日別アーカイブ: 2019-04-13

仕事は遊ぶと開ける

人生 楽しむ
以前石屋さんで仲良くなった店員さんが居て、また話がしたいなーっと思って、欲しい石もあったので、遊びに行くと「もう直ぐ石屋さんを辞める」っと言う話が出ました。

辞める事は知らなかったのですが「会いたいなー」っと思ったのも、もしかすると「何かの知らせ」だったのかもしれません。

彼女は自分で事業を起こし、会社に依存する働き方をしていない人でしたが、辞めて何をするのか尋ねると、他にやりたい事が出来たとの事で、その時彼女は

「もっと遊ばなければいけない」

「遊ぶと出会いが広がってもっと仕事が開けると言う事に気付いた」

と言いました。僕はその言葉を聞いた時「ハッ」としました。

ここ最近、絵を仕事にするために一生懸命頑張ろうとしていた僕ですが、何故かやる気が出ず疲れて居ました。

その言葉を聞いた時「僕には仕事を遊びにする」っと言う気持ちが全く無くて、お金を稼ぐ事に対して、凄く真面目に重く考えすぎて「気が重くなっていた」事に気付いたのです。

それから僕は絵を描く時は「遊ぶ気持ちでやろう」っと少し肩の力が抜けました。

以前のブログでも書きましたが「心が楽しい」っと感じる物を選択して行くっと言う事は、普段の生活だけではなく、仕事でお金を稼ぐ事にも繋がって居るのだっと言う事が分かりました。

「あなたなら、今の仕事を辞めても何でも出来るよ、大丈夫だよ」

っとも言われたのですが、今の僕にはまだ「介護の仕事」を辞めて「好きな事だけをする」っと言う勇気はまだありません。(笑)

世の中には、仕事を遊びながらしている人はやはり居る様です。

「皆、洗脳されてるから気付きにくいんだけど、これに気づいたら皆、好きな事を仕事に出来るのにね」

っと彼女は言いました。

正直、そこの領域に達している彼女が羨ましく思いましたが「遊んだ方が仕事は開ける」っと言う言葉が聞けただけで、今の僕にはかなり大きな気付きになったのは確かです。

人からお金を貰う事に対して「凄く重い事」の様に考えすぎて居たのは確かです。

「遊ぶんだ」っと言う気持ちで、色々な事を手掛けると、それが仕事になり開けていくのかもしれません。

ちょっと、勉強になったのでブログに書き残して置こうと思います。