月別アーカイブ: 2019年1月

ジャッジしない心ーありのままを受け入れるとはー


ジャッジ僕達は、目の前で起きる現象を無意識に「良い事」「悪い事」っとジャッジしてしまいます。そして「良い事」は受け入れ「悪い事」は自分から無意識に切り離そうとしてしまいます。

「そういう悪い所は自分の中には無い」っとしてしまうのです。

しかし、貴方がどんなに切り離そうとしても「悪い事」も、実は貴方の一部なので切り離す事が出来ません。

貴方の目の前に映る世界は、貴方の内面を映し出す鏡になっています。もしかすると貴方は、認めたくないかもしれませんが、貴方の目に映る「良い事」も「悪い事」も全て貴方の中に存在する事なのです。

貴方が「悪い事」を「嫌だ!」っと切り離そうとすると、それは貴方の一部なので、貴方の中に戻ろうとします。「認めたくない」「そんな所は自分にはない」っとしようとすると、元に戻ろうとするエネルギーに抵抗する為に、そこに執着し続け、切り離し続けなければいけなくなるため「切り離したい一部」にエネルギーを注ぎ続けることになります。

これが無意識に「執着」っと言うエネルギーを作る原因になります。

それは、エネルギーの「枯渇」にも繋がりますし、無意識に「悪い事」を引き寄せる原因にもなってしまいます。

以前も言いましたが「好き」も「嫌い」も実は同じ「執着」のエネルギーで繋がって居ます。「執着」は執着する対象を引き寄せる原動力となります。

貴方の目の前の世界で起きている事は、実はみんな「良い事」でも「悪い事」でも無いのです。

「良い事」「悪い事」っとジャッジするのを止めると、体に入っていた力が抜けると思います。それが、ありのままを受け入れられている貴方なのです。

「良い事」「悪い事」っとジャッジし自分を分けてしまうと、エネルギーが漏れて行きますし、必ず受け入れられない自分と向き合う事になります。そして「良い事」「悪い事」っと言うのは対局のエネルギーであり実は一本で繋がっても居ます。

「これは悪い事だ!」っと決めてしまうとそのエネルギーが使えなくなってしまいます。そのエネルギーが使えなくなると、そこに繋がって居る「良い事」にも影響を及ぼします。

「例えば、人を甘やかす事は悪い事」っと意味を付けた貴方が居るとします。「甘える」っと言うエネルギーを使えなくなった貴方は「人に厳しくなるでしょう」それと同時に「自分にも厳しくなって行きます」そうなった時「誰にも甘えられない」っと言う状況を作り出します。

しかし、僕らは助け合い支え合って生きています。誰も頼れなくなると、自分の力ではどうしようもなくなる様な現象を引き寄せます。「甘える事は本当に悪い事ですか?」っと貴方自身が「問いかけて来るのです」貴方は「人に甘えられない自分」っと向き合う事になるでしょう。

「助け合う」っと言う良いエネルギーと「甘える」っと言うエネルギーは実は一本線で繋がって居ます。なのでその一部を「悪い事」っとしてしまうと、繋がった良い事にも影響が出て来るのです。「厳しくて怖がられる貴方に、甘えたくない貴方に、助けてあげようとする人は現れるでしようか?」

人を甘やかす事は「良い事」でも「悪い事」でも無いのです。ジャッジしない事が、ありのままの自分を愛する事に繋がります。

そしてつまりの所「良い事」も「悪い事」も全てのエネルギーは繋がって居て、一つの所に行きつくのです。

そして行き着く一つの所とは全て「愛」なのです。

「愛」とは「光」も「闇」もすべてをありのまま良しとし、包み込んでしまう物です。
そして、僕達がありのままの自分を愛する為には、外で起きる現象も「ありのまま」に見る必要があります。

「ありのままに見る」とは「ここは受け入れるけど」「ここは受け入れない」っと分けてしまう事が出来ません。良い事も、悪い事も全て「自分」っと言う事なのです。

罪悪感は「悪い事」っと意味を付けるから起きる

ジャッジ僕達は、色々な現象に対して「罪悪感」を感じています。そして面白い事に「罪悪感」を感じると「罪悪感を感じる事」を、沢山引き寄せてしまう事があります。

例えば「食べる事に罪悪感」がある人は、いっぱい食べてしまいます。そしていっぱい食べた自分をまた責め続けるのです。そこには「いっぱい食べる事は悪い事」っと言う意味が付いています。

「いっぱい食べる事は」「良い事」でも「悪い事」でもありません。

「いっぱい食べる自分」を自分では無い、っと切り離したくて切り離し続けよるとすると、執着となって引き寄せてしまうのです。

罪悪感に支配されている人は、一度自分の何を「悪い事」として切り離そうとしているか、確かめてみる必要がありそうです。そして、その原因を見つけたらそれは「良い事」でも「悪い事」でもないっと、ジャッジするのを止めましょう。

ジャッジするっと言うのは、実は結構エネルギーを使います。切り離したい自分は、切り離したくても自分なので、寄ってきます。寄って来るエネルギーを切り離そうとするために更にエネルギーを使ってしまうからです。

全てを「良い事」でも「悪い事」でもない。っと手放してしまうと、エネルギーがすーっと流れて行くのを感じるでしょう。ジャッジしなければ、そのエネルギーの影響を受ける事をはねのける事が出来ますし、高い所から物事を見る事が出来るようになります。

思い込みを捨てる

ジャッジ僕らは、小さい頃から、親や、教師、メディアから「これは良い事」「これは悪い事」っと言う概念を植え付けられ、何の疑いもなく信じています。

それが、貴方の作る現実に「確実に」影響を及ぼしています。

ココが一つ、教え込まれた「良い事」「悪い事」に疑問を投げかけてみる良い機会かもしれません。貴方が信じている事は本当に「良い事」なのでしょうか?「悪い事」なのでしょうか?

そこに疲れている貴方は居ませんか?

ココで一つ全ての事に「良い事」「悪い事」っと意味を付ける事を手放し、この世界にあるすべての事は「良い事」でも「悪い事」でも無いっとジャッジする事を手放してみましょう。

すると、上手く行かなくなっていた事が急に動き出したり、沢山引き寄せていた「悪い事」が嘘の様に引いてしまったり、するかもしれません。

その時あなたは、ああ、この現実を作って居たのは自分だったんだっと言う事に気が付く事になるかも知れません。


人気ブログランキング

優しさの引き出し方ー穏やかな心で居る為にー

愛僕は、介護の仕事をしています。認知症のお年寄りを相手にしていますので、利用者さんに対してどれだけ優しく接する事が出来るかが日々のテーマになっています。

しかし僕も人間ですから、気持ちが落ち着いている時と、イライラしやすい時はあります。忙しい時に手を煩わされれば「怒り」も出てこない訳ではありません。

しかしながら、こんな仕事をしていますから「自分が如何に優しくなるか」に対しては、他の仕事をしている人より、もしかしたら考え方が進んで居るかもしれません。

ですので、今日は優しさの引き出し方についてお話ししようと思います。

相手を大きく包み込む気持ち

ヒーリング誰かに対して優しくなれない時、大体の人は、その人を自分と同じ位置で見ています。

例えば「こんな事も出来ないの?」っとイライラする事はよくある事ですが、その時、自分と相手の位置関係を同じ目線で見て居る筈です「自分が簡単に出来るのだから、相手も出来て当たり前」そう思っているから、出来ない事にイライラします。

しかし、人間と言うのは得意、不得意があります。あなたに出来るからと言って、相手に出来るとは限らないのです。

僕の仕事の場合「認知症のお年寄り」っと言う事もありますから特に、大きな目線で相手を見ないと「イライラ」に支配されてしまいます。

何かを出来る出来ないで判断するなら、貴方が相手より大きく上に立っています。上から目線で物事を見ろっと言っているわけではありませんが、出来ない人に対して貴方は上の立場から物事を見なければならないのです。

相手を上から見下ろすと、小さくなっている相手が見える筈です。小さく縮こまった相手は、あなたが大きな心で守ってあげなければいけません。

相手が小さく見えると「守ってあげたい」っと言う心が出てきます。相手が出来ない事で、貴方が得意とする事ならその大きな心で出来る様に「指導」してあげたり、貴方がフォローしてあげてください。

その時「甘やかす事は為にならない」っと言う心は捨ててください。それは貴方に無意識に植え付けられた概念です。甘やかす事は良い事でも、悪い事でもありません。

その思い込みを捨てないと貴方は「人に甘えられなくなります」人に甘えられない人は、先細りしていずれ苦しい立場に自分を追い込んでしまいます。この世は「助け、助けられ」の世界なのです。あなたはたった一人で、この世界を生きて行く事は決してできません。

必ず誰かから助けられているのです。

「自分は得意だが、この人はこれが苦手なのだ」っと思って優しくフォローしてあげれば、逆に貴方が苦手で出来ない事をフォローして貰う事が出来ます。この世界は持ちつ持たれつの世界です。優しさを与えれば、必ず優しさが返ってきます。

愛する人に隔たりを作らない

優しさこの世で「愛」っと表現すると、恋人、夫婦、子供など、近親者だけに「愛」を持てば良いっと言う風に受け取られる「表現」が多い様に感じます。

「愛」っと言うとこの世界では「恋愛」など、見返りを求める「愛」が主流ですが。

僕らは元々「愛」の存在です。そして「愛」が生きて行く原動力でもあります。「愛」とは見返りを求める愛では無く「ありのままの相手」を「ありのまま良し」とする事です。

外の世界の人を「ありのまま」愛せれば、貴方は自分も「ありのまま愛する事」が可能なのです。

愛する人だけに「愛」を与え、他の人には「愛」は与えないっとしてしまうと、貴方は条件の付いた所しか「自分を愛する事が出来なくなります」そして、愛する人以外の人には優しい気持ちになれないっと言う現象が起きてしまいます。

これが「争い」や「戦争」などを起こす原因でもあるのです。「愛する者を守れれば他の人間はどうでもいい」っと言う悲しい選択をしてしまうのです。

全ての人が、全ての人を「愛」する事が出来れば、この世に争いは起きません。

すべての人に「ありのままで良い」っと言う「愛」を与える存在になれてこそ「穏やかな自分」になる事が可能なのです。

僕らは自分の中にほんの少しでも「自分を愛せない所」があると、必ず苦しくなるように出来ています。外の世界は、僕らの内側を映す鏡になっています。外の世界で「愛せない他人」が居ると言う事は「自分の中に愛せない所」があると言う事なのです。

「穏やかな心」で居る為には「外の世界」の全てを「許す」っと言う事が必要です。許す事が出来た時「優しい自分」を見つける事が出来るようになります。優しい自分を感じる事は、他の誰の為でもありません「穏やかな自分」を見出す為に、自分の為に行う事なのです。

全ては一つに繋がって居るっと言うのがこの世界の仕組みです。全てを愛すると言う事は、自分の全てを愛する事に繋がるのです。

優しさに包み込まれると全てを包み込むことが出来る

愛 優しさ人に「愛」を与えられるようになる為には、まず、自分を「愛」で満たす必要があります。「愛」と「優しさ」に満ち溢れた時、初めて「外の世界の人」に愛を分かち合う事が出来ます。

当然の事ですが、僕らは「心が満たされ優しい状態」でなければ人に「優しい」気持ちにはなれませんよね。まずは自分を「愛」で満たす必要があります。

愛に満ち溢れた「コップ」をイメージしてください。コップに「愛」っと言う水が満ち溢れコップからその水があふれ出で、そのあふれ出た水が周囲の乾いた心を満たすのです。

「自分のコップ」がカラなのに「人に愛をあげよう」っとすると、それは偽善的になります。それこそ、困っている人が見離せないっと思ってしまい、借金地獄になってしまうなどと言う事もあるかも知れません。

優しさと、愛に包まれるためには、外の世界の出来事を「許し、認め」手放し、自分の愛の蛇口を少しづつ開いていき、自分を「愛」でみたしてあげてください。

「愛」に満たされた時の「幸福感」は、本当に素晴らしい物です。

僕もよく、体験するようになりましたが本当に「全てが愛おしく」感じる事が出来るようになります。全てが「愛おしい」時、自分の中に「愛」が満ち溢れます。

その時の自分は間違いなく「愛」に近づいているっと感じる事が出来ます。

本当の優しさは「一日にしてならず」かもしれませんが、日々自分の許せない所を見つけ、許し認め、手放し「愛」に満たされながら「優しさ」を追求してみるのも、とても良い刺激になると思います。


人気ブログランキング

幸せが怖いと思って居る人へ


幸せ 怖い
自分の心の状態が常に落ちているのが当たり前になっている人は「幸せが怖い」っと思う人も居るかもしれません。

また、幸せになったとしても、「無くなるかもしれない」っと思ってしまい怖くなる人も居るかもしれません。

幸せになる事は、怖い事ではありませんが「心が落ちている状態」に安心感を感じようとする人は「心が落ちている状態」を手放しにくいかもしれません。

僕も昔「心が落ちている状態」が当たり前だった時があります。その状態に慣れてしまうと「変化する事」が怖いっと思う事もあると思います。

「幸せになりたい」と何処かで望んで居ても実際「幸せになったら怖い」っと思って居るのかもしれません。

では「幸せ」とは一体どんな事を指すのでしょうか?

幸せの定義は人それぞれ違うかもしれませんが「大好きな人と相思相愛になる」とか「大金を手に入れる」とか「欲しい物が手に入る」とか思い浮かぶ限り書いてみましたが、そんな所でしょうか?幸せ=物質的に満たされる事っと捉える人の方が多いかと思います。

幸せを特別視しない

 

幸せ 怖い
「幸せが怖い」っと思う人は、幸せが心の中で何か「特別な出来事」っとなって居る人が多いかもしれません。「幸せ」とはただ単にそう感じる「心の状態」に過ぎません。

どんなに、好きな人と結ばれようとも、どんなに大金を手にしようとも、どんなに欲しい物を手に入れたとしても「自分の心が満足!幸せだ!」っと思わなくては幸せにはなれません。

また、何も無い人生を歩んだとしても「小さな出来事」に満足し「幸せ」っと感じられる人は「特別な事」が無くても常に幸せです。例えば、道端に咲いている小さな花を見ただけでも「幸せ」っと感じられる人は居ます。

幸せが怖い人は「現状に満足」する事が怖いっと言う事でしょう。常に満たされない状態で居る事が当たりまえになっているのかもしれません。

「怖い」っと思うと言う事は「幸せになる自分を許せない」っと思って居ると言う事です。ならば「幸せになる自分」を許せば良いわけですが、それでも「幸せになる自分が許せない」っと思うのであれば「カルマ」が関わっている可能性もあります。

例えば「自分のせいで誰かが不幸になった」っとか「誰かの幸せを奪ってしまった」など過去に「自分が幸せになってはいけない」っと思ってしまう様な自分を責めてしまう様な出来事は無かったでしょうか?

「自分には幸せになる資格が無い」っと思って居ると「自分を責めてしまい」幸せが怖いっとなってしまう場合もあるかもしれません。

カルマがある場合は、それがどんな出来事だったかをしっかり思い起こし、その出来事を細かく手放していく必要があります。

ただ味わえばいい

ワクワク
幸せが続くと「無くなりそうで怖い」っと思って落ち着かなくなるかもしれません「無くなるかもしれない」っと心の何処かで思ってしまうと「現実化」してしまう場合があります。

「貴方は幸せになって良いのです」

ただ、心が感じるままにその幸せを「味わってください」幸せとは「心がそう感じる」現象に過ぎません「あー幸せだなー」っと常に「現状に満足し」心の赴くままに味わえば良いのです。

そこに恐怖心は微塵も入る隙はありません。貴方が心に恐怖心の入り込む隙を与えなければ「恐怖心」が入れる余地は無いのです。

貴方が恐怖心を入れてしまう事を許可をしてしまうから、怖いっと思ってしまうのです。「私は幸せを感じる事に恐怖心を一切入れはしない」っと自分の中で決めてしまって下さい。

この世界は、貴方が付けた意味の通りに動きます。貴方がきちんと心の状態を意図して動かせば心は貴方の思いに逆らう事は出来ないのです。

それでも、恐怖心が消えないのであれば「囚われ」があると考える事が出来ます。幸せになる事が何故怖いのか?自分の心の中を覗いてみましょう。

必ず「許せない自分」が浮き上がってくるはずです。幸せになる事に対して「何を許せない」っと思って居るのかしっかり自己分析してみましょう。怖いっと思う事には必ず理由があります。

幸せになって良いと許す事

思い通り貴方が、貴方に対して「幸せになって良いんだよ」っと言ってあげる事が大切です。許しのワークになりますが、怖いっと思うっと言う事は、貴方が「許せない」っと自分を責める事で、その責めているエネルギーが自分に返って来て「怖い」っとなる事が多いのです。

貴方自身が「自分に幸せになって良い」っと言ってあげてください。貴方を「許すのは」他の誰でもなく「貴方自身」なのです。

「幸せ」っと言うエネルギーは「良い物」でも「悪い物」でもなく、ただのそう言う波長を出したエネルギーの状態に他なりません、物事は常にニュートラルです。特別な意味を与えず、ただ感じるままに味わいましょう。

「幸せになる事」に特別な意味などありません。ただ「幸せを味わう」っと決めるだけです。

大きな幸せが怖いっと思うのであれば「小さな幸せ」から少しづつ恐怖心を減らしていく方法もあります。それこそ、道を散歩してる可愛い犬を見て「可愛いー幸せ」っと思ったり、お昼に食べるご飯に「美味しーい幸せ」っと思ったり。

何でもない小さな出来事でも、幸せは十分感じる事が出来ます。そうやって少しづつ「幸せ慣れ」していくっと言うのも一つ方法かもしれません。

何度も言います「貴方は、幸せになって良いのです」

自分で「幸せになる自分」を許してあげてください。


人気ブログランキング

ワクワクする心。自分の楽しいに従う


ワクワク
自分の中のワクワクに従って生きると、運気が上がって行くっと言う話をよく聞きます。

スピリチュアルに興味のある方だと知って居るかもしれませんが「ワクワクに従え」っと言う言葉は「バシャール」などがよく言って居る言葉です。

バシャールとは、ダリル・アンカっと言うアメリカのチャネラーさんが繋がる宇宙人の名前です。
ダリル・アンカっと言う人は、バシャールと言う宇宙人とコンタクトを取り色々なメッセージをこの世界に発信している人です。

バシャールは、色々な本が出ていますが、僕は見えないエネルギーに敏感だった時、ダリル・アンカさんが「バシャール」と繋がりチャネリングをする動画を見た時、頭頂でグルグル回るエネルギーを感じた事があります。

真相は分かりませんが、何かエネルギーが動く現象が起きているのは、確かでした。

僕がこのブログを始める切っ掛けをくれた、橋本さんもワクワクに従う事は良い事っと言っていたような気がします。ワクワクする事に従う人は自分らしい生き方を掴める人なのかもしれません。

ワクワクする事っと言うのは、波動的にも良い状態だと思いますので。もしワクワクが続くならそのワクワクに従えば、良い事を引き寄せられるかもしれません。

ワクワクを引き出す為には

ワクワク
人生で「ワクワク」する事っと言うのは、なかなかあるようで、無い様な気もします。本当に自分が「楽しい」っと感じる事が見つけられたら、きっと「ワクワク」が止まらないかもしれませんが

自分から「ワクワクしよう!」っと思ってもワクワクする事は出来ないかもしれません。

ワクワクを引き出す為には、普段から自分が何を望んでいるか、自分の心の声に耳を傾ける習慣を付けないといけません。

自分の望んでいる事を見つける為には、自分が今、本当の自分の心の声で物事を判断しているか?確かめる事が必要だと思います。

本当の心の声とは「お金」や「時間」や「他人」などに判断を委ねず、自分が本当にしたいっと思う事に純粋に従う事です。

また、何かを決める時、やりたい事を探すとき、それをやっている自分を想像して「ワクワク」するか?で判断してみるのも良いかもしれません。

楽しい未来を想像するっと言う事は、その未来を引き寄せる為に必要なエネルギーを送っているのと一緒です。楽しい未来を想像し「ワクワク」を引き寄せる事が出来れば、その未来を引き寄せる事が可能になるかもしれません。

普段やらない事をやってみる

ワクワクいつも、同じ様な毎日を送っていると、なかなか「ワクワク」は引き出せないかもしれません。僕も「今までやった事が無い事」に挑戦したり「行った事のない所」に行ったりすると「ワクワク」する事があります。

「ワクワク」を引き出す為には「これからどんな事が起きるんだろう?」っと予測できない楽しい興味を引くものに、挑戦してみるっと言うのも一つの方法かもしれません。

また「何処かに行く」「何かを始める」っと言う事にエネルギーを注ぐ余裕が無い人は、外食でも良いと思います「この食べ物はどんな味がするんだろう?」っと、そんな興味を引く料理を食べに行くだけでも「ワクワク」は引き出せそうです。

最初から、大きな「ワクワク」は出ないかもしれませんが、普段から小さい自分のワクワクを感じ取り、ワクワクに従う選択をし続けると、少しづつ「ワクワク」がおおきくなって行くかもしれません。

「ワクワクに従って居る」っと言われる人を見ると、自分の望む生き方を自分らしくされている方が非常に多いと感じるのは確かです。

普段の選択をする時、その選択をしている自分を想像し「ワクワク」するか?で決めて生きて行くと、ワクワクに従いながら自分らしい生き方を見つけて生きる事が出来るかもしれません。

僕らは人生を楽しむ為に居る

ワクワクネガティブな現象を引き寄せて、人生を楽しむのも、一つの方法ではありますが、せっかく生まれて来た人生です。どうせならポジティブに楽しく生きて行く選択をしていきたいものです。

やりたい事をしないで、自分を縛り付けているのは他の誰でもなく自分です。

自分らしく、楽しく生きて行くためにも、自分の心の声を無視することなく、自分を解放してワクワクを引き寄せながら、楽しい未来を創造していきたいものです。

ワクワクは、自分の人生の羅針盤になる可能性があります。

ワクワクが、更に大きなワクワクを引き寄せる、そうして自分らしい選択をし続ける事で、自分らしい自由な生き方が出来る様になる、そんなメカニズムがありそうです。

波長の法則ですが、同じ波長の物を引き寄せるのがこの世の仕組みの一つです、ネガティブな波動を出し続ければ、ネガティブな現象が集まってくるのは確かです。

ワクワクはポジティブなエネルギーなので、ポジティブなエネルギーで居れば、ポジティブな現象を引き寄せる事も確かです。自分が普段ネガティブに従っているのか?ポジティブに従っているのか?ここで一つ考えてみるのも一つの方法かも知れません。


人気ブログランキング

イライラは成長のチャンス?ーイライラしない為にー

イライラどんな人でも、イライラする時はあると思います。特に疲れている時などはイライラしやすくなる物ですが、僕も仕事柄どうしてもイライラは湧き上がってきます。

イライラすると、そんな自分を「嫌だなー」っと思っても、ついつい抑えられずに人にぶつけてしまったりしてしまいますよね。

イライラの原因がハッキリ分かって居る「極度に疲れている時」や「急いでいる時に邪魔が入る時」などは、もう仕方が無い事かもしれませんが、誰かの言動にイライラする時は貴方の囚われている事がハッキリ分かるチャンスかもしれません。

人の言動にイライラするっと言う事は「その人の言動に許せない所がある」っと言う事です。

是非、このチャンスを使って、自分の囚われを見つけて大きく成長してみましょう。

例えば、僕の例で挙げると最近イラっとした事は、仕事の同僚が自分の仕事が遅いのにも関わらずそのせいで溜まった仕事を僕や、他の同僚にしりぬぐいをさせようと指図してくる事でした。

そこで、僕はこの同僚のどんな所にイラっとしたのか自己分析をした所

「何でも自分の思い通りに人をコントロールしようとする所」にイラっとした事が分かりました。

その時僕は「人を自分の思い通りにコントロールしようとする事」は良い事でなはいっと言う囚われがある事を発見し、ココに引っ掛かってイライラが出てきたっと言う答えに辿り着きました。

つまり「人を自分の思い通りにコントロールしようとする自分」が許せなかったのです。

外の世界は、自分を映し出す鏡です。なので、人の許せない所は「自分」の許せない所なので、この様に分析し「そんな自分」を許し、手放す作業をする事にしました。

その後、許しのワークを行った後は、前程その同僚の言動にイライラしなくなりました。

皆から嫌われている同僚ですが、僕は「許す」っと言う選択をして「何だか許せる」っと言う状態になって来て居ます。許しのワークについてはコチラの記事を参考にされてみてください。

関連記事 自分を愛せない人へ。許しのワーク

色々なイライラの対処法

自分と向き合うイライラには、色々なパターンがありますが「極限に疲れている状態」なら「ゆっくり休んで下さい」っとしか言いようがありませんが。

他には「急いでいる時」「やらなければならない事が沢山ある時」に上手く物事が進まなかったり、邪魔が入ってイライラする時などは僕の場合「拘りを捨てる事」でイライラに対処しています。

仕事によっては、なかなか出来ない状況の方も居るかもしれませんが。

僕の仕事の場合、余程の緊急の場合は別ですが、その他の業務の場合は「急がなければならない」っと言う拘り「こなさなければならない」っと言う拘りを捨ててしまいます。

「急がなくても出来る」「全部一気にやる必要はない」など、人の命に係わる事は別ですが、殆どの事が「何が何でも急がなければならない」っと拘る事は無い物です。拘って勝手に焦ってイライラしているのは「自分」の中だけの事です。

ましてや焦ってイライラしてる時などは、むしろ効率が悪くなります。

深呼吸をして一息ついて、今、自分のやらなければならない事は、そこまで重要な事だろうか?っと考え、急ぐ事を止めると気持ちが大きくゆったり構えられるようになって「イライラ」しなくなります。

「頑張らない」と似ていますが「自分で自分を縛り付けない」様にした方が、気ばっかり焦って上手く行かないっと言う状況を手放せて、効率は上がります。

大体のイライラは、自分で勝手に作り上げている事が殆どです。

自分を客観的に見る癖を付けましょう


イライラ
イライラする時は、その時は余裕が無かったとしても、家に帰った後や、リラックスした時にでも「あの時の自分は、何であんなにイライラしたのだろう?」っと考えてみると、新しい発見があるかもしれません。

どんな時も「客観的」に自分を見られるようになると、怒りに任せて行動してしまうっと言う事を防ぐことが出来ます。

「あー、今自分はイライラしているなー」っと分かるだけでも十分です。

それが分かると、イライラの波動を上手く見送る事も可能になります。鳩尾から湧き上がるイライラを、ただの感情の波っと捉えて頭の上から煙突の様に出してしまうっとイメージすると、頭頂からスッと抜けて行きます。

イライラを見るっと言う感じです。その部分に意識を向け「あいつが悪い」とか「あれのせいでイライラした」っと意味を付けずにただ見送るとスッと抜けます。

イライラはトラブルを招く原因です。自分が優しくなる為には、どんな考え方をすればいいか、常に意識しておくと少しづつ優しい気持ちになれる時が増えて来るかもしれません。

この世の中、そこまで強く拘らなければならない事など、そんなに無いはずです。


人気ブログランキング

スピリチュアルアートと関わって起きた不思議な出来事


江の島の個展僕は、二十代の頃、漫画家を目指し自分の画力をとにかく高める事に必死になって居ました。

所が、何を描いても出版社からは受け入れて貰えず、自分が何を描きたいのか分からなくなるスランプに陥りました。暫く絵から離れて居た時、ある日突然


「神様の絵を描こう」


っと言う気持ちが生まれました。

僕は、小さい頃、漫画を描くのが大好きな子供でしたが、同時に神様を題材にした漫画に興味があり、神社仏閣をテーマにした一冊の写真付きの本を買った覚えがあります。

今、思い起こすとその時から「神様の絵を描く」っと言う事が自分のテーマだったのかもしれないっと思って居ます。

僕が、漫画を描いて初めて賞を取った作品があります。

その作品のタイトルは「クロウの神」っと言う作品でした。僕はただ、何となく響きが気に入って「クロウ」っとタイトルを付けましたが、後々になってこれは「苦労の神」っと言う意味で、皮肉を込めて僕と繋がる存在達がメッセージを送って来たものだと、後になって気付きました。

必死に漫画を描いて「苦労している僕」にそんなに「苦労」してまでやるべき事なのか?っと彼らは言って来ていたのです。

僕は、2010年から本格的に神様の絵を描き始め、自分の中の絵を描く事に対しての囚われを外しながら、神様、仏様の絵を描き続けました。

その時、僕は自分の中で「描いている神様」と交流しながら絵を描いていると思って居ますが、絵を描いている時、色々なメッセージが降りてきて、それに従うように絵を描いてきました。一切の自我を入れずにただ、降りて来る指示に従い絵を描くようにして居たのです。

そうしている内に、神様との縁が深くなり、朝起きると突然、次に描く神様と繋がり「湯島天神」っと言う単語が降りてきて、直ぐに「湯島天神」にお参りに行って絵を描き始める、などと言う事もありました。

天神様

本当に導かれる様に色々な神様の絵を描きました。

その時、僕は仏画をしっかり勉強した方が良いのでは?っと思い仏画を目指そうとしました。

しかし、僕と繋がる存在は「宗教画には色々な歴史的囚われがあるので、もっと自分の感覚に従い、自由になるよう絵を描いてほしい」っとメッセージが降りてきました。

僕が書いた千手観音様は「武器は持ちたくない」っと言い、全ての物質を作るのに必要な大本の物質を手に持ちたいっと言って来たりしました。

千手観音

僕は様々なメッセージを受けて絵を描いてきましたが、本当に色々な不思議な事が起きました。

初めて、個展を開いた時、小さい子供が遠くから「わー神様がいっぱい」っと言って喜んで居たのが凄く印象に残っています。

その時、僕は「やっぱりこの絵は神様なのか」っと思いました。

絵を飾ると、何故かそこは不思議な空間に変わります。

「ここに来ると癒されるのよ」

っと、とても不思議そうにお友達を連れて、何度も絵を見に来るおばさんや

「今日は不思議とこの道を通りたいと思って歩いてきたらここに辿り着いた」

っと言われて、絵を見て喜ばれる方や

大切な人を亡くして心に悲しみを持って居たがココに来て「心が癒された」っと言われる方も居ました。

僕は、特に何も分からず絵を描いていましたが

「やはりこの絵には不思議な力が宿っているのかもしれない」っとその時、思うようになりました。

銀座の個展

二回目に個展を開いた時は、銀座で同じ志を持つアーティストさんと、合同で個展を開きました。

二人の絵が一つの空間に飾られた時、明らかにその空間は個展を開く空間では無くセッションルームの様に波動が上がっている空間でした。

そして一緒に個展を開いてくれた方と「ここは、来れる人しか来れない空間になってますね」
っと言う話をしていました。

個展が終わった時、僕の描いた絵から、今まで居た何かが抜けて去っていくのを感じました。

個展を開いて居た時だけ、波動を調整する為に、何かが絵に降りてきていたようです。その時期も、僕は霊感が開きすぎて、東京に行くのがしんどかったのですが。おかげで何とか無事に個展を終わらせる事が出来ました。

色々と不思議な事を経験しながら、絵を発表してきました。

そして、僕はこのブログを始める事によってまた、もう一つ僕と繋がる存在からメッセージを貰って居ます。正直上手く行くか、不安な所もありますが、自分のやりたいに従ってみようと思って居ます。

ヒーリングとチャネリングの伝授を受けてから、また自分のエネルギー状態が微妙に変わってきているので、僕は、自分のチャネリングに自信が無かったし、信用できないっと思ってる所もあるのですが、少しづつ信じられるようになって行ったら良いなと思って居ます。


人気ブログランキング

自分の中の常識を疑うー支配されない為にー

常識僕らは、沢山の常識の中で生きています。特に日本人は、常識やマナーなどに縛られている気がします。そこが日本人の良い所でもあり、悪い所でもあるかも知れません。

人に迷惑を掛けない節度のある心得は確かに大切かもしれませんが、常識に囚われ過ぎて「自分の価値観」を人に強いてしまったり、自由な選択が出来る筈なのに、出来なくなってしまったりするのは少し残念な気はします。

僕らは、小さい頃から色々な人から常識を学びました。まず僕が小さい頃、親に言われた事は「人に会ったら、必ず挨拶をする事」です。

多くの人が、親から挨拶の大切さを教わって居るのでは無いでしょうか?

しかしながら、常識っと言うのは人の数だけ存在します。皆が常に同じ常識の中で生きている訳ではありません。「挨拶の大切さ」を学ばずに「挨拶が出来ない人」っと言うのも居ますし、極度の人見知りで「挨拶が出来ない」っと言う人も居るかもしれません。

その時僕らは、ついついそんな人達を評価、ジャッジしてしまいます。

「あの人は挨拶も出来ない、親の教育が良くないんだ」

「挨拶しないなんて、何て感じの悪い人だ」

そう思ってしまう事は、仕方が無い事かも知れませんが、実の所「挨拶するかしないか」はその人の自由であり「挨拶はしなきゃいけない物」っと囚われているのは僕らの方かもしれません。

実際、何故挨拶しなければならないのでしょうか?

「感じが良い」「感じが悪い」はあるかもしれませんが、そこには「人に好かれたい」「人に悪く見られたくない」などの囚われもあるかも知れません。

また、挨拶をする事を誰も知らなかったら、挨拶する事は「当たり前」では無かったかもしれません。また、外国に行ったら、日本とは違う常識がありそうです。

これは、分かりやすい例として挙げましたが、この様な事だけでは無く色々な常識の中それを信じ込むことで、僕らの選択肢は制限されてしまう事は多いでしょう。

常識は僕らを縛って行く

常識例えば、沢山勉強して、いい学校に入って、良い会社に就職をして、結婚して、家を建てる。

仕事は辛いのが当たり前、お金は苦労して手に入れるのも、好きな事ばかりしていてはダメ、我慢は必要、お金は無駄遣いせず貯金する、楽する事は自分の為にならない、甘やかす事は悪い事

何となく思い浮かんだ事を言ってみましたが、僕らはそんな常識に支配されている可能性は十分にあります。

何となくですが、苦労する事は当たり前、人生はそんなに甘くない、辛いのはしょうがない、など自分の本当の心の声から目を背けさせるような常識が多い様な気がします。

実際、以前にも言いましたが、僕らの現実は僕らが意味を付けた通りになります。

辛く、自分の思い通りにならない現実を歩む人生にならない為にも、自分の中で無意識に信じ込んでいる常識を疑ってみる必要はあるかもせれません。

この世界で、成功する人っと言うのは、一般人とは違う視点を持って居ます。皆と同じ考えをしていては、飛び抜けて凄い物を作る事や、凄いアイディアと言う物はやってきません。

そんな人達は、常に「こうあるべき」っと言う常識を疑って新しい視点を見つけて居る筈です。

親が受けてきた支配は、子供に付いてきます。またメディアから、都合よく植え付けられる常識も沢山ありそうです。

「科学的根拠」は必ず信用できる物なのでしょうか?人の体に作用する「薬」は科学的根拠で作られたものだと思いますが、全ての人に同じように効くものではありません。

カロリーは取っただけ太るのでしょうか?どんなに沢山食べても太らない人も居ます。

タバコを吸ったら本当に肺がんになるのでしょうか?どんなに吸っても肺がんにならない人も居ます。また僕の父の様にタバコは吸わないのに肺がんになる人も居ます。

僕らの信じる「常識」にはどれだけの信憑性があるのでしょうか?

この世界に「絶対」は存在しません。

僕らの信じている事が、僕らの「現実」を作ります。

「全く何も信用するな!」っと言う意味ではありません。ただ、これらの常識で僕らは本当に自分の望む生き方を制限されているかもしれません。

ココで一つ、自由な生き方を選択する為に、貴方を縛り付けている「常識」を見つけ、一度疑ってみてはいかがでしょうか?


人気ブログランキング

ヒーリングの練習をした結果、掴めた感覚。

 

ヒーリング
先日、ヒーリングとチャネリングの勉強(伝授)をして貰ったのですが、先生からテキストを貰い、更に自分で練習を重ねる事をしていました。

ヒーリングとチャネリングって何?っと言う人の為に簡単に説明すると

ヒーリングとは見えないエネルギーを使って人を癒して、病気や怪我を直したり、精神的な囚われを外したりする事が出来る技術です。

チャネリングは、自分の繋がりたい高次元の存在と繋がり、必要なメッセージやアドバイスを貰ったりする事が出来る技術です。

僕は、昔から見えないエネルギーを感じる能力はあるのですが、その使い方が今一つ分かって居ませんでした。常に頭頂から出入りするエネルギーと、足がビリビリして足から出入りするエネルギーは分かって居たのですが…

「だから何?」

っと言う状態でした。

十年位前の、感覚が開ききって苦労していた時は、人の考えている事や、思って居る事が、何となく分かって居たのですが、最近は今一つ良く分からなくなっていました。

僕が昔、ヒーリングを教えて貰った先生は、その組織自体が無くなってしまい、何処に行かれたのかも不明です。なので今回の先生は、過去に自分が教えて貰った先生とヒーリングの概念が似ているっと思い、自分の心の声に従い申し込みをしました。

教えて貰った時は、正直「これで良いのだろうか?」っと自分の中で信じられない所があったのですが、練習を重ねるごとに自分の感覚が開き始めて、以前よりも体を流れるエネルギーの感覚が良く分かるようになっていきました。

そして先生から「意図」する事が大切と言う事を聞き、自分でエネルギーを「意図」して動かしてみました。すると、エネルギーが変わるっと言う感覚を、やっと掴むことが出来たのです。

ヒーリングの練習の為に、自分の身近に居る人を練習台に使わせてもらい、遠隔で体の状態がどうなっているか繋がってみると、鳩尾に違和感を感じたり、胸に詰まりを感じたり、頭に違和感があるのを感じる事が出来ました。

「このあたりに、問題があるのだな」っと理解してから

「ヒーリングする」っと意識してエネルギーを感じていると、違和感のある所、詰りのある所がじんわり暖かくなって、ヒーリングされている感覚も掴むことが出来ました。

「おー!?分かる!」っと

ヒーリングをして、初めて「出来ている」っと実感する事が出来たのです。

勿論先生に教えて貰ったっと言う事も大切なのですが、エネルギーが自分の「意図」した通りに動くっと今まで思って居なかったので、非常に大きな「気付き」になりました。

体の動かし方が分からなくて、常に脱力してる状態みたいな感じだったのかも知れません。

今回の先生も「感覚は開けてもその使い方を詳しく教えてくれる所は少ない」と言われていましたが、確かに、昔教えて貰ったヒーリングの先生方は、自分たちは感覚的に分かって居るのだけれども、それを僕に伝えるのは、上手くなかったなーっと思いました。

そのおかげで、とても苦労する事になりましたが、自力で乗り越えられたのはいい勉強になったと思っています。(それも必然だったのかも知れません)

今回のヒーリングの勉強をする前に、もう一つアメリカの人が考えたと言う別のヒーリングも、一年前に勉強したことがあったのですが、初めに教えて貰ったヒーリングと大分概念が違って居て自分の中で「これは違うかもしれない」っと思ってしまったので手を引きました。

あと「出来ている」っと自分の中で実感が持てないのも、続かない理由だったかもしれません。

ヒーリング一つとって見ても、本当に色々なやり方があるのだなっと言う事は分かりましたが、僕には一番最初に出会ったヒーリングの衝撃が忘れられず、強く体に残っているので、似た概念のヒーリングの先生に申し込んで良かったのかもしれません。

今日は嬉しい感覚的気付きがあったので、その事を書いておきたいと思います。


人気ブログランキング

自分の現実を思い通りに動かす為に必要な考え方

思い通り昨日、ヒーリングの先生から聞いた話で、勉強になった事があったのでブログの記事にしたいと思います。

それは、見えないエネルギーの世界を自分の思い通りに動かし、現実の世界にそれを具現化する為の必要な考え方についてです。

この世界で僕達は「魂、精神、肉体」っと言うように、目に見える世界と、目に見えない世界の狭間で存在しています。

以前にも言いましたが、僕らの「思って居る事」「感じている事」「考えている事」などは、他の人の目には見えませんが、僕らの中に確実に存在している事が分かる、僕達は見えない世界のエネルギー的存在でもあるのだっと言う話です。

そして、目に見えないエネルギーの世界は「貴方が意味を付けた通り」に動くっと言う話もしたと思います。

例えば、貴方が「お金を手に入れる事は簡単な事では無い」っと見えないエネルギーの世界に意味を付けると「お金を手に入れる事は簡単な事では無い」っと言う現実を引き寄せます。

これが、見えないエネルギーの世界に付けた意味通りに、現実が動くっと言う仕組みです。

僕らは人に植え付けられた「意味」の通りに生きてしまう

思い通り見えないエネルギーの世界が僕達が「意味を付けた通り」に動くのであれば、思い通りの現実を手に入れたいのであれば、自分が望む現実を手に入れる為に、自分で望む意味を付ければ良いっと言う事が分かります。

お金が欲しいのであれば「お金を手に入れる事は簡単な事だ」っと意味を付ければ良いわけです。

しかしながら、僕達は見えないエネルギーの世界に対しての意味付けを、メディアや他人の判断に委ね、依存して居る所がある事が分かります。

例えばテレビで「納豆は体にいい」っと言う「意味」を付けた内容のテレビを見たとします。僕らは自分で「納豆を食べれば健康になる」っと意味を付け毎日納豆を食べる事は無く「テレビで納豆は体に良い」って言ってたから「〇〇さんが納豆は体に良いって言ってたから」っと言う感じで、メディアや他人に「意味」を付けて貰い現実を動かしている事が、ハッキリわかるのでは無いかと思います。

この様に考えると、僕らは現実を動かす事に対して誰かから「操作」されている所があるっと言う事が分かります。

「嘘でしょう?本当に意味を付けた通りに現実が動くの?」

っと疑いがあるのであれば「意味を付けた通りに現実は動かない」っと、もう貴方の中で意味が付いているっと言う事になります。

意図する事が大切

思い通りこれは昨日先生から言われた事ですが、見えないエネルギーを現実化させるためには「意図」する事が大切だ、っと言う事を言われました。

つまり、この様にすると「こうなる」っと自分の中で決めてしまう、っと言う事が大切だと言う話です。

例えば、人前に立つ時「緊張」してしまうので、掌に「人」っという文字を書いてそれを口の中に入れて呑み込むと「緊張しない」っと言うおまじないがありますが。

「人と言う字を書いて呑み込むと「緊張」しない」っと「意図」している事が分かります。こうすれば「緊張しないのだ」っと決めると、その様に現実が動いて「緊張しなくなる」っと言う現象が起きるっと言う事です。

そう考えると、「こうすればこうなる」っと決めてしまうと、自分の中で現実を動かす事が出来るっと言う事が分かるのでは無いでしょうか?

見えないエネルギーの世界を動かす際は「イメージ」と「意図」する事が大切だと言う事が、昨日の先生の話で分かりました。

僕は、見えないエネルギーは、普段から体で感じているので「存在」はハッキリしているのですが、どうやってこのエネルギーを自分の思うように動かすのかっと言う事が分かりませんでした。

勿論、現実を動かしやすい、イメージのしかた「意図」の仕方。が存在するのは確かですが

世の中で成功している人は「成功している自分の未来」をしっかりと想像でき、それが現実化すると「意図」している「決めている」っと言う事がハッキリすると思います。

自分の未来は自分で決める

思い通りそういわれても、なかなか自分で自分の望む現実を「意図」する事が難しいっと言う人も多いかと思います。僕も見えないエネルギーの世界の意味付けを「人に委ねてしまっている」っと言う所はあります。

なかなか、明るい未来を想像できないっと言う人も多いのでは無いかと思いますが

そんな人は、自分の願い事や、なりたい自分などをノートや、紙に書き記して時々目を通しながら、少しづつ自分が何を望むのか自分の中でハッキリさせ、イメージする練習をしてみるのも良いかもしれません

自分の望む未来をありあり想像できなくても「こうなりたい自分」っという物は多分貴方も持って居る筈だと思います。

まずは、自分が何を望んでいるのかを「自分の中でハッキリさせる」っと言う事が大切かと思います。出来るだけ多くの、なりたい自分、手に入れたい現実を紙に書いて

自分が「将来」どんな風になりたいのか、どんな現実を手にしたいと思って居るのかを、しっかり知って自分が何を望んでいるかをハッキリさせましょう

ハッキリしたら望む未来を手にするイメージを固め、それが現実化するっと「意図」して行く練習をして、望む現実を手に入れるだけです。

見えないエネルギーを動かす為には「意図する」事が大切だっと言うお話でした。


人気ブログランキング

久々にヒーリングの勉強をしました。

ヒーリング今日は、また久しぶりにヒーリングの勉強をしました。

スカイプで先生のお話を伺い、アチューメントを受け、ついさっき終わった所です。先生からの話を聞く度に、自分が普段思って居る事、感じている事と同じ事をそのまま言われるので「やはり行き着く答えは一つで同じ」なのかもしれないっと感じる事が出来ました。

人のエネルギー状態と言うのは、人それぞれなので、自分の感じている事が皆と同じとは限らないかもしれない、と思いながらも、自分が経験した事をブログに書いてきましたが、このブログで僕が伝えようとしている事は内容的に大丈夫なんだな、っと改めて納得する事になりました。

そしてまた一つ新しいヒーリングが出来る様になりました。(笑)

僕はヒーラーにはなるつもりは無いんですが、ヒーリングが出来るのは、仕事柄便利かなっと思い時々興味を持つことがあります。色々なヒーリングの先生に会って話を聞くと本当に勉強になるし普段役に立つこともいっぱいなのでヒーリングの勉強はしても無駄にはならないと思って居ます。

ただ、何でもそうですが、やり続けて自分の感覚を磨かなきゃ行けないのはどのヒーリングも一緒なので、実践して行かないといけないと思って居ます。

使わなければ勿体ないっと言う感じでしょうか。

いま、このブログで今後していきたいと思って居る事についてビジョンが固まりつつあります。まだハッキリした事は今の段階では言えないのですが、自分が本当にやりたい事、自分の好きな事を勇気を持って「自分で自分に価値を付けて提供して行こう」と考えています。

おまけでヒーリングも役に立てれたら良いなーっと考えています。

とりあえずは100記事書く事を目標にしているので、あと22記事、一生懸命「何書こう?」っと首を傾げながら、頑張って書ききりたいと思って居ます。

100記事書いたら、ブログの方向性を定めて手直ししながら、自分のやりたい方向へブログを持っていく予定です。

今日は短いですが、今の近況報告で締めたいと思います。