人生は無くなるはずです。

自分以外の他の誰かや何かが自分を楽しませてくれるっと思って居るなら、その様な物は現れないでしょう。

何故なら、人生を楽しんでいる人の周りにしか、人生を楽しんでいる人は集まるからです。

人生がつまらない、っと感じるなら、自分が楽しいと感じる事に受け身になって居ないか、確かめてみてください。

楽しませてくれる他の誰かや、何かを受け身で求めているなら、これからは楽しさや、幸せは自分で作る物、っと認識して今ある状況に、幸せや、楽しさを見つけてみる練習をしてみましょう。

今の生活は幸せや、楽しさとはかけ離れている。っとあなたが思うなら、幸せや、楽しさを感じられるビジョンは持って居る筈です。

どの様にかけ離れているのか考え、近づく努力をすればいいだけです。

「だるい、出来ない」っと思うなら、まずあなたには心の休息が必要なのかもしれません、心を元気にすることに意識を向けてみてください。

「自分を愛する」っという事が出来ないと何事も始まりません。自分を愛おしむ様に大切に思い、自分の心が何を求めるのか耳を傾け、元気になる事に集中しましょう。

心が元気になれば、感じ方も、考え方も大きく変わって行きます。


人気ブログランキング

毎日同じ事の繰り返しに嫌気がさしている人へ

幸せ 何毎日同じ時間に起きて仕事に行く準備をし、同じ時間の電車に乗って、似た顔ぶれの電車内、同じ駅で降りて、いつもの会社に出社し、同じ様な仕事を繰り返し、また電車に乗って帰る

毎日毎日同じことを繰り返している、そう思うと変えられない現実に、嫌気がさすのは当然と言えば当然かもしれません。

何とか現実を変えられないだろうか?っと考えても、転職して新しい環境にするのも不安が付きまといます。

同じ事の繰り返しは、実は安心?

実は、僕達は毎日同じ事の繰り返しに嫌気がさしながらも、同じ事を繰り返す、同じ環境に居ることに「安心感」も感じて居るものです。

考えてみてください、もし毎日同じ事の繰り返しに飽き飽きして、自分で事業を起こしたとしましょう、今日は何が起きるだろう?明日はお金が稼げるだろうか?っと毎日違った状況をスリリングに味わう毎日を、貴方は本当に望んでいますか?

同じ事の繰り返しとは、予測できる未来です。たまにちょっと違ったことが起きたとしても自分の中で十分解決する事が出来るはずです。

僕は、毎日同じことを繰り返す仕事と、明日どうなるか分からない、毎日が違った仕事、二種類を経験していますが、毎日同じことを繰り返す仕事の方が、精神的には楽です。

明日何が起こるか分からない毎日は不安だらけで、結構怖いものです。

僕達は、変らない毎日を送る事で忘れがちですが、何も起きず変わらない毎日を送れることが実は一番幸せな事だと言う事に気づいて居ないのかもしれません。

病気をする事もなく、怪我をする事もなく、突然明日自分の住むところが無くなる事もなく、決まった事をして、決まったお金が入り、平凡な毎日が過ぎて行きますが、何事もなく終わる毎日は、何となく安心感を与えてくれます。

人間と言うのは、新しい環境に馴染むまでに、多少なりともストレスを感じるものです。今働いて居る会社に入りたての時を思い出してください。毎日が違った様に感じられましたが、仕事に慣れずミスを繰り返し、先輩に注意され、怒られて、この会社で上手くやって行けるだろうか?っと不安を感じて居たのでは無いでしょうか。

しかし今はどうでしょう、同じ事の繰り返しの仕事に、何も考えなくても勝手に体が動き、自然と仕事がこなせている筈です。僕達は、同じ環境に長く身を置くことで精神的に安定を求めても居るものです。

…っと、ちょっといつもの自分を、違った視点で見るとどうでしょうか?

とは言っても、同じことを繰り返す毎日に嫌気がさす気持ちも十分、分かります。僕も毎日同じ仕事の繰り返しに、嫌気がさしてます。

ほんの少しだけ変化を付ける毎日

同じ事を繰り返す事に嫌気がさしているなら、思いっきり変えちゃうのも一つの手ですが

やっぱり安心感は手放せない、っと思う人は毎日の繰り返しに、ちょこっとだけ変化を付けてみるのも良いかもしれません。

いつもと違う道を通って帰ってみる、いつも入った事の無い店に入ってみる、ちょっと遠回りして違う場所を散策してみる、いつも買うお昼を違うお昼に変えてみる。違う人生の疑似体験に映画を観る、休みに新しい事にチャレンジしてみる。その気になれば、ちょっとした変化を付ける事は十分可能です。

その時の自分のしたいに従って行動すると、いつもと違った気分が味わえるかもしれませんし、新しい発見もあるかもしれません。

毎日同じことを繰り返す仕事が嫌
毎日 同じ

休日や、仕事が終わった時は、良いんだけど同じことを繰り返す仕事に嫌気がさしているっと言う人も居るかもしれません。

仕事は嫌だと思っても、生活が掛かって居るので仕事に行きたくない日でも休めないのが実情だと思います。どんな仕事も、そうですが、嫌だなっと思っても続けなければいけない所が辛い所です。

僕も今の仕事では、休みたくても休めず、嫌気がさしても続けなければいけなくてつらい思いをしています。

もし、自分の力で現実が変えられるなら、チャレンジしてみたい!といつも思って居ます。慣れない仕事に転職するもの一つの手ではありますが、全く新しい働き方に挑戦してみるのも一つの手かもしれません。

関連記事
自由な生き方ーその方法とはー


人気ブログランキング

老後が不安だと思ってる人へ

 

時間 お金僕らの時間は無限にあるわけではありません、お金持ちも、貧乏人も平等に年を取って行きます。未来に明るい希望を抱けない老後を、安心して暮らすためにはどうしたら良いでしょうか?

老後の不安を解決するためのヒントがあります。

僕がお年寄りのお世話をする仕事を始めて5年程が経ちます。この仕事をするようになって思う事はこれ一つです。

「長生きって本当に良い事なんだろうか?」

老後に不安を感じて居る方には申し訳ないのですが、これが正直な僕の感想です。

施設に入っているご老人の事だけで話させてもらうなら、長生きして楽しそうに施設で暮らして居る方は、まず殆ど居ません。

もし老後に不安があるのなら、金銭面だけの心配ではなく、健康に、楽しく生きる事にも是非気を使って下さい。体と心が健康でなければ、どんなにお金があっても「生きる事を楽しむ事」は出来ないでしょう。

誰かの世話になって「ただ生かされている状態」と言うのは、世話をする方も大変ですが、何より自分らしく生きられない本人が一番つらいはずです。

適度に体を動かしましょう
老後 不安

お年寄りは、徐々に徐々に動きたがらなくなり、どんどん動けなくなって行きます。体を動かす、筋力をつける事には十分気を付け、適度な運動を心がけましょう、心の状態もそうですが体が動かなくなると心の状態も沈んで行き、ますます動きたくなくなり悪循環です。

最初はだるいと思うかもしれませんが、体を動かすと、悪い老廃物も流れて行き、気分も明るくなって行きます。

毎朝、景色を眺めながら散歩をするだけでも良いかもしれません。まだ若いから大丈夫っと思って居る貴方でも、体を動かす事を習慣にして健康な体を心がけたいものです。

介護業界の理想と現実
老後 不安

今、介護の世界では「身辺の介護(食事、排せつ、入浴)」から「その人らしさ」を大切にする「心身の状況に応じた介護」に変わろうと言う動きが出てきており、介護福祉士の試験を勉強する際もその事を重要視する、教育が行われています。

その人らしさを大切にする介護、っと言うのは非常に理想的かと思います。が、現実問題として、今施設で働いて居る僕が思うのは「現実化させることは難しいだろう」と言う事です。

何故かと言うと、まず介護の現場は現在深刻な人手不足に悩まされており、何処の施設も人員がギリギリの状態で運営していると言う事です。

僕の施設では認知症のお年寄り9人を昼は3人体制で見守りを行っていますが、それでも大変な状況です。大きな施設になるともっと大人数を、一人~三人位で見る事になります。この様なギリギリの人員状態で、その人らしさを優先して業務を行う事は、とても難しい事です。

そして、国はこれから施設に対して介護保険料の支払いを少しずつ減らしていこうと言う動きになってきています。

まともで、良い人程、他の職業の選択肢、または条件の良い施設に移って行きます。

先日、ニュースで外国人労働者を、介護現場に送ると言うニュースがやって居ましたが、言葉の通じる日本人ですら、お年寄りを介護する事がいかに難しいかで悩んでいるのに、果たして言葉の通じない人達に、それを行うことが出来るのでしょうか?

また、外国人労働者を導入すると言う事は、そこに「賃金を安く抑えたい」っと言う国の思惑も感じられます。今より賃金が安くなってしまったら、日本人はもう介護業界に入りたいと思う人は居なくなってしまうでしょう。

貴方は、言葉の通じない外国人に身の回りの世話を任せられますか?

「僕は嫌です」

老後を安心して暮らすための資産作り

老後の安心の為に必要なのが、健康の次にお金です。

年を取れば、雇ってくれる会社も無くなってしまいますし、体も思うように動かなくなって行きます。働きたくても働けない状況に追い込まれていくのは確実です。

少ない年金で細々と暮らして行く事には当然不安が付きまといます。僕らが老後を迎える時、一体いくらの年金が貰えるでしょうか。

老後を国に依存して生きる事は、どんどんと難しい時代になって行くのは十分予測できます。

老後を経済的に安心して暮らしたければ、働かなくてもお金が入ってくる、不労所得の仕組みを作り上げ、資産作りをする必要があると言えます。

そこで、少ないお金で比較的簡単にできる資産作りが、ブログやメルマガなどで行うアフィリエイトです。ブログやメルマガで、自動収入が得られる仕組みを作り上げてしまえば、信じられないようですが、ブログやメルマガが立派な資産となるのです。

勿論、正しい知識で自動的にお金が入ってくる仕組みを作り上げなくてはいけません。僕の師匠である「橋本雅さん」のブログも是非参考になさってみてください。

先の事を心配するより今、この時を楽しんで生きよう!
老後 不安

と言う事で、老後に不安のある方は、施設のお世話にならないように元気で明るく暮らす事が大変重要であると言えます。

年をとっても元気で明るい方とは、やはり「生きがい」を無くさず、活力に満ちた生き方をする人では無いでしょうか?

年を取ると、なかなか先の未来に明るい展望を抱けなくなって行くものですが、あまり遠い未来に気持ちを巡らせて、不安になって気を滅入らせるより

今この時をいかに、楽しんで生きるかに力を注いで行きましょう。今この時を、めいいっぱい楽しんで生きれば、延長線上に明るい老後が付属で付いてくると僕は思います。

僕らの居る場所は今、この時のみ

僕らは、昨日にも、明日にも存在していません。現実として存在するのは「今、この時、この瞬間」のみです。しかしながら、スマホやゲームなどが多く出回ったせいなのでしょうか?今、この時に存在して居られる人が、少なくなって来たように思います。電車を見れば、多くの人が皆スマホを眺めていて、意識は画面の中です。

皆、気持ちがどこか遠くに繋がっていて、フワフワしたような意識状態です。

僕がヒーリングに夢中になって居た時、ヒーリングの先生が言って居た事は「今この瞬間をしっかり感じて、肉体を感じ楽しむ事」と言う言葉でした。今でもこの言葉は僕の中で大切なことだと感じています。

そんな僕でも、やっぱり時々は、気持ちが何処かに飛んでしまう事がありますが、できるだけ意識して、今この時を感じる様に心掛けています。

なかなか、気持ちを今ここに結び付けると言うのは、簡単なようで難しい事です。ほんの少しでも良いので、意識が遠くに行って居る自分に気づいて、今ここに戻ってくるように心がけたいものです。


人気ブログランキング

仕事に疲れたら 疲れを作っている4つの原因

仕事 疲れる毎日お仕事、本当にお疲れ様です。

今日は家に帰って、ゆっくり休めてますか?

貴方が仕事に疲れているなら、それは真剣に仕事に向き合っている証拠、その頑張りを認めて、たとえ短い時間でもゆっくり過ごしましょう。

毎日毎日、同じような仕事の繰り返しで、仕事に疲れている人は多いのではないでしょうか?人が働く理由は、突き詰めて考えると大体の人が「お金の為」に働いて居るのではないかと思います。

働く理由が「お金の為」だけだと仕事に対する喜びは感じられず、我慢して働いて居る分、仕事に疲れて不満も出て来るでしょう。
お金 自由もし、一生生活できるだけの大金が手に入ったとしたら、好きでもない仕事に身を粉にして働く人はどれ位居るでしょうか?

好きな事を仕事にしている人は、やりがいや、自己の成長、自分の仕事の成果に楽しんで仕事が出来るかもしれませんが、多くの人は「お金の為」に我慢して会社に時間を捧げて居るのが現実だと思います。

これからも疲れを溜めずに頑張って仕事を続ける為に疲れを解消する方法について考えてみましょう。

仕事の何に疲れているか炙り出してみる

「仕事に疲れた!」っと漠然と感じていても、解決方法が見つかりません。一日の仕事を振り返り自分が、仕事の何に疲れているのか、炙り出してみましょう。自分は今の仕事の、こんな所に特に疲れを感じるっと言う所が分かれば、その部分を頑張らないようにしてみる、人に手伝ってもらう、どうやって疲れを取るか、などがハッキリしてきます。

人間関係人間関係

多くの人が仕事で疲れる原因に、人間関係が上げられるのではないでしょうか。仕事の人間関係と言うのは、僕たちが自由に決められる物ではありません。

気の合う、合わないに関係なく決められたメンバーで仕事をこなさなければなりません。仕事のペースが合わない、理屈っぽい人が居る、仕事を指図される、無責任に仕事を引っ掻き回される、口の悪い人が居る、仕事を押し付けてくる、仕事をしないなどなど、貴方を疲れさせている人が傍に沢山居るかもしれません。

自分の仕事環境で、どの人が、どんな風に自分を疲れさせているのか、じっくり分析してみましょう。それが分かれば、その人とどう関係を作っていくかなど、疲れないための対策が考えられるかもしれません。

2ルーティンワーク

仕事 疲れ

初めてその仕事に就いたときは覚える事がいっぱいで、変化が多く感じられますが、慣れてくると同じことの繰り返し、っと言う仕事も多いのではないでしょうか、今日もこの作業から始まり、この作業で終わる。分かって居てもやりがいを感じられず、仕事に疲れます。

ルーティンワークに疲れているとしたら、同じ作業でも自分の中で変化を作って何時もと違うやり方を編み出してみたり、始める順番を変えてみるなどして、ちょっとだけ変化を付けてみるのも良いでしょう。

また、同じ作業に疲れたら自分のペースで一休みする方法を作るのも一つの手です。窓の外を眺めてみる、コーヒーを入れて飲んでみる、トイレに行って一人になってみる、などほんのわずかな時間でも気を緩める事が大事です。

3思ったように成果が上がらない

仕事 頑張らない

一生懸命仕事を頑張ったとしても、成果が上がらず、周りから認めて貰えない、仕事が思ったように進まない、やった努力が無駄になるなど、モチベーションが下がってしまう出来事が原因で、仕事に疲れてしまう事もあるでしょう。

そんな時は仕事だけが自分のやるべき事では無いと思って、成果に対する執着を手放しましょう。この世界にこだわる出来事なんてそんなにありません、うまくいかないのであれば、得意な人にその仕事を任せたりして、自分の得意な分野で頑張りましょう。

人には必ず得意、不得意があります。貴方の不得意をカバーできる人があなたの周りに必ず居るはずです。その人にカバーしてもらう代わりに、その人が不得意で自分が得意な事を交代して行えば仕事は効率的に進むはずです。

4自分のキャパシティを超える程、仕事の量が多い

仕事 疲れる

昔、僕はDTPの仕事をしていた時があり、その仕事の量は膨大でした。繁忙期などは、こなさなければいけない仕事が山の様で、終わりが全く見えませんでした。

自分のキャパシティを超える仕事量は、その仕事の量を見ただけで疲れてしまいますね、しかし大量の仕事と言うのは、一人で行う物では無く、複数の人数でこなすものが殆どです。もういっぱいいっぱいになったのなら、仕事の速い人に、仕事を流してしまっても良いと思います。自分の許容範囲を超えているのなら誰かに手伝ってもらうなどして、一人で抱え込まない様にしましょう。

仕事に真面目で責任感の強い日本人

仕事 疲れる

とにかく日本人は仕事に真面目な人、責任感の強い人が多いです。その分、自分に与えられた仕事は、自分でこなさなければ!っと気負いしてしまう人も多いでしょう。

僕も全く一緒で、この仕事は自分が終わらせなけれな!自分が責任をもってやらなければ!っと思いがちで、仕事に疲れてしまいやすいです。

しかし大変な時は、不思議と手伝ってくれる人が現れ、出来ないと思ったことがあっという間に終わってしまう事もあります。貴方は独りではありません、しんどい時は、誰かの助けを借りたり、一休みしてみるなど、貴方ペースで頑張りましょう。

もし誰も、手伝ってくれる人が居なかったとしても、やるべき事にいっぱいいっぱいにならず、今自分にできる事はここまで!っと決めて、ただ目の前の事だけに集中しましょう。
足元の一歩一歩に集中していれば、必ず頂上にたどり着きます。遠くの頂上を見て、気が遠くならないようにする為にも、今、この時、出来る事だけに集中してみましょう。

疲れを取るための工夫をする
幸せ 何

仕事でたまった疲れは、その日の内に解消したいものです。

お風呂に浸かって体の緊張をほぐしたり、大好きな音楽を聴いたり、映画を見たり、お酒をちょっと飲んでゆっくりするのも良いでしょう、次の日も仕事の時は、限られた時間しか休めませんが

とにかく疲れている時は、休める時にゆっくり休むのが一番です。

自分の体や心が求める事をして、ストレスを減らしたり、体の疲れを取るように心がけましょう、心や体の声が、その時一番の疲れを取る方法を教えてくれます。

何か「やりたい」っと思う事が浮かんだら、可能なことであれば、どんな小さな事でも構いません、食べたいものを食べてみる、やりたい事をしてみる、ぐっすり寝るなど自分を労って、体の声、心の声に答えて疲れを癒して行きましょう。

PS
仕事に疲れているなら、疲れない仕事をする事も考えてみるのも良いのでは無いでしょうか?
僕がアフィリエイトを始める切っ掛けをくれた師匠「橋本雅さんのブログ」を見てヒントを貰うのもありかもしれません。


人気ブログランキング

幸せって何?仕事で幸せが分からなくなっている貴方へ

幸せって何なんだろう?

本当はもっと自由に生きたいのに

好きな時に好きな所へ出かけたいのに

好きな物を値段を気にせず好きなだけ買いたいのに

自分の好きな事だけに没頭したいのに

自分の愛する人と時間を気にせずずっと過ごしたいのに

でも

お金の為には働かなきゃと思い毎朝、眠い目をこすって仕事へ行く準備をする。

幸せって何?

昨日の疲れが抜けず、それでも今日一日にこなさなければならない業務は山の様、あれもしなくては!これもしなくては!気持ちは、常に次にやることで頭がいっぱい。

職場は気の合わない人達、仕事の出来ない人達でいっぱい、いざこざは面倒になるから気が合わなくても、そんな人たちの仕事のフォローをしたり、無理に話を合わせる毎日。

仕事が終わって家に帰れば、ゆっくりできる時間はせいぜい二・三時間。ご飯を食べて、お風呂に入って、ちょっとテレビでも見てれば、また直ぐに次の日がやって来て眠い目をこすって、仕事へ行く準備。

幸せ 何
こんな毎日を繰り返していれば、だんだんと何のために生きているのか分からなくなって

「幸せって何なんだろう?」

っと言う気持ちにもなって行きますよね。

人は本来、今自分の置かれている現実に満足し、今この瞬間を心から味わい尽くせれば、心から幸せだと感じられるものです。

常に先の事を考え、常にお金の事を気にして、気持ちが常にどこか遠くへ行ってしまうと人は、今ここに居る事を忘れてしまい、現実を感じられなくなって行きます。

現実を感じられなくなると、感覚も麻痺して幸せが何なのかも分からなくなって行きます。

貴方は本当によく頑張りました!

心から認めてあげましょう。

毎日一生懸命自分の為に、働いてる自分を。

他人は滅多なことでは、貴方をほめてはくれないでしょう。
心から貴方を認めて理解してくれる人にもなかなか出会えないものです。

しかし、貴方を一番に良く分かり、一番良く理解している絶対的な存在がすぐそばに居ます。

それは、24時間365日常に貴方と共に一緒に過ごしている、あなた自身です。

疲れ切ったあなた自身をあなたが抱きしめ、包み込んで、心から良くやったと認めてあげてください。

気分転換に、美味しい物を食べてみる

行きたい所に行ってみる

自分の為にご褒美を与えてあげる事すら幸せだと、感じられないようなら。

貴方はちょっと休まなければならないかもしれません。

幸せ 何
ゆっくり休んでも、気持ちが回復しないのであれば、貴方は「本当に自分の望む道」から脱線している可能性があります。

貴方が、時間を忘れて没頭できることは何ですか?

心から楽しいと感じる事は何ですか?

もしかしたら、あまりにも、貴方の近くにありすぎて、当たり前すぎて気付かない事かもしれません。

人は必ず「好きな事」「夢中になってやれること」を一つは持って生まれてきています。

仕事が終わったら気分転換にそんなことに没頭するのもありですし。

それでお金が稼げる可能性があるなら、トライしてみるのも一つの方法です。

今の時代は、一瞬にして世界中の人と繋がれる、インターネットっと言う物が普及しています。大金を払って、お店を構えなくても売りたい物が売れる時代になりました。

貴方には、まだまだ色々な可能性が眠って居る筈です。

このまま、変らない人生に嫌気がさしているなら「人生は一度切り」自分のやりたい事に思い切って力を注いでみる事も十分にアリではないかと思います。

貴方が幸せっと思える事は、貴方しか分からない筈です。

自分が、何をしている時「幸せ」っと感じられるのかを探って、自分の望む現実を動かして生きましょう。

何度も言いますが「人生は一度切りです」ぼやぼやしているとあっという間に歳を取って死んでしまいます。貴方にとって後悔の無い生き方を選択しましょう。

僕達には自由に生きる選択肢があります。そして、その自由の選択をするのは、紛れもなく貴方自身なのです。


人気ブログランキング