ちょっとスピリチュアル」カテゴリーアーカイブ

仕事は遊ぶと開ける

人生 楽しむ
以前石屋さんで仲良くなった店員さんが居て、また話がしたいなーっと思って、欲しい石もあったので、遊びに行くと「もう直ぐ石屋さんを辞める」っと言う話が出ました。

辞める事は知らなかったのですが「会いたいなー」っと思ったのも、もしかすると「何かの知らせ」だったのかもしれません。

彼女は自分で事業を起こし、会社に依存する働き方をしていない人でしたが、辞めて何をするのか尋ねると、他にやりたい事が出来たとの事で、その時彼女は

「もっと遊ばなければいけない」

「遊ぶと出会いが広がってもっと仕事が開けると言う事に気付いた」

と言いました。僕はその言葉を聞いた時「ハッ」としました。

ここ最近、絵を仕事にするために一生懸命頑張ろうとしていた僕ですが、何故かやる気が出ず疲れて居ました。

その言葉を聞いた時「僕には仕事を遊びにする」っと言う気持ちが全く無くて、お金を稼ぐ事に対して、凄く真面目に重く考えすぎて「気が重くなっていた」事に気付いたのです。

それから僕は絵を描く時は「遊ぶ気持ちでやろう」っと少し肩の力が抜けました。

以前のブログでも書きましたが「心が楽しい」っと感じる物を選択して行くっと言う事は、普段の生活だけではなく、仕事でお金を稼ぐ事にも繋がって居るのだっと言う事が分かりました。

「あなたなら、今の仕事を辞めても何でも出来るよ、大丈夫だよ」

っとも言われたのですが、今の僕にはまだ「介護の仕事」を辞めて「好きな事だけをする」っと言う勇気はまだありません。(笑)

世の中には、仕事を遊びながらしている人はやはり居る様です。

「皆、洗脳されてるから気付きにくいんだけど、これに気づいたら皆、好きな事を仕事に出来るのにね」

っと彼女は言いました。

正直、そこの領域に達している彼女が羨ましく思いましたが「遊んだ方が仕事は開ける」っと言う言葉が聞けただけで、今の僕にはかなり大きな気付きになったのは確かです。

人からお金を貰う事に対して「凄く重い事」の様に考えすぎて居たのは確かです。

「遊ぶんだ」っと言う気持ちで、色々な事を手掛けると、それが仕事になり開けていくのかもしれません。

ちょっと、勉強になったのでブログに書き残して置こうと思います。

プライドー人を見下す、見下されるー

プライド
ここ最近「この人はプライドが高いなー」っと思う出来事が多く見られるようになりました。

プライドの高い人は、非常に多そうですが「そもそもプライドって何なんだろう?」っと思ったので、突き詰めて考えてみる事にしました。

プライドが高いと現実世界にどういう影響を及ぼすでしょうか?

「プライド」を調べると「自尊心、自負心」っとあります。じゃ「自尊心」って何?っと思ったので更に調べると

「自分の人格を大切にする気持ち。また、自分の思想や言動などに自信をもち、他からの干渉を排除する態度。プライド。」

っと出ました。

自分を大切に思い、自分の考えや言動に自信を持って居る事は非常に大切な事ではありますが

どうも僕が「プライドが高いなー」っと思ってしまう人は過去の栄光に執着があり「私はこれだけの価値、能力がある」っと言う事に囚われて、人に見下されることを恐れている人が多いっと感じて居ます。

つまりキャリアと言う武装を行い「自分には何も価値が無い」っと思わせられる事から必死で身を守ろうとしている感じを僕は受けます。

こういう人は、上下関係に拘りがあり、この人は自分より上、この人は自分より下っと無意識に上下関係を付けてしまい、自分より下っと思った人を無意識に見下し威張ってしまったり、自分はこれだけの事をしたっと言う「過去の栄光」を振りかざして自分を人より上の立場に持って行こうとしたりします。

これが、僕が今まで出会って「プライドが高いなー」っと思う人の特徴です。

キャリアを積み重ね、自信と誇りをもって生きる事は素晴らしい事ではありますが、ココに囚われて生きてしまうと「それが通用しない時」許せない現実を引き寄せる事になるでしょう。

昔、人の評価についての話をしたと思います。貴方を、ある人は「神」っと崇めるかもしれないが、ある人からは「馬鹿」っと評価されるかもしれない現実の話です。

プライドが高く「自分にはこれだけの価値がる」っと言う事に囚われたとしても、必ずその「価値」が通用しない世界っと言う物があります。

例えば、幼い頃から「頭が良くて優秀」勉強できる者が偉くて、勉強できない者はダメな人間という考えを持ってしまい、そのまま優秀な仕事について、皆からは「先生」「先生」っと呼ばれている人が居るとしましょう、所がそんな偉い「先生」が全くその価値が通用しない場所に行って「先生」っと崇められない対応を受けたとしましょう、そうすると、その「先生」は「何なんだその態度は!私は先生なんだぞ!」っと許せなくなってしまう訳です。

つまり、私はこれだけ偉いのに「こんな態度を取られた」など、ほんの小さな事でも自分の自尊心を傷つけられる現実を引き寄せやすくなるっと言う事です。

僕から見ると「人から評価される現実」っと言うのは「注意」が必要だと思って居ます。

ネガティブな出来事より、ポジティブな出来事の方が「手放しにくい」っと言う話をしたと思いますか「チヤホヤ」されてしまうとそれが「気持ちよく感じ」そこに囚われ、手放せなくなってしまいやすい傾向があるのです。

「私は皆からこんなに偉いと評価された」っと言う現実は、その狭い世界でしか通用しない価値観であり、必ず「通用しない」場所があります。日本でテレビに沢山出て、有名人で、人気がある芸能人でも外国に行けばただの日本人です。「偉いと評価された?だから何?」っと言われた時その人の自尊心は大きく傷つけられる事となるでしょう。

小さな世界の順位

 

破壊 創造この様に、プライドが高いと自尊心を傷つけられやすくなる現実を引き寄せやすくなるっと言う事が分かるのでは無いかと思います。

過去のキャリヤや、栄光で自分に価値があるっと考える人っと言うのは、そのキャリヤや栄光の無い自分を「許せない」っと思って居るっと言う事のなので「ありのままの自分」を許す事が出来ません。

常に人から「評価され続けなければ」自分に価値があるっと思う事が出来ないっと言う事でしょう。

この様な形で、自分を人より上の立場に持って行こうとして「通用しない価値」を一生懸命振り回して「私は偉いのよ!」っと自分の立場を上に持って行こうとする人を見ると正直僕は「可哀想だな」っと思ってしまう所があります。

キャリヤで武装せずに「ありのままの自分」で居る事の方がどれだけ楽で、傷つかずに済むか、価値や栄光など無くても、その人が「ただ存在しているだけの自分にOK」っとするだけで皆が「ありのままのその人」を認めてくれると言うのに。

っとは、思います。

ココに囚われるのにはやはり、本当に信じられるのものが何なのかがハッキリ分かって居ない現実があるのだと思います。「栄光、キャリア」っと言う物しか信じられない状態なのだと思います。

そこで、その人の後ろに付いているハイヤーセルフが「ココまで学べばOK」っとするのであれば、そのまま気付かず歳を取って亡くなるっと言う事になるのかもしれませんが、もっと大きく気付いて欲しいっと、そこまで望んで居るのであれば「大きな挫折」を経験する事になるのかもしれません。

ネガティブな出来事は、確かに辛い現象ではありますが「本当の意味での気付き」が降りて来た時「心から良かった」っと思える日が来ます。

僕は、本当に若い頃、滅茶苦茶辛い経験を繰り返しましたが、今の自分が居るのはその時の辛い状況を乗り越えられた自分が居るからだ、っと思って居るので「全ては良かった」っと言う事に収まっています。

これからも「自分が大きく気付く為に」なにか必要な出来事を引き寄せるとするなら、一時悩むことはあるかもしれませんが、それはそれで「快く受け入れよう」と思って居ます。

でも、大丈夫です。貴方の後ろで見守っている存在は「貴方が乗り越えられない」課題を突き付ける事は絶対にありません。

プライドを高く持つと「苦しくないですか?」「貴方は本当にそれで良いのですか?」っと問いかけて来る出来事が、時折やって来るかもしれません

その時「ありのままの自分で良いんだ」っと言う事に気付けたら、その人はこの世に生まれて来た意味を大きく知ることになり、それだけでもこの世に生まれて来た意味は十分にあるはずです。

上下関係やプライドに自分の現実を振り回されなくする為には「ただ、あるがまま」でいる事が一番楽なのです。


人気ブログランキング

抑えられた感情は蓄積していくー泣きたい時は泣こうー

感情去年の事でした。僕はあるヒーリングで、資格を取ろうと思いヒーリングの先生が月に一回行う「練習会」に参加していました。

僕は、いつもの様に、ヒーリングをして、ヒーリングをされてと、練習を繰り返していたのですがその時、違和感や痛みのある所を追うようにヒーリングして貰って居ました。

始めは背中をヒーリングして貰って居たのですが、鳩尾がぐ~っと重くなるのを感じ「鳩尾をお願いします」っと言って鳩尾をヒーリングしてもらいました。先生も練習に加わり、気になる所をヒーリングして貰った時です、何で悲しいのかが分からないのですが、急に泣きたくなるような感情が湧き上がって来て、涙を流してしまいました。

泣いた後も「何が原因で泣きたくなったのかは分からない状態」だったのですが、鳩尾にはこの様に、押し込められた感情が蓄積してしまう事があります。

僕は、自分の内面を見つめ自己浄化を始めたばかりの頃、鳩尾から本当に沢山の押し込められた感情が湧いて来て「泣いても、泣いても」足りないっと言う経験をした事があります。

鳩尾っと言うのは「第三チャクラ」のある場所です。

チャクラについて知りたい方はこちらの記事をご覧ください
関連記事 チャクラの話ー体験談ー

第三チャクラが不調をきたすと、訳の分からない恐れが湧いて来たり、攻撃的になったり、考えすぎてしまったり、自分に自信が持てなくなったり、感情面で不安定になりやすくなります。

また、単純に「胃が痛くなったり、弱くなったり」もします。

僕は、今でも胃が強い方ではありませんが、昔の自分は本当に直ぐに胃に来てしまい、胃が痛くなったり、食欲が無くなったりしてしまい。しょっちゅう病院に行っていました。

感情は発散させる必要がある

 

感情 コントロール僕は、介護の仕事をしているのですが認知症のお年寄りが、施設にずっと閉じこもっていると、「イライラ」しやすくなる事にぶつかります。

他の職員の人などは、イライラを発散させてあげられず、逆にもっと利用者さんを「イライラ」させてしまったりするのですが、もしイライラなどの感情が溜まってきているなっと感じたら、話を聞いて感情を上に流してあげる必要が出て来る場合があります。

これは「傾聴」とも呼ばれていますが。

やり方は、相手の話を聞くとき「否定も、肯定もせず」ただ寄り添う様に相手の話を「うんうん、そうだね」っと、黙って、真剣に聞いてあげるのです。

そうすると始め、相手は物凄く感情的になって話をするのですが、感情が出尽くすと、ある一定の所まで来た時、気持ちが落ち着くっと言う事があります。

人は、イライラが溜まると「爆発」してしまいます。出来る事なら「爆発」する前に、黙って話を聞いてあげて、ため込んだ感情を上に流してあげる必要があります。

人は何か鬱憤が溜まっている時、自分の話をただ黙って聞いて貰いたいだけなのです。「こうすればいいんじゃない」「ああしなさい」「貴方は間違ている」などとアドバイスが欲しい訳では無く、ただ自分の思いに寄り添って、黙って聞いて理解して貰えれば、それで殆どの人が満足します。

もし、貴方の周りで誰にも話を聞いて貰えず「イライラ」してしまう人が居たら、是非黙って寄り添い「傾聴」してあげてください。

泣きたい時は思いっきり泣こう

泣く僕は、悲しい事があった時は、思いっきり泣く事にしています。泣く事はカッコ悪いとか、大人げないなどと思わず、悲しいと思ったらその時に思いっきり泣くようにしてください。

それが鳩尾に、感情を押し込めない唯一の方法です。悲しいっと思った時に悲しいと泣かないと、喜怒哀楽に鈍感になってしまったり、訳の分からない時に突然、感情が湧き上がって来たりなど、情緒が不安定になってしまったり、鬱っぽくなってしまったりしてしまいます。

人は、生きている以上どうしても喜怒哀楽に左右されてしまう事があります。健康な心で居る為には、自分の湧き上がる感情を理解し、自然に湧き上がる物を無理矢理、押し込めようとしようとしない事が大切です。

怒りの感情に関しては、思いっきりぶつける相手が居ないと、なかなか発散できませんが、怒りを人にぶつける事はそうそう出来ないと思うので、怒りを「見る」っと言う習慣をつけると良いかもしれません。

怒りのエネルギーが湧いて来た時、何処から湧き上がり、どういう動きをするのか「見る」っと言う事なのですが、怒りの感情を「自分はこれに対して怒っている」っと処理するのではなく「あーイライラが湧いて来ているなー」っと客観的に眺めます。

大体は鳩尾辺りから「イライライライラ」っと上に向かって湧き上がるはずです。その時「意味を付けずに」ただのエネルギーとして処理します。

そうすると大体頭頂から上に抜けていきます。イライラのエネルギーは「不快感」を感じる物ですが、少し堪えて頭頂から綺麗に抜けると引きずらずに済みます。「こうなったからイライラした」っと意味を付けると、そのイライラした対象にイライラをぶつける事になりますから、イライラは「意味付けせずに」頭の上に抜く事が一番簡単な処理方法です。

上がるまま、そのまま上に上げ切ってしまえば良いのです。

怒りを、鳩尾や頭でグッと止めないようにしてください。力を入れるとその部分が不調を来たします。センターを感じながらやると、よりスムーズに怒りが頭頂に抜けやすくなります。

関連記事 センターを感じて生きるー自分らしさを貫くー


人気ブログランキング

地獄ってあるの?-死んだらどうなるー

地獄小さい頃、悪い事をすると地獄に堕ちるっと言われて「地獄絵図」を見せられた時、本当に怖いと思って地獄に堕ちる事への恐怖を覚えた時がありました。

実際に死んだら「地獄絵図」の様な地獄に堕ちる事はあるのでしょうか?

僕は霊感が開きまくっている時、お不動様の絵を描く前に有名なお不動様のお寺にお参りに行きました。普段、お寺に行くと大体心地よいエネルギーを感じて穏やかに居られるのですが、そのお不動様の所に行ったときは、何故か頭を歪められる様な気持ち悪いエネルギーを感じていました。

「これがお不動様のエネルギーなのか?」っと不思議に思いながらも、奥にあった展示室にお金を払って見に行くと、昔のお寺の一部や、仏像やなんかだと思うのですが、飾ってある所がありました。その展示物を見ていたら物凄く気持ち悪くなってしまい、たまらずに外に出てしまいました。

何故気持ち悪くなったのかは、予測でしか言えないのですが、その展示物の一部から感じ取った事は、何か呪術の様な物をしていたのでは無いかと感じました。

そのお寺は歴史のあるお寺で、歴史的にも色々あったようなので、現実を呪い事で動かしていた歴史があるのでは無いかっという感じを受けました。

密教は力のある教えなので、使い方を間違えると本当に大変な事になります。僕は高校の時に「孔雀王」にハマってて、面白半分に九字切りをして先生に大けがをさせてしまった事があります。

それ以来、これは面白半分に使ってはいけない物なんだっと分かりやたらに使う事はしなくなりました。

その様に、とても強力な力でエネルギーを強く歪められた様な物を感じ取ったのです。

その後、友達と合流し「何だかこのお寺はあんまり良い感じがしない」っと言う話をしながら奥にある「大日如来」のある本堂へ向かいました。神々しい大日如来の像の裏には、多分歴代のお坊さんたちのお位牌では無いかと思うのですが、沢山の位牌が並んでいました。

僕は何も考えず、位牌のある通りを通ろうとした時、何かに強く引っ張られる様な感覚に襲われ意識が無くなりそうになってしまいました。

その時、友人がそれに気づいて、僕を引っ張り戻そうとしてくれたので、意識が無くならずに済んだのですが、その時僕は炎で赤く光るお不動様の周りで「延々と経を唱え続けて居る沢山のお坊さん達の姿を見ました」

その時僕は「え?この人達、閉じ込められているの??」っと感じ取ったのです。

これが、僕の感じ取った「真実」ですが、実際閉じ込められているのかどうかは分かりません。ただ、僕が感じ取ったのは「これは地獄だ」っと思った事だけでした。

その後、定期的に時間になるとお坊さんがお不動様の前でお経を唱える様で、それを見に行きました、非常に邪気払いの強いお経だと言う事は周囲の人を見て直ぐに分かりましたが。

このお経は「延々」唱え続けないと邪気が戻ってきてしまうっと言う事も分かりました。つまり邪気を払うためには、ずーっと唱えていなければならないようです。

これが、何を意味するのかはこれ以上は予測の範囲を超えませんので言いませんが、地獄ってこう言う事なんだなっと言う事は、そのお寺に行って何となく分かりました。

死後は想念の世界

地獄僕の働いて居る職場で、もう辞めてしまいましたが「スピリチュアルな人」が一人いました。彼は死後の世界からなにから全てを覗くと言う凄い体験をしたらしく、死んだらどうなるかっと言う事を良く語って居ました。

※これは、あくまで予測の話です※

実際に死んだらどうなるかなんて死んでみないと分かりませんので「へーそうなんだー」位に止めて置いてください。

死後は想念の世界なので、死んだ時の状態がその時、行く場所を決めるそうです。

つまり波動が低く、悪口を言ってばかりの人は、同じ様な悪口を言ってばかりの人が集まる場所に止まるのです。

意地悪な人は、意地悪な人が集まる所、つまりシビアに「波長の法則」にしたがった階層に止まります。生きている間だと、波長が低くても、波長の高い人と出会えるチャンスがありますが、死ぬとそうは行きません。本当にシビアに分けられます。

なので、生きている内にどれだけ波長を高くして、良い所に行けるかがポイントになります。

多くの人が輪廻を繰り返すのは、少しでも高い階層に行くためです。死んでしまってはもう、階層を上げる事が出来ないので、生まれ変わって出来るだけ波長の高い所に行けるように切磋琢磨する訳です。

僕は今生から見て、この人はもう「地獄」に居るな。っと思う人は沢山見ますが、死んだとき、生きていた行いがシビアに採点されます。お金があっても「地獄」に居る人は沢山います。そして悲しいかな、地獄に居る人は「自分が地獄に居る」っと言う事が分かって居ない事が多いようです。

なのでそのスピリチュアルな彼は「死んだ後はそんなに甘くないよ」っとよく言って居ました。

これが、天国と地獄を分ける境目だとするなら。地獄とは意地悪な人ばっかりが集まる階層っと言う事が出来るのかもしれません。

でも、どうせ行くなら優しい人がいっぱい集まる良い所に行きたいものですよね。

今生で、いくらお金があっても、物質的に恵まれて居ようとも、心が幸せを感じられて居なければその人は「不幸」っという事が何となくわかる話では無いかと思います。つまり生きている時、心が極楽に行けてる人は、死んでも極楽に行けるわけです。

心の状態が大切なのは「生きていても」「死んでいても」同じっと言う事ですね。

っと…死後の世界を語ってみましたが、僕は死んでみて来た訳では無いので実際どうなのかは分かりません(笑)

っと言う事で、今日は何故か、赤い炎がメラメラと燃えるイメージが浮かんだので、地獄の話になりました。「へー、そうなんだ」位に止めて置いてください。


人気ブログランキング

お酒を飲むと体を乗っ取られる?ー憑依の話ー

お酒
「お酒が大好きな人」「お酒が飲めない人」色々居ますが、最近僕の周りの人は「お酒が飲めない」っと言う人が多くなってきている様な気がします。

僕は、お酒は好きでも、嫌いでも無いですが、たまに飲みたいなーっと思うと一杯、二杯ビールを飲む事があります。

お酒を飲んで居る人が沢山集まる所に行くと「飲んで居る人の気持ち」に影響を受けるのでしょうか?「お酒を飲みたい」っと思う気持ちが強くなります。

さて、今日のテーマは「お酒を飲むと体を乗っ取られる?憑依の話」っと言う事なのですが「お酒を飲むと人格が変わる」「暴れだす」「全く記憶が無い」など、深酒をして自分を保てない人が居るけど、その原因は何?っと言う話です。

「お酒を飲むと、何故人格が変わってしまう人が居るのか」なのですが、これには色々な理由があるとは思いますが、考えられる一つの原因に「憑依」があります。

お酒を飲む盛り場っと言うのは「お酒が大好きな未浄化の霊が集まってくる場所」でもあります。他にも、霊が集まってきやすい所として「ライブハウス」とか「ギャンブルの場」などにも集まって来やすいです。

お酒の大好きな霊たちは、お酒が大好きな人と同調し、その人の体を借りてお酒を飲むことを楽しんだりします。

僕は昔、見えないエネルギーに敏感だった頃「お酒が大好き」だった時があるのですが、お酒を飲み始めたら、周囲のお酒を飲んで居る人達の想念や、何か分からない物が頭の方から体の中に「グワッと」入り込んできたことがあり、気持ち悪くなって三日間「寝込んでしまう」っと言う事がありました。

それ以来「お酒は飲めない」っとなってしまい、暫くお酒を遠ざけていたことがありました。

お酒を飲むことによって「お酒の大好きな霊が、外から入り込んでくる」場合と、元々憑依があって、その憑依霊がその人に「お酒を飲ませようとする」パターンがあります。

お酒と言うのは、飲むと気分が良くなりますが、自分と言う意識がフワフワとしてしまい、しっかりと保てなくなってしまう物です。自分がしっかり保てなくなる状態になると、色々な物が外から貴方の中に侵入しやすくなるのです。

少量のお酒でも意識が無くなってしまう事がある?

お酒お酒は、基本飲みすぎなければ、自分を見失う事は無い物だと思います。気持ちがちょっと良くなる位であれば、何の問題もありませんが、ちょっとのお酒でも、泥酔してしまう人っと言うのはある意味憑依を受けやすい人、っと言う事でもあるでしょう。

昔、友人と三人で「音楽のイベント」に行った事があるのですが、その時の周囲の人達は皆、お酒を沢山飲んでおり、異様な雰囲気で、少し治安の悪い状態でした。

その時、僕以外の二人の友人が、そんなにお酒を沢山飲んで居る訳でも無いのに「周囲の気にやられて、ぐったりしてしまったり」「嘔吐してしまったり」しました。その時、僕は完全に二人が周囲のネガティブなエネルギーに乗っ取られてしまったのを感じました。

少し休むと、彼女たちは元の意識に戻りましたが、この様に外からの「気」に影響を受けやすい、または「憑依」を受けやすい人は、盛り場に近づく際は注意をした方が良さそうです。

お酒を沢山飲まなかったとしても、周囲の「気」の悪さに「当てられてしまう」っと言う事があります。

またエネルギーが重い人は重いエネルギーを外に追い出す為に「嘔吐」する事があります。これは、ヒーリングなどでも、強い癒しを受けたりして元々の体に重いエネルギーがあると、嘔吐してしまう場合があるのですが。

飲み過ぎて嘔吐してしまう場合、お酒で気持ち悪くなったせいでもありますが「重いエネルギーを外に追い出す為にも嘔吐してしまう」っという場合も考えられるでしょう。

センターがしっかりしていると酔わない事がある

センターセンターの話は以前のブログでもお話ししました。センターについて知りたい方はこちらの記事を見てください。

関連記事 センターを感じて生きるー自分らしさを貫くー

僕は昔、エネルギーに敏感だった頃、酒飲み友達と大勢で、お酒を飲みに行った事がありました。今思うと、考えられない位、大量にお酒を飲みましたが、その時センターに流れるエネルギーが「ゴーゴー」と流れて居る、状態の時がありました。

お酒を飲んだ傍から、体内でお酒が浄化されてしまうと言う現象です。

こうなってしまうと、もういくら飲んでも「酔いません」面白い体験ではあったのですが、飲んでも、飲んでもさっぱり酔わないので「何だか面白くない」っと言う経験をした事があります。

この様に、自分の中でエネルギーを浄化して、ネガティブなエネルギーを流してしまう力が付くと、周囲の想念や、お酒による憑依を跳ね除ける事が出来る事があります。

ただ、全く酔わなくなってしまうので、これが良い状態なのかどうかと言うと、お酒を楽しむっと言う視点から見ると、良いのかどうか良く分かりません。

今でもそうなのですが、ある一定のお酒の量を超えると「あ。これ以上は酔わない」っと言う現象を体験する事があります。

お酒に依存してしまう人

依存昔、仕事で一緒に働いて居た人で、お金が足りなくなると分かって居るのにどうしてもお酒を飲むことを拒めないっと言う人が居ました。

彼女は少し、お酒に依存して居る所があると僕は感じて居ましたが。

その女性と、渋谷で一緒に飲むことがありました。その時、彼女は券売機でお酒を頼むチケットを買う際、とても「虚ろな顔」をしていました。

その時、僕は彼女はお酒を飲むことで自分の中のネガティブな気持ちから逃げようとしている事を感じ取りました。

お酒を飲むことで、自分のネガティブな気持ちから目を背けようとする人は、結構多いのでは無いかと思います。

確かに辛い気持ちが、お酒を飲むことで少し楽になる事はありますが、この様なお酒の飲み方をすると、自分の持って居るお金を、お酒で沢山使ってしまったり、体を壊してしまうっと言う事もあるのでは無いかと思います。

人それぞれ、抱えている問題は違いますが、根本的に自分の中を変える為に行動しなければ、お酒に依存する事から逃れる事は出来ないかもしれません。

また、憑依でお酒を飲んでしまう人も居るかもしれませんが、その場合、憑依した霊が悪いのでは無く、霊はその人と同調する所があるから引き寄せられる為、お酒を飲みたくなってしまう本人に原因があるのか、憑依に原因があるのかはハッキリしません。

例えそんな人が、憑依を何度外そうとしたところで、根本的に本人が変わらなければ、同じ霊を何度も呼び寄せる事になってしまうでしょう。

この様に、盛り場は確かに未浄化の霊が集まってくる所ではありますが、自分がしっかりしているかどうか(センターがしっかりしてるかどうか)で、全く影響を受けなかったり、少量のお酒でも泥酔してしまったりする事がある、と言うお話でした。

何でも程々が一番

お酒お酒を飲み過ぎて、トラブルを起こしたり、身の破滅を招いたりする様な、お酒の飲み方は、せっかく楽しい気分になる為のお酒、っと言う物を壊してしまう原因になるでしょう。

僕も、最近飲み過ぎて体調を崩してしまい、失敗した事がありますが。

失敗すると、人はセーブする事を覚えます。一度の失敗は仕方が無いとしても。それで失敗してしまう、っと分かったら「どこまで飲むことが自分には出来るのか」しっかり把握して、大人なお酒の飲み方を楽しむ必要があると言えるでしょう。

お酒は、良い物でも、悪い物でもありません。

お酒を、良い物にするのも、悪い物にするのも、飲んで居るその本人っと言う事でしょう。

もし、満たされない事から目を背ける為にお酒を飲んでしまうなら、自分は何に満たされずに居るのか自分の中をしっかり覗いて、根本的原因を見つける必要があると言えるでしょう。


人気ブログランキング

シンクロニシティー不思議な虫の知らせー

シンクロニシティ貴方は、シンクロニシティを経験したことはありますか?

例えば「そう言えばあの人、どうしてるかな?」っとふと昔の友達の事を思い出したりした時、突然その友達から電話が掛かってくる。とか、物凄く急いでいる時に全ての信号が「青」になってスムーズに行けたとか、丁度欲しいと思って居た物を、誰かからプレゼントに貰ったなどなど、この世界には不思議なシンクロニシティの世界があります。

僕が、最近体験したシンクロニシティは、適当に買い物をしてレジに行ったら「777円」と言う事が二回ありました。流石に二回も777円が続くとこれは何か「虫の知らせかな?」っと思いネットでエンジェルナンバーを調べて777の意味を知りました。

エンジェルナンバーとは天使のメッセージが込められているナンバーの事です。例えば123と言う数字をよく見るとか印象的な数字が自分の前に続いて現れる時などは、天使のメッセージかもっと思って、エンジェルナンバーの意味を調べてみたりするのも楽しいかもしれません。

エンジェルナンバーはネットで調べればすぐに出てきます。

因みに僕の気になった777のエンジェルナンバーの意味は「もう直ぐ貴方の願いが叶います」でした。僕はこのメッセージを受け取って、単純に喜びました。(笑)

僕の願いはただ一つです。その願いが叶うと信じています。

シンクロニシティが起きる時、その人の波動は高くなっているっと聞く事があります。高い波動が良い出来事を引き寄せるのだそうです。悪口を言えば、悪口を引き寄せる様に、波動が高くなれば波動の高い出来事を引き寄せる事になるのは、似た物を引き寄せる「波長の法則」として十分考えられます。

どうせ引き寄せるなら、波動の低い事より、波動の高い事を引き寄せて生きたいですよね。

昔、起きたシンクロニシティ

シンクロニシティ最近はそこまで印象的なシンクロニシティを経験した記憶は無いのですが、駅に行ったら丁度電車が来るっと言う事が続くとか、信号に辿り着いたら丁度青になったとか、ささやかな物でしたが。

昔は、友達と待ち合わせした時「あいつ、そろそろ来るぞ」っと話していると本当に後ろからひょっこり現れたり。

十代の時、好きだった人が居て「あの人は、今どこに居るんだろう?」っと思いを巡らせて、いつも行くショップを歩いて居たら、その好きな人が近くのお店で働いて居て「居たよ!」っと思った事などがありました。

流石に「好きな人」を見つけた時は「これは運命か!?」っと思いましたが。本当に若い頃の良い思い出です。

人同士と言うのは、実は内側で一つに繋がって居る物なので、隔たりになる物が無くなればいつでもどこでも繋がる事が出来る存在なのです。

僕らは肉体っと言う物質に宿る事で「自分」を分ける物に乗っかってこの世で生きていますが、肉体から離れて魂の存在になった時、全ては一つなんだっと言う事を思い出します。

これは、江原さんが言って居た言葉だった様な気がしますが、僕らはコップ一杯の水だと言っていたような気がしました。「一滴一滴」水を分ける事は出来るのですが、実際は僕らは、一滴一滴であっても、まとまるとコップ一杯の水の中の一つの存在っと言う意味だと思います。

感覚的な事なので、これも言葉にするのは難しいですが、コップの水っと言ったり、木と表現したり、されますが僕らは体を脱ぎ去ると、皆一つの存在だっと言う事を思い出すのです。

この事から考えると「人の繋がりで起きるシンクロニシティ」は十分に考えられる物であると言えるでしょう。「え、凄い偶然!」っとビックリするような出来事も、実は僕らは内側で一つに繋がって居るのならば、知っていて当然の「必然」であるっと言う事です。

内側に意識を向けると読める心

シンクロニシティこれは、シンクロニシティとは外れますが、僕が東京に居て、見えないエネルギーに敏感だった頃、仲良くしてくれて居た友人で、バンドを組んで歌を歌って居る女性が居ました。その人は霊感のある人でしたが、ある時、僕がその人の歌を聞きにライブハウスに行った時、僕は彼女の歌を聞き終わった時

「何か飽きたな」

っと感じたのです。その時僕は「一生懸命活動している彼女に失礼な事を思った」っと思ったのですが。

暫くして彼女が、僕に「相談」する為に電話をかけて来た時がありました。その時彼女は「僕には隠し事が出来ない」っと言いました。最初その話を聞いた時、どういう事なのか意味が分かりませんでしたが。

「歌が終わった時どう思ったか?」

っと聞かれたので

「何か飽きたな、って思った」

っと伝えると「そうなの、実はもう、歌う事に飽き飽きしてるの」っと彼女は言いました。

その時僕は、自分が「飽きた」っと感じて居るのだと思ったのですが、実は彼女の気持ちを読み取って受け取ったから「飽きた」っと感じたのか、っと初めて気付きました。

この様に、僕らは内側で繋がって居る事があるようです。なので、もしかしたら貴方が思って居る事を、相手も同じことを思い、読み取っている可能性もあるっと言う事なのです。

この経験をしてからと言う物「これは僕が感じて居る事なのか?」「それとも相手の思いを読み取って思った事なのか?」っと内面で感じた事を分析するようになりました。

今でも、イライラする時は「これは自分がイライラしているのか?」「それとも何かに反応してイライラしてるのか?」っと常に内面をのぞき込んでいます。

基本、僕らは波長が高くなって内面がさざ波の立たない静かな水面の様になると、自分って何にも考えて無いし、何も思っても居ないんだなーっと言う事に気が付きます。

そうなった時、水面に波風を立てる原因は外から吹く風かもしれないっと考える様になったりします。そうなってくると、この人「こんな事考えてるのか」っと相手の思って居る事、考えている事が分かってくるかもしれません。

内側で一つに繋がって居る僕らに孤独な人は居ない

シンクロニシティっと言う事で、僕らは内側で一つに繋がって居るっと言う事で、孤独な人は一人も居ないっと言う事が分かります。

僕らは内側で一つに繋がって居るんだなーっと分かる感覚のもう一つに、遠隔ヒーリングがあります。これは、場所の離れている人に見えないエネルギーを送り、相手を癒す技術ですが。

例えば癒したい人に意識を向けると、相手がどんなに離れた所に居たとしても、相手の体の状態が分かる事があります。

今の僕は、そこまで敏感ではありませんが、見えないエネルギーに敏感だった時は、傍で話している人の何処が詰まっているかっと言う事も良く分かりました。

これが、結構肉体的には辛いのですが、この様に僕達は距離や、場所に影響される事無く内側で繋がるっと決めるとどんな人とでも繋がる事が出来るのです。

これが、分かるようになったら「寂しい」なんて言葉は出なくなると思います。好きな人の傍に居たいっと思えば、その人にリンクを張って傍に寄り添う事も十分可能な事なのです。

勿論、そこまで行くには、色々勉強しなければならない事もありますが、内側で一つに繋がって居るんだっと言う事が分かれば、僕らに孤独な人は誰も居ないっと言う事が分かってくるのです。

昔の僕は、一人になる事を物凄く恐れて居ました。寂しいとも感じて居ましたし、それで道を踏み外したこともあります。

しかし、内側で皆と一つに繋がって居る感覚と、ハイヤーセルフやガイドとの繋がりもあって、孤独では無いんだっと言う事が分かるようになってからは、一人で居ても寂しいっと思う事が無くなりました。

エネルギーに敏感になると「良い事」「悪い事」両方経験する事になりますが、今の僕が居るのは紛れもなく、そのキツイ時代を乗り越えたからの物だっとハッキリ分かって居ます。


人気ブログランキング

苦労はすべきもの?ー苦労の感じ方は人それぞれー

苦労
「若い内の苦労は買ってでもするべき」

っと言う言葉もありますが、苦労とは買ってでもするべき物なのでしょうか?

よく、苦労した人は苦労した事によって、人の痛みや、苦労した重みのある人間に成長すると思われがちですが「苦労」の定義も人によって色々ありそうな気がします。

人間関係に苦労する、お金に苦労する、仕事に苦労するなどなど、苦労したから良い人間になるのか?っと言うと少し疑問はあります。

戦争時代を潜り抜けて来た人は「食べ物が無い」「物が無い」時代を通り、苦労してきたと思います。僕の母方の祖父も、食べ物を粗末にする事には本当に厳しい人でした。茶碗の米一粒すら「しっかり全部食べなさい!」と言われ、僕はご飯を一粒たりとも残さないように綺麗に食べる習慣が付いています。

これは間違いなく祖父が「食べ物に苦労」してきた事が原因であると思います。

そんな事から、僕は僕の祖父世代の人間は皆「食べ物を粗末にする事」には厳しい人ばかりなのかと思いましたが、介護の仕事をして沢山のお爺ちゃん、お婆ちゃんと接して、皆が食べ物に対して厳しい訳では無い、っと言う事が分かりました。

僕は母方の祖父から「農家の人は苦労してお米を作っているのだから残してはいけない」っと言われて育ちましたが、父方の親戚は農家の人でしたが「ご飯が余ってるなら捨ててしまえ」と余ったご飯を、ゴミに捨ててしまっているのを見て「ご飯を捨てるの!?」っと本当にビックリしたものです。

この事から考えるに「苦労」っと言うのは、その人の感じ方によって苦労になったり、苦労にならなかったりする物なのだと分かりました。

僕の母方の祖父からすれば「お米を作る事は苦労する事」なのかもしれませんが、父方の親戚からしたら、お米を作る事は当たり前の作業であって「苦労」だとは思って居ないっと言う事でしょう。本当にお米を作る事に「苦労」を感じて居たら絶対にご飯を捨てる事は無いはずです。

苦労は人の捉え方で変化する物

幸せ 怖い以前のブログでも書きましたが、僕は若い頃、漫画家を目指していました。その時初めて賞に入った作品の名前が「クロウの神」っと言うタイトルの漫画でした。

僕はその時「クロウ」っと言う響きを何となく気に入って付けましたが、これはハイヤーセルフからのメッセージで「お前は苦労の神だ」っと言う意味だったのでした。

これに気が付いた時「あー僕は漫画を描く事で苦労をしていたのか」っと思ったのです。今思うと、漫画家時代は確かに「苦労」の連続でした。「その苦労が今に生きている」っと感じる事もありますが、このメッセージに気付かなければ、僕は漫画家になる事が「苦労」だとは思わなかったでしょう。

この様に考えると、やはり「自分は苦労している」っと自覚して「苦労」する人はあまり居ないのかもしれないっと感じます。

しかし僕は、漫画家を目指す事で「苦労」したわけですが、僕の母方の親戚からすれば「自分の好きな事ばかりして、苦労していない」っと取られてしまう訳です。

「苦労」っと言う価値観は見る人の角度によって変わるっと言う事が分かると思います。結局は皆が「自分に都合よく」「苦労」っと言う単語を使って居る訳です。

「可哀想に、あの人はあんなに苦労して」

っと皆に思われる人が「自分は苦労している」っとは思って居ないかもしれませんし

「あの人は苦労を知らないんだ」

っと勝手に意味を付けられている人が実は「凄く苦労し続けて居る」かもしれません。

自分の思い通りにならない事は尊い事?

ジャッジこの様に考えてみると「苦労」とは自分の思い通りにならない現実と向き合う事。っと捉える事が出来そうです。

もしかすると、僕の親や親戚がそういう価値観だっただけなのかもしれませんが「思い通りにならない現実」が尊い事、良い事っと意味が付けられている事に気が付きました。

自分の現実を作るのは自分です、見えないエネルギーは「意味を付けた通り」に動きます。この事から考えるに、小さい頃から「現実は自分の思うようには動かない」っと言う洗脳を受けている事がハッキリします。

しかし「お金を稼ぐ事は簡単だ」っと思ってお金を沢山稼ぐ人は、自分の子供に「お金を稼ぐ事は簡単だ」っと教えるでしょう。この時点からもう既に「現実を思うように動かせる人」「動かせない人」っと分かれて、貧富の差は付いてしまって居るのでしょう。

何故、自分の思い通りにならない現実が良い事なのでしょうか?現実は自分の思い通りに動いた方が良いに決まっています。

小さい頃から、何の疑いもなく教えられた「良い事」「悪い事」が僕らの今の現実を作っています。苦労する事は「良い事」っと意味が付いてしまっているならば、ココで今一つその価値観を疑ってみる必要がありそうです。

自分は「何故思い通りにならない現実の中に居るのか?」「苦労する事ばかりなのか?」苦労する事は良い事、思い通りいならない現実を経験する事が尊い事っとなって居ないか

見えないエネルギーを思い通りに使い、思い通りの現実を引き寄せる為には、見えないエネルギーに対して、変な意味が付いてないか探る必要がありそうです。


人気ブログランキング

センターを感じて生きるー自分らしさを貫くー


チャクラヒーリングを勉強されている方だと「センター」の感じ方っと言うのは分かるのではないかな?っと思うのですが、センターとは読んで字の如く自分の体の「中心」です。

チャクラの話でも少しだけ触れていますが
関連記事 チャクラの話ー体験談ー

僕らの頭頂から、足の裏までには真っすぐに伸びるエネルギーラインがあります。このエネルギーラインの頭頂から天のエネルギー、足裏から地のエネルギーが出たり入ったりしていて、川の流れの様に、体の中心をサラサラエネルギーが流れて居るのですが。

センター

これは、流石に画像が無いので、僕が画像制作ソフトで描きました。(笑)

僕の感じるセンターはこの様なイメージです。

この、センターに関しては、エネルギーの感じられるヒーラーから、エネルギーを感じる回路を開いてもらわないと感じられないのか、それとも自己浄化を進める内に勝手に回路が開くのかは、僕の中ではハッキリ言えないのですが。

僕は、ヒーリングの先生からアチューメントを受けて回路を開いて居ます。

でも、僕は回路を開かなくても人間は多少なりともセンターにエネルギーを通して生きているのではないかっと思って居ます。じゃないと「死んでる」のと一緒だろうと思うのです。

心臓がバクバク動いて血液を循環させるのと一緒で、多少なりとも、詰りはあって通すエネルギーは少ないにしても少しは天地にエネルギーを通して生きているだろうと推測しています。

僕らは、相当意識しないと心臓から流れて居る血液の感覚なんて、分からないですよね、それと一緒で、センターのエネルギーも感じて居なかったとしても、どんな人でも多少は通しているだろうと思うのです。

僕も、時々感じられない事もありますが、調子が良い時は足裏からビリビリとエネルギーが通るのを感じながら生活しています。

センターを感じながら生きると「自分」っと言う感覚がしっかりするので、例えば「人を思い通りにコントロールしようとする人」が傍に居て「自分を操作しようとしてきた時」センターに意識を向けてしっかり中心を取ると「影響を受けにくくなる」っと言う事ができます。

その様に考えると「自分」と言う物をしっかり保ち、自分らしさを貫く為には「センター」をしっかり感じて生きる事が良い事なんだな、っと最近の経験で分かってきました。

自己浄化でセンターがしっかりしてきた

センター
僕は昔ヒーリングの先生にアチューメントして貰ったばかりの時は、先生の言って居た「センターを感じながら生きる」っと言う意味が分かりませんでした。

多分、感じる回路は開いて居たのだと思いますが「センターってどんな感覚なんだろう?」状態でした。その後センターを感じられるようになったのは「自己浄化」を進めて自分の体の中の詰まりが分かる事や、囚われが外れて内面のエネルギーの組み換えが終わるようになってから、だんだんと「これがセンターだ」っと感覚的に分かるようになりました。

これは、特別な人が感じる特別な感覚ではなく、人間は皆同じ物を持って生まれてきているはずです。なので、貴方もセンターを感じる事は出来るのです。

最初は分からなくても、体の中心を流れるエネルギーの流れが、少しづつ増えていき、段々とハッキリ分かるようになって来ます。

僕のよく言う「手放す」なのですが、これはセンターを感じられるようになると、良く分かるようになって来ます。「手放せないと」体の中心を流れるエネルギーを頭や他の何処かで「止めよう」としてしまいます。エネルギーの川の流れを遮ろうと必死になってしまうのです。

「手放そう」っと決めると、中心を流れるエネルギーの流れを遮ろうとする事を止めるので、サラサラとエネルギーが流れるままになります。

「川の流れを遮らない」「神様に委ねる」とは、この中心を流れるエネルギーをただ心地よく「感じるだけ」っと言う感覚に似ています。センターを流れる心地よいエネルギーが「愛」です。

言葉で表現するのは、限界があるのですが、体の中心を「神様の愛」っと言う水が、川の様に流れて居るっと思っていただけると良いと思います、

センターを感じる様になると自分がブレなくなる



センター自分の中心を、しっかり感じる様になると、自分っと言う存在がブレにくくなって行きます。何でそうなるのか?は分からないのですが、僕の経験上で語るとセンターを感じる様になると「愛」がハッキリ分かるようになってくる為ではないかと思って居ます。

昔、ヒーリングの先生が合掌は「センター」を感じる為に考えられた物だと言っていました。確かに、手を合わせて心を静かにして「体の中心」に意識を向けると、センターが感じやすくなると思います。

もし、センターを軽くでも感じてみたいっと言う人は、静かな場所で手を合わせ、僕の書いたセンターを意識して、体の中心に一本の線を通すイメージをしてみると、センターが感じやすくなるかもしれません。

センターは、始めは一本の糸の様な細い物に感じられるかもしれませんが、エネルギーの通す量が増えると、どんどん太くなって、体全体を流れる川の様になると思います。

川の流れの様に太いセンターを感じられるようになると、また違った現実の見方も出来るようになるかもしれません。


人気ブログランキング

チャクラの話ー体験談ー

チャクラチャクラ、っと言うと貴方はどんな事を思い浮かべるでしょうか?

「チャクラって何?」

っと言う人も居れば

「はいはい、チャクラね」

っと言う人も居るかもしれません。

僕も、チャクラに関してそんなに詳しいわけではありませんし「チャクラ」で調べれば僕より、ずっと詳しく説明しているサイトがあると思うので、チャクラについて語る事はしません。

僕はチャクラについての経験談を話したいと思います。その前に「チャクラって何?」っと言う人の為に軽くチャクラについて説明します。

「チャクラ」っと言うとヨガをやってる方は詳しいんでは無いかと思います。ヨガは体を動かす事によってチャクラを整える物だそうです。

人間は頭頂から足の裏までエネルギーラインが真っすぐ伸びているのですが、そこに七つのチャクラが存在しています。正確に言うともっと沢山のチャクラが存在するらしいのですが、代表的な七つが有名です。

「チャクラ」っとは「車輪」っと言う意味で、エネルギーラインの七つのポイントに、車輪の様にクルクル回る七つのエネルギーの渦が存在しています。それを「チャクラ」っと言います。

第一チャクラは 肛門と性器の間
第二チャクラは おへその下数センチの所
第三チャクラは 鳩尾
第四チャクラは 心臓部分
第五チャクラは 喉
第六チャクラは 額の中央
第七チャクラは 頭頂部

に存在して居るそうです。そしてチャクラには色があります。虹色を想像して貰うと良いと思います。第一は赤色、第二はオレンジ、第三は黄色、第四は緑、第五は水色、第六はインディゴブルー第七は紫っとなっていて、この色をしたエネルギーの渦がグルグル回っているそうです。

他にもこの七つのチャクラが司っているエネルギーがあり、チャクラの不調があるとその部分関した所が不安定になったりするそうです。全部説明していると本題になかなか行けないので、軽く説明すると、例えば第五チャクラの喉はコミュニケーションや自己表現を司どっているチャクラで、ココが不調だと、コミュニケーションや自己表現に関する不調が出てきます。

チャクラを整える際は、下の第一から整えるそうです。第七チャクラを開くには、第一から第六までがきちんと整って居なければならないそうで、第一から第六が綺麗に整うと自然に第七チャクラが開くそうです。

第七チャクラは、もうスピリチュアルな領域ですね、ココが整うと高次元への繋がりや霊的な事に繋がって居ると言われています。

神秘的な体験がしたくて第七チャクラを開きたいっと言う人が多いらしいですが、第六、第七は本当に準備が整って居ない内に開くと大変な事になるチャクラです。

最悪病院送りか、キ〇ガイになる場合ありますので、慎重に第一からキッチリ作る事をお勧めします。第七が不調をきたしている人は「スピリチュアルが全く信じられないか」「スピリチュアルに依存的になるか」だそうです。

僕は男の人でつむじの髪が薄くなっている人って第七チャクラに何か影響がある人なんじゃないかな?っと薄っすら思うのですが、実際関係があるかどうかは分かりません。

初めてチャクラを感じた日

チャクラ僕が「チャクラって本当にあるんだ!」っと驚いた体験をする事になったのは、一冊のヨガの本でした。

昔、僕は自分の精神が不安定な事を「ヨガ」で直せないだろうか?っと考え何冊かヨガの本を買って、家でDVDを見ながらヨガをやったりしていた時がありました。

その時、手に取った一冊の本に、チャクラ瞑想法みたいな内容の本があり、その本にはCDが付いて居ました。僕はそのCDを聞きながら、本を見てチャクラを整えるイメージをしました。その内容は第一チャクラから、地の底を煮えたぎるマグマとか、第三チャクラが真っすぐ伸びる木の幹、とかそんな感じだったと思うのですが、CDの声に従い、そのチャクラをイメージしながら感じて居たら。

その後、すっかりチャクラの事など忘れて、犬の散歩に外に出た時、七つのチャクラがクルクル回っているのをハッキリと感じて「おお!チャクラが分かる!これがチャクラなのか!」っとビックリしたのが僕のチャクラ初体験の話です。

つまり、イメージを膨らませて、瞑想するだけでチャクラを活性化する事が出来る様です。

多分、僕らの体に内臓があるのと一緒で、皆にチャクラはあると思うのですが、しっかり作って活性化しないと、その存在を知る事は出来ないのでは無いかと思います。

パワーストーンでチャクラを整える

感情 コントロールヒーリングやヨガでチャクラの事が分かった僕は、石の色でチャクラを動かす事が出来る事を知りました。

例えば、第一チャクラは赤なので、赤い石を持つと第一チャクラがグルグル回りだすのが分かりました。第一チャクラを動かすのによく使ったのは「ガーネット」です。最近はあんまりエネルギーに敏感では無いので、ガーネットを持って何か変化を掴めるっと言う事は無いのですが。

エネルギーに敏感だった時は、ガーネットを持っただけで尾骨辺りが勢いよくビュンビュン回る感覚がありました。尾骨のエネルギーの渦っと言うと「クンダリーニの覚醒」なんかと関わっているのですが、僕は「クンダリーニの覚醒」はした事が無いので、良く分かりません。

昔のヒーリングの先生が「クンダリーニの覚醒者」だったみたいですが、物凄い恍惚感と凄い体験ができると言って居ました。

話が反れましたが、この様にチャクラの色に合った石を持つと、持った色のチャクラがクルクル回るっと言う面白い体験はした事があります。

そこで、全部一気にチャクラを整えたいなーっと考えた僕は、七色の石のブレスレットを作った事がありました。「チャクラカラーブレス」ですね。カラフルで綺麗でしたが、エネルギーがクルクル回るっと言う事だけで、特に他に大きな変化は感じられませんでした。

クルクル回る、っと言う事は活性はしてるのだと思うのですが、メンタルがそれで軽くなったっと思った事は無かったような気がします。

「囚われ」が外れた事によるチャクラの感覚

カルマここ最近で、一番大きく囚われが外れてチャクラの部分を感じたのが「頭」だった様な気がします。第六チャクラと、第七チャクラから、一気に不要になったエネルギーが流れ出した時です。

本当に、このブログを更新している真っ只中に起きた久々の大きな「気付き」でした。

このブログでも書きましたが「モルダバイト」を沢山持って、大きな試練が訪れた時です。

その時、心が大きく不安定になる事が二つあって両方とも、囚われが外れたら直ぐに解決してしまいましたが、一つは健康診断で、尿から大量の糖が出たと、要再検査の通知が来て、糖尿病の疑いがあるっと言われた事と、このブログの方向性について、悩んでいる時でした。

全てを抱え込み「一人で何とかしなければ」っと囚われ、頭から色々なエネルギーが漏れ漏れでした。糖尿病になった未来に繋がり不安になったり、ブログを一人でどうやって人気を上げるのかと悩んだり、本当に久々に頭の中が「グチャグチャ」になって一時モルダバイトを外そうか?っと考えたのですが。「いや、まだ持って居た方が良い」っと自分の中でそう思い暫く「モルダバイト」を持って居ました。

頭のグチャグチャもピークを越え、もう「考えるのはよそう」っとある時フッと思い、頭から外に飛び出しているエネルギーを全て、自分の頭の中に戻した時でした。

「あ、自分一人の力で全部どうにかしようと考えていた」と気が付いたのです。

「神様に委ねる気持ちが無かった」っと気付いた時、大きな囚われが外れ、頭から冷たいエネルギーが一気に抜け始め、頭のエネルギーが大きく組み変わったのを感じました。

それから、急に「なるようになる」っと言う気持ちになって、ブログの今後の方向性がキッチリ決まり、病院の再検査でも、尿から糖は出ずで病院の先生も「何でこんなに糖が出たんだ?」っと首を傾げていました。

大きな囚われを外す為に、起きたちょっとした試練だったんだな、っと言う出来事です。

この様に、囚われが大きく外れると、グルグルと回っているチャクラから、今までため込んで居た不要なエネルギーが大きく抜けて行く事があります。

ハートや鳩尾などからは良く抜ける事はありましたが、今回の囚われを外して初めて第六、第七のチャクラの不調が抜けたっと感じました。

信じられない人は、感じてみてはいかがでしょう?

チャクラ自分が見えないエネルギーの存在である事を信じられない人は、チャクラを感じてみると良いかもしれません。

昔、仲の良かった友達をスピリチュアルな方向へ導きたかった時、話を聞いている彼女の頭がクルクル円を描くように回りだした事がありました。

僕は「あ、第七チャクラが回ってる」っと直ぐに分かりましたが、本人は第七が回っている事に自覚が無い様でした。

この様に、チャクラの回転は結構簡単なイメージトレーニングで、感じる事が出来る物だと思います。チャクラが分かると、自分は肉体だけの存在ではないっと言う事がハッキリすると思います。

僕の様に、チャクラをイメージできる本などを見ながら、イメージトレーニングするのもアリでは無いかと思います。チャクラが回っている事を感じられると、本当に、自分は見えないエネルギーの存在なんだっとハッキリ分かるようになります。

自分は見えないエネルギーの存在なんだ、っと言う事が分かると、現実世界の見え方が大きく変わってきます。物質世界しか信じられないっと言うのは、精神が不安定になりやすく本当にキツイ事なのです。

浄化の習慣ー物や自分の体を浄化しようー

ヒマラヤソルトスピリチュアルに興味を持ち始めると「浄化」の習慣がつくようになったりします。

浄化には色々な方法がありますが、お香の様な香りの物、塩、音叉、などなど色々あります。

僕は昔、まだ自分のエネルギーが重かった頃は、お風呂に「ヒマラヤソルト」を入れて体を浄化していました。

東京は人が多く、便利な所がありますが、沢山の想念が渦巻く街でもあります。エネルギーに敏感だった頃の僕は、街に出かけて帰って来るだけで周りの想念を体に取り込み、グッタリして、家に帰って来て居ました。

そうなってくると、体やオーラの疲れを綺麗にするために浄化グッズを使う様になります。

今は、僕の感覚が鈍感になってきているのもありますが、住んでいる場所もエネルギーが良いのでそんなに浄化の為に色々な物を使う様な事は無くなりましたが、今でも使って居るのは昔、ヒーリングの先生が教えてくれた「浄化スプレー」です。

オーラソーマ

「浄化スプレー」の作り方は、オーラソーマ・クイントエッセンスの「セラピスベイ」と言う、何でしょう?香水なのかな?分からないんですが、ハーブの香りの付いた液体があるのですが、それを20滴ほどスプレーボトルに入れて、エタノールを少し混ぜ、水で割って使います。

クイントエッセンスは結構、値段が高いのですが、水で割って使うのでかなり持ちます。僕は四年前に買ったクイントエッセンスが、まだ半分程残っています。流石に古いので早く使ってしまいたいのですが、まだまだ持ちそうです。

その浄化スプレーを毎日身に付けている「石」に振りかけ、後は怖い夢を見そうになっている時、夜中起きて「浄化スプレー」を頭の上の方にかけたりします。

ネガティブな動画とかを見てしまうと、どうしても影響を受けたりしまうので、寝る前に「浄化スプレー」をかけて寝たりするのですが、スプレーをかけて以降、怖い夢を見た事は「一度もありません」

ラップ音や、何か嫌な心霊現象があるお家なども「浄化スプレー」を部屋にかけると良いかもしれません。香りも良いし、一石二鳥です。

僕は一時、オーラソーマのお香や、フラワーシャワーと言うボディソープの様な物も使っていたことがあるのですが、結構効きは良いと思います。フラワーシャワーで頭を洗うと結構、頭がスッキリしましたし、お香は焚くと結構内側のエネルギーが大きく動いたのを覚えて居ます。

ただ、オーラソーマのグッズは結構値段がしますので、消耗品としては少しお財布に響くかもしれません。

煙による浄化、スマッジング・香り

ホワイトセージまたまた、耳慣れない言葉が出てきましたが、煙で部屋を浄化する方法です。

これをやっていたのも、僕がエネルギー的に敏感だった頃ですが、部屋を煙で充満させて部屋ごと浄化してしまう方法です。

これに使ったのはホワイトセージと、パロサントと言う香木を燃やして煙をいっぱい部屋中に充満させます。「香り」がダメな人にはダメかもしれませんが、これをやると結構スッキリしました。

ただ、火災警報装置があると間違いなく作動します(笑)僕は東京に居た時、煙の多いお香を焚いただけで、火災警報装置が鳴ってしまいました。

パロサントは昔、なかなか売って居る所が無かったのですが、最近は石屋さんなどで売って居るのをよく見かけます。香りは本当に「スッキリ」していて嗅ぐだけで頭がスッキリします。好きな人は好きな香りかもしれません。

ただ、ホワイトセージに比べると、パロサントは燃やしにくいかもしれません、僕もパロサントの木片を持ってるんですが、カッターで削るかチャコールタブレットに火を付けて乗っけるかしないと綺麗に燃えません。

昔は、香りに凝っていた頃があって、樹脂やハーブなどもいっぱい買って、ナチュラルインセンスをしていた頃があるんですが、介護の仕事をする様になってからは、全くやらなくなりました。

絵を描いている時、集中したい時にナチュラルインセンスはとても良いです。香りは、本当にナチュラルで落ち着く香りです。ただ火を結構使うので、やりたい方は、火事には十分気を付けて下さい。ナチュラルインセンスはスピリチュアルだと思います。

音による浄化

シンギングボールクリスタルチューナー音の浄化は、石屋さんでも良く見かけますがシンギングボールとか、クリスタルチューナーなどがあります。家にもシンギングボールやクリスタルチューナーがありますが。

例えば僕の場合は個展を開いた時、僕の絵が沢山の人の目に触れた時などに、一応個展が終わった時は絵を浄化する為に、クリスタルチューナーを使って浄化していました。

水で洗えないとか、煙を行き渡らせるのは大変な物を浄化する時は、音が便利です。

嘘か本当か知りませんが、音叉ヒーリングで使う音叉を、果物に向けて打つと「味が変わるとか、変らないとか」そんな動画を何処かで見ました。

ヒーリングのエネルギーで物の味が変わると言うのは、音叉ヒーリングだけじゃなく、他のヒーリングのエネルギーでも良くあります。味は美味しくなると言うより、軽くなる「薄くなる」っと言う感じがしますが、ヒーリングのエネルギーで味が変わる事はありますので、音叉でも、味が変わるのかもしれません。

音は、シンキングボールのCDとかもあるので、シンキングボールを買わなくても、疲れたらCDを聞くだけでも癒されるかもしれません。

んー。。。こうやって浄化の事を考えると、僕は浄化グッズは、ほぼ網羅してる感じがします(笑)

自己浄化が進んで、エネルギー的に敏感になってくるとどうしても、こういう物に興味が行くとは思います。もし貴方が、エネルギー的に浄化が欲しいと言う時は、参考にされてみてください。


人気ブログランキング