月別アーカイブ: 2018年12月

チャンスを逃してしまわない為につける習慣

やることがない人生を長く生きていると、何かしらのチャンスがやってくる事があります。そこで、チャンスを掴んで上手く人生を歩ける人と、チャンスを逃してしまう人に分かれる事はあるでしょう。

人生を歩むうえでの選択は「やるか」「やらないか」の二つです。

特に、今ここでやらなければ、次は無いっと言う状況は良くあります。僕も「この次で良いか」っと先延ばしにして、チャンスを手に出来なかった事はよくあります。

チャンスを逃さない為に、普段から「この時」っと言う時に動けるようにする、習慣を付けておく為にはどうしたら良いでしょうか?

以前、テレビで見た実業家の話で「もし明日死ぬとしたら、ココで動くか、動かないか」っと常に考え、後悔しない選択をするっと言う話がありました。

チャンスを掴もうか悩んだ時、今ここで後悔しない選択をする為には参考になる話だと思います。

普段から直感を信じて行動するようにする

不安解消チャンスを逃してしまう人には「でも」っと言う迷いがあって行動できない人も多いと思います。

「迷う」っと言う事は、頭で色々考え「簡単な状況を難しくしてしまう癖」がついている可能性があります。頭でゴチャゴチャ考える隙を与えず行動する為には、普段から直感に従って行動する癖を付けておくと良いでしょう。

普段から「ピン」っと来たらどんな些細な事でも構いません、自分の直感を信じて感じた通りに行動するっと言う癖をつけると、直ぐに行動できる様になって行きます。勘も鋭くなって行きますので、直感は大切にしたい所です。

「思い立ったが吉日」では、ありませんが自分がやりたいっと思った事は直ぐに行動する癖をつけるのも、行動力を付ける訓練になります。

やりたい事を先延ばしにする癖を付けずに、「思いと、行動」が直ぐにセットで動くようにしておくと、チャンスが来た時、二の足を踏んで行動できないっと言う事が無くなります。

自分の直感を信じる事、やりたい事をやりたい時にやる事は、自分を信頼する事にも繋がって行く作業なので、普段から自分を信じる習慣をつける為にも、自分の声に従う習慣を付けてみると良いでしょう。

チャンスを逃す原因には「自信の無さ」も少なからず関係している物です。

自分を信頼し、勇気を持って自分の直感を信頼して行けば、チャンスを逃さず行動しなければならない時に行動できる様になります。

やらずに後悔するよりはやって後悔する

アフィリエイト 稼ぐ昔の僕は、漫画家になるのが夢でした。実力伴わず、夢は挫折してしまいましたが「やって良かった」っと今は思って居ます。

どんな経験もそうですが、無駄になる事は絶対にありません、例え失敗してしまったとしても、やらずに後悔するよりは、やって後悔した方がスッキリするはずです。

「あの時こうしていれば良かった」っと思うよりは「今の自分が居るのは間違いなくその経験をしたからだ」っと思える様な生き方をした方が、人生は楽しく生きられると思います。

心の声に耳を傾ける事を大切に

自分 信じる
普段から、自分の心の声に耳を傾ける習慣を付けましょう。心の声を無視し続けて生きていると、その内心の声が聞こえなくなり「自分が何を望んでいるのか分からない」っと言う状態に陥ってしまう事があります。

「自分が何を望んでいるのか分からない」っと言う状況は、生きていて辛いはずです。自分の望むことがハッキリわかる方が、楽しい選択をする事が出来ますし、望んだ人生を歩む事ができます。

自分の心の声を、頭で考える事で遮らず「自分は何を望んでいるんだろう?」っと常に問いかけてみてください。最初は自分の感覚に自信が持てないかもしれませんが、心の声は耳を傾けて行く内に、少しずつ大きく聞こえる様になって行きます。

そんなに大それた事を聞く必要はありません。些細な事で十分心の声を聴く訓練になります。

「今日は何が食べたい?」とか

「今日はどこに行って何をしたい?」など

簡単な事で十分です。自分に問いかけて「自分がしたい」っと思う事をしてあげましょう。その時「でも」っと言って心の声を無視しない事が大切になります。頭はノイズがいっぱいなので、自分のしたい事を邪魔する事が多いです。

雑念をクリアにして普段から頭が「静かな」な状態の人ならば良いのですが、大体の人は頭の声に邪魔されることが殆どです。

考えが邪魔してしまう時は「今の判断は自分の本心なのか、頭で考えてしまった事なのか」自分に問うようにしてみてください。判断する基準としては「自分の心がしたい」っと思った事なのか「他の何かの情報を頼りに判断した事なのか」で判断すると良いかもしれません。


人気ブログランキング

自由な生き方に興味のある方へ 橋本雅さんのブログ

自分の望む現実を手に入れるには


望む現実
昨日、ネットで石の事を調べていたら「モルダバイト」が気になり始め、ずっとしまっていた「モルダバイト」を出してネックレスを編みました。

その時、昔あった「腹の立った事」がフッと頭に浮かび、まだ自分がその事に怒っていた事にビックリし、久々に自分の内面を見つめて「許しのワーク」をする事にしました。

自分の感情や起こった事がポコポコ浮かび、一つ一つ辿って「許して行くと」最終的にたどり着いたのが「人や、自分を甘やかす事は悪い事」っと言う囚われがあるという事に気付きました。

僕は小さい頃、母親から「子供を甘やかす事は悪い事」っと言われ「欲しい物を我慢する事」を教えられました。「欲しい物を何でもポンポン与えることは、甘やかす事で悪い事」っという考えが染みついて居たわけです。

自分の中で囚われている事は大分、外したつもりで居ましたが、まだ自分の中に「甘やかす事は悪い事」っと言う囚われがあって今の現実を作っている事に気付きました。

「甘やかす事は悪い事」っと言う囚われがあると「人に甘えられない」「人を甘やかさない」っと言う行動をしまい「人に甘えられない環境」を自分で作り出している事にも気付きました。

更に心を探って行くと「甘えてくる人」が許せずにイライラする自分が居る事にも気付き

これが「お金の引き寄せ」にも関係していて「人からお金を貰う事は申し訳ない事」っという「人に甘えられない」囚われに繋がり「人から欲しい物を貰えない」「自分でお金を引き寄せる事が出来ない」現実に繋がっていたことが分かりました。

「欲しい物が何でもポンポン与えられる現実」を拒絶していたので「欲しい物が引き寄せられない現実」がどんどん自分の首を絞めている事が分かりました。

これはほんの一例ですが「お金を引き寄せられない人」にはこの様な囚われが、色々な形で影響して「お金を引き寄せられない現実」を作り出しています。

囚われを外す事は「自分の望む現実を手に入れる」為には大切な事なのだっと言う事を再認識しました。

囚われを外すにはジャッジしない事

 

人生 楽しむこの世には「良い事」「悪い事」っと決める事が出来ない事が沢山あります。

エネルギーは色々な物が絡まるように全て繋がっていて、例えば「嘘をつく事は悪い事」っと決めて囚われてしまうと「嘘」に繋がる関連したエネルギーが使えなくなってしまう、っと言う出来事が起こります。「嘘」は良い意味でもつかなければならない時もあります。

それらが全部自分の中で「ダメな事」っと囚われると「嘘」をつかなければならない所で「嘘」がつけずトラブルを引き寄せたり「嘘をつく人」を引き寄せたり「嘘をつく自分」を責めてしまったりするようになります。

なので全ての物事は「良い事でも、悪い事でも無い」っという風にジャッジしない事が大切になってきます。

「否定も肯定もしない」が「ありのままの自分を愛する」事に繋がって行きます。

昨日の記事でも、この世界は二極に分かれているっと言う話をしましたが、この二極は突き詰めると、風見鶏の様に反転してクルクル回りだします。

例えば「正義」を突き詰めて行くと「悪」に変わったり「悪」を突き詰めると「正義」に変わったりします。なので、あまり二極の極の方へエネルギーを持って行く事は「意味が無い」事が分かると思います。

昨日も言いましたが、僕らは「熱いお湯」にも「冷たい水」にも入れません、僕らが心地よいと思う程よい温度に留まる事が一番居心地が良いはずです。

「良い事」「悪い事」っと言うのも二極のエネルギーです。「良い事」は突き詰めると「悪い事」に繋がり「悪い事」は突き詰めると「良い事」に繋がります。

この二つのエネルギーは固定しない方が、自由に「程よい」所を行き来する事が出来るようになります。

僕達は大人になるにつれ、沢山の「良い事」「悪い事」を身に付ける様になりますが、これが凝り固まって沢山溜まってくると「色々な視点から物事を見る」っと言う事が出来なくなる原因になっていきます。

「良い事、悪い事」っと決める事はエネルギーを固定する事に繋がるので、内面で流れる筈のエネルギーが、そこで止まってしまいエネルギーが詰まって流れないっと言う現象も起きます。

エネルギーが体の中を綺麗に流れて行かなくなると、エネルギーの流れない部分が病気になったり「分かって居るのに出来ない」っと言う現象を引き起こす事があります。

囚われはスピリチュアル的な観点から見ると、出来るだけ少なくした方が、人生を送る上で身軽になれると思います。

身軽になれると言う事は「考えすぎて行動できない」などの現実を作る上での障害も打ち溶かす事ができます。

人は歳を取れば取るほど、知識や経験の囚われが強くなり、その囚われは外しにくくなりますが「自分の望む現実」を作り出す為にも、自分の「良い事、悪い事」をもう一度見直してみる必要もあるのかもしれません。

ポジティブなエネルギーの甘い罠

ポジティブ今年も残す所、後2日となりました。上の写真は今朝、帰り道に撮った。お気に入りの場所からの風景です。僕は年末が大好きです。

何でだかは分かりませんが年末が近づくと大気の空気感が変わります。

「ピーーーーン」っと張りつめた様なクリアなエネルギーに、新しい年の訪れを感じてワクワクします。空気が澄んでいると言うか、クリアになると言うか何と言うか、何故年末になるとこの様なエネルギーに変わるのか、分かる方が居たら是非教えてください(笑)

さてさて、あなたは今頃どんな年末を迎えていますか?
良い年を迎えられることを心よりお祈りいたします。

それでは今日の本題に入りましょう。

ポジティブなエネルギーの甘い罠

悩まないこの世界は二極に分かれている世界です。勿論中間のエネルギーもありますが。ポジティブ、ネガティブも二極のエネルギーのうちの一つでしょう。

あなたは、ネガティブなエネルギーとポジティブなエネルギーにどんな印象をお持ちですか?

多分多くの人は、ポジティブは良いエネルギー、ネガティブは悪いエネルギーと言う印象を持って居るかもしれません。

しかしながら、実の所、この二つのエネルギーはどちらが良くて、どちらが悪いっと言い難い物なのです。あなたは「暑い、寒い」「男、女」「早い、遅い」「暗い、明るい」「上、下」「個体、液体」などの物に良い悪いを付けられますか?

「ポジティブ」「ネガティブ」っと言うのは極で分かれて存在しているエネルギーな訳ですが、これが緩く中間に向かうと「安らぎ」「落ち着き」などに変わって行きます。

僕らは「あっついお湯」も「冷たい水」も入れませんよね、僕らにはいい気分に浸かれる中間の温度のお湯、水の温度があるように、ポジティブ、ネガティブにも程良い中間があるのです。

そこで、ポジティブなエネルギーが良いエネルギーと信じる方にはちょっとだけ残念なお話をしたいと思います。

僕が、自己浄化を進めている時の話です。僕はある日突然、僕の中で物凄い「喜び」の感情が湧き起こるのを感じた事がありました。

人が強い「喜びの感情」を感じると、どうなるか分かりますか?「喜び過ぎて異様に高いテンション」に憑りつかれる様になります。

これって、精神的にどういう状態でしょう?

そうです、皆が引くぐらい興奮状態になるのです。この状態では冷静な判断が出来ません。

ちょっと前に天河神社に行ったときの話をした事があると思います。

関連記事 日本の不思議な場所 天河神社体験談

この時一緒に行った。霊感のある彼女が、正に天河に行った時この状態でした。僕が引くぐらい「喋りまくって、喜びまくって、笑いまくって」それは結構、異様な光景でした。

双極性障害っという病名もありますが、喜びの感情も強すぎると精神に異常をきたします。喜びを感じてる本人は幸せかもしれませんが、周りは「危ない人」っと思ってかなり距離を取りたくなるはずです。

酔っ払いが良い気分になって、異様に高いテンションになってるのを素面の人が引き気味で見るような感じと似てますかね。

そして、人はポジティブなエネルギーに慣れていない所があります。いい気分になると気持ちが良いので、その感覚を手放せなくなるのです。

僕も強烈な「喜びの感情」には結構、手古摺りました。「辛い感情」は手放しやすいのですが、「喜びの感情」と言うのは、手放すのが結構難しいので、実は厄介なエネルギーなのです。

ポジティブなエネルギーも手放す。

ポジティブポジティブなエネルギーを手放せないとどうなるか?

っと言うと、上に上がるエネルギーに意識が持ってかれるっと言う現象が起きます。

ネガティブが「ズーン」っと下に落ちるようなエネルギーだとすると。ポジティブは「パアアー」っと上に上がるエネルギーなのです。

エネルギーは体の中心を常に上下に流れています。これを執着して止めようとすると、上に引き上げられたり、下に引き下げられたり、不安定な精神状態になるのです。

流れる川の流れを塞き止めようとすると、水圧が掛かって流されますよね

どんなエネルギーの流れでも、ただありのままに眺め、見送るっという事をしないと、ポジティブ、ネガティブのエネルギーで上下に振り回される事になってしまいます。

手放す感覚としては、川の中に入らず、上から川の流れをただ眺める感じ。っと言う表現が一番良いでしょうか?

川は、流れているから川なのです。ある一定のこのポイントが気に入ったからと言って、そこで流れを止めたい!っと思ってしまうと、川の水はあっという間に淀んでしまいます。

エネルギーを感じて生きるっと言う事は、そういう勉強の積み重ねになります。

誰も、何も教えてくれませんから、孤独な作業です。

エネルギーの感覚が分かってくると、自分にとって良い温度っと言える、お湯や水に浸かって、まったりするっと言う事が出来るようになります。

僕の父も双極性障害でしたが、見事に、昔の僕も受け継いだ状態でした。今は上手く抜け出せて本当に良かったと思って居ます。

「強烈な喜びの感情」を味わうっと言う事自体が、あまり無いかもしれませんが「嬉しい」が強くなりすぎて、憑りつかれるように冷静な判断が出来ない時などは

ちょこっとだけ僕の話を思い出してください。


人気ブログランキング

本当の幸せを掴むために

愛
幸せの形には、沢山の形があります。人それぞれ幸せを感じるポイントも手に入れたい現実も違うでしょう。

もしかすると、過去の記事で言ったかもしれませんが、僕達の幸せはメディアによって作られている事があります。

恋人や結婚

地位や名声

お金や富

これらの幸せは、あくまでも形的な物でしかありません。

それはどういう意味かとと言うと、物質的にこれらの事柄に満たされたとしても、あなた自身が「幸せ」っと感じられなければ、本当の意味で「幸福になった」とは言えないからです。

また、物質的に豊かになれなくても「今が凄く幸せだ!」っと感じられれば「その人は幸福である」っと言えるでしょう。

では、僕達は本当の幸せを手に入れる為にどうしたら良いのでしょうか?

幸福感を感じる練習をする

幸福感僕達は「満たされた事」を数えるより「足りない物」にばかり目が行く傾向にあります。

つまり、どんなに沢山の豊かさを手に入れても、手に入れた豊かさは忘れてしまい「まだ手に入れて無い豊かさ」ばかりに目が行ってしまうのです。

例えば、生活的には不自由しておらず、ちゃんと暮らせて居るのに「恋人が居ないから幸せじゃないのだ」っと思ってしまったり、大切な家族に恵まれて居ながら「旦那の給料が少ないから幸せじゃないのだ」っと思ってしまったりします。

この状態を僕は「幸せを追いかける状態」っと表します。

幸せは追いかけると「永遠に手に入りません」何故なら、追いかけて手に入れても、また足りない所に目が行き、永遠の追いかけっこを続けてしまうからです。

幸せを追いかけ続けて居れば、満たされることは永遠に無くなります。

僕達が、幸福感を感じる練習をする為には「手に入れていない豊かさ」に目を向けるのではなく「今ある豊かさ」に目を向ける必要があります。

手に入れている豊かさに目を向け「満足」する事が出来れば「自分は豊かだったのだ」っと言う事に気づけて「幸福感」を感じる様になるはずです。

幸せを追いかける時、人は未来に意識が繋がります。「まだ手に入れていない未来」に繋がると、エネルギーが未来に奪われていきます。僕らが存在できる現実は「未来」でも「過去」でもなく「今この時、この瞬間」のみです。

意識が、過去や、未来に繋がってエネルギーが奪われると「もう無い」または「まだ無い」物にエネルギーが行ってしまい「今ここ」からエネルギーが無くなってしまいます。

エネルギーが何かに奪われると「更に満たされない」っと言う状態になって行くので悪循環になります。

僕も昔、エネルギーが「今、この時、この瞬間」から遠のいて居て、意識の感覚と、体の感覚がブレて、今この時、この瞬間の現実を感じられなくなっている状態の時がありました。

僕ら人間は「今、この時、この瞬間」にしっかり、感覚と体が感じられないと「幸福感」を感じられなくなるように出来ています。「今、この時、この瞬間に、生きている!」っと感じられる事が「幸福感を呼ぶ」カギになります。

今、この時、この瞬間に生きる事は、簡単なようで難しい?

無条件の愛
「今この時、この瞬間」に生きるとは、簡単なようでなかなか難しい物です。何故なら多くの人が「今この時、この瞬間」から逃げたくなっているからです。

もし、逃げたい現実がそこにあるなら、現実的に逃げる方法を見つければ良いのに、多くの人は現実的に逃げる方法を考えるのでは無く「意識だけ」で逃げようとします。

これを僕は「今そこに居ない状態」っと言います。

「自分の望む現実」がそこにはないっと思ってしまうと、人は無意識にそこから「意識だけ」逃げ出してしまいます。

しかしながら、認めたくは無いかも知れませんが「今この時この瞬間」にある現実は、紛れもなくあなたが「望んで作り上げた現実」に他ならないのです。

僕達は、顕在意識より潜在意識で物事を引き寄せる傾向があります。「こんな現実望んでない!」っと貴方は思うかもしれませんが、僕達は無意識に刷り込まれたり、囚われたりしている、心の状態を、現実に引き寄せてしまうのです。

分かりやすく言うと、例えば過去に「貴方に対して意地悪をした人」が居るとします。貴方は無意識に「意地悪をした人を許せない」っとずっと思ってしまうでしょう。

「許せない」っと言う感情は「執着」となって現れます。「ずっと許せない」っと言う状態が続くと「許せない人への執着」が続くので「許せない人を引き寄せる」っと言う形で表れて行きます。

これを「許す」っと言う状態に持っていくと「許せない事を手放す」っと言う状態になります。

手放すと「許せない物」に対する囚われが外れるので「意地悪な人を引き寄せる」っという状態は無くなります。

分かりやすく説明出来ているか心配ですが「好き」と「嫌い」は対局にあるように見えて、実はどちらとも「執着」っという同線上のエネルギーで繋がっているのです。

では何故「好き」では無く「嫌い」な物を引き寄せてしまうかと言うと、それはその人、その人によって囚われは違うので、一概には言えませんが「好き」より「嫌い」に対する執着の方が強い可能性がある事と、僕らは「囚われ」を外す為にこの世に生きているっという「課題」を持って生まれてきているっと言う事でしょう。

つまり、神様は「今あなたはこういう現実に存在しています」「嫌だと思うならば自分で変えて行きなさい」っと言っているっと言う事でしょう。どちらにしても「ありのまま」の貴方を「ありのまま」受け入れているのが神様です。

あなたがどんな人でも。どんな現実を引き寄せたいと思っても神様は「ありのまま」貴方の望む現実を与えている訳です。

今この時、この瞬間に生きると言う事は「ありのままの自分を許す」っと言う事でもあるかもしれません。

ありのままの自分を許す為には

人生 目的ありのままの自分を許す。っと言う事は「許せない物」を許す作業を行い「愛」の存在に帰って行く作業。っと言えます。

本当の幸せ、を感じる為には「自分を愛する」っと言う作業は欠かせません。何故なら僕らは「愛」が無いと、上手く生きて行く事が難しくなるからです。

車が「ガソリン」で動くように、僕らは「愛」を原動力にして生きています。「愛」っと言うのはこの世の「恋愛」の様な「見返りを求める愛」では無く「ありのままの存在を受け入れる」「無償の愛」です。「無償の愛」を貴方に与えられる人はまず居ないと思って下さい。

「無償の愛」に繋がる為には「あなたが愛に繋がる」っと決めて「自分を無償の愛」で満たす事が必要です。何故なら貴方を100%理解し、認められるのは「貴方」しか居ないからです。

「幸せを追いかけてしまう」っと言う行為は、ある意味では「愛」に満たされていないっと言う状態でもあると言えるでしょう。

「あれを手に入れれば「愛」で満たされる」っと信じて、追いかけてしまう行為でもあるのかもしれません。

どちらにしても、僕らは「愛」に枯渇すると「愛」を追いかけたり、求めたりしてしまう生き物です。「無償の愛」はお金でも、パートナーでも、地位や名声でも手に入れる事は出来ません。

「無償の愛」は「ありのまま」の自分をあなた自身が「許し・認め」少しづつ神様に繋がって行く事で、手に入れる事が可能な物なのです。


人気ブログランキング

自由になりたい!と思って居る人へ

 

自由になりたい自由になりたいっと思う人は多分、沢山いるでしょう。僕も自由になりたい人間です。

ただ、自由にはいくつかの種類があります。

お金や、物に苦労せず自由に生きられる、物質的自由。

何物にも囚われず生きる事が出来る、精神的自由。

です、どうせなら両方手に入れた方が、幸せになれそうですが、例えばどんなにお金があっても、その本人に精神的囚われがあれば、簡単に道を踏み外す事もあります。

また、どんなに精神的に囚われが無くなっても、お金に苦労していては楽しい人生を送れないかもしれません。

しかし、基本人間は「今が一番、幸せだ!」っと感じる事が出来れば、どんな生き方でも出来る物なので、お金が無くても幸せになれる人は、なれます。

そう考えると「いつでも幸福感を感じて生きられるように」精神的自由をまず手に入れる事が一番なのかもしれません。

どんなにお金があっても、精神的に自由にならなければ満たされないままです。

精神的囚われを外すには、まず貴方が今、信じている自分の思い込みを違う角度から見る必要があります。例えば「お金を手に入れる事は難しい」とか「お金は苦労して手にするもの」などの思い込みを一度疑ってみる必要があるかも知れません。

貴方が自分で付けた意味が、貴方の現実を作ります。お金に苦労しない人は「お金を手に入れるのは簡単な事だ」っと思って居る筈です。

いきなり「お金を手に入れる事は簡単だ」っとは簡単に思え無いでしょうが、お金を手に入れる事が簡単だっと思って居る人の考え方を、少し意識するだけでも違う人生を送れるかもしれません。

お金が無く自由になれない人と、お金があって自由な人は「考え方」が違います。お金と自由を手にしたければ、お金と自由を手にしている人の生き方を覗いた方が良いでしょう、自分とは何が違うのか、それが分かるだけでも、現実の作り方が変わってきます。

豊かさを引き寄せる為には人に与える人になる事?

 

自由になりたい全く労働の義務が無くなり、やる事が無くなった時、あなたはどんな生き方をするでしょうか?

「毎日遊びまくって暮らす」っと言う人も居るかもしれませんが、人間と言うのは遊び続けると、大体の人はいつかは飽きます。その内、何かやりがいのある事は無いか?っと探し出すものです。

僕の職場で一緒だった同僚が「お金持ちが最終的に残る欲求は何だと思うか?」っと質問してきたことがあります。その同僚は若い頃、会社の経営者で、お金持ちを沢山見て来たそうです。人間は全てにおいて満たされてしまうと最後に残る欲求は「人を喜ばせたい」っと言う欲求だけが残るっと言って居ました。

経済的に成功を治めている経営者が「人の為に」っと言って始めるビジネスが上手く行くのはその為なのかもしれません。

この世界は「与えたものが返ってくる世界」っと言われています。悪口や意地悪を人に与えれば、悪口や意地悪がその人に返ってきます。

っと言う事は、豊かさが返ってくる為には「豊かさを与える」人になれば良いのでしょうか?

経済的にゆとりのない人達が、「人に何かを与える」っと考えるのは、なかなか覚束ない考えになってしまうかもしれませんが「人を喜ばせたい」っと言う気持ちで人生を送れば、もしかしたら豊かさを引き寄せる事が出来るかもしれません。

僕がこのブログを始める切っ掛けをくれた師匠も「人に与える事の大切さ」について書いて居ました。

お金が欲しいからと言って「お金を人に与える」っと言う事はなかなか難しい物ですが「人を喜ばせたい」っと思って生きる事は、お金が無くても出来そうです。僕も、このブログが悩んでいる人の力になれば良いなーっと思って、一生懸命更新しています。

この記事が、あなたの力になれば幸いです。

PS もし、貴方が経済的に自由になりたいっと思われるなら、僕がこのブログを始める切っ掛けをくれた「橋本雅」さんのブログを参考にされるのも良いかもしれません。彼はアフィリエイトで「時間の自由」「経済的自由」「人間関係の自由」「場所の自由」と言う四つの自由を手に入れた方です。

橋本さんの生き方は、豊かさを引き寄せる一つの方法ではありますが、単純に「お金が欲しい!自由になりたい!」っと思って居るのであれば参考になる情報であると思います。僕は橋本さんとは違う道を模索し始めましたが、彼の情報は、とても勉強になりましたし、参考に出来る部分も沢山あり、このブログに活かしています。


人気ブログランキング

仕事が続かない事は悪い事じゃない!自分に合った仕事とは?


仕事 疲れる仕事が続かないと悩む人は多いと思います。

「仕事が続かない人」っとレッテルを貼られると何だか罪悪感さえ感じてしまいそうですが、仕事が続かない事イコール悪い事っという思い込みは、少し違うかもしれません。

求人広告を見て、これなら出来るんじゃないか?っと決めて働いてみても、実際にやってみると、思ったよりキツかったり、嫌な事が出たりする事は多い物です。

仕事が続かないと、色々な面で評価されにくくなりますが、果たして仕事が続かない人が悪いのでしょうか?

実際、仕事と言うのは、始めたばかりの頃が一番キツイのは確かです、仕事にも慣れていなくて、緊張しながらたどたどしく仕事をしていれば、職場の先輩から色々注意を受けたり、怒られたり
、覚える事も多くて、頭がパンクしそうになったり、何が分からないのかすら分からず不安になったりするものです。

石の上にも三年と言いますが、三年位我慢して、やっとやってることに慣れて来たりするものですが、僕も今の仕事に五年程勤めてますが、今でも辞めたくなります(笑)

僕が今の、介護の仕事をして、一番続いているのはこの仕事だけだと思ってます。しかし、別に居心地が良いわけでも、楽な仕事な訳でもありません。ただ、続けないとご飯が食べられないから仕方なく続けているだけなんですが。

僕の場合、助けてくれる人が誰も居ないので、もう働くしかないので辞められないだけです。もし、辞めても生活が出来る状況なら、多分この仕事は続いてないと思います。

仕事が続かない人の中には気持ちの弱い人も居るかもしれませんが、自分に合った仕事っと言う物が、無いっと言う理由も十分考えられるのでは無いでしょうか。

実際、お金を貰うとなれば、嫌な事も我慢してやらなければならないのが、殆どの仕事について回る問題です。

「それが当たり前だ!お金を貰う事に楽な事などない!」

っと言われてしまえば何も言えませんが、働き方っと言うのは、本当に色々なやり方があります。ただ僕達は、その知識があまり無いだけかも知れません。

仕事を探そうと思ったら「ハローワーク」に行くか「求人広告」を見るか「ネット」で求人を探すか?しか探す手立てな分からない物です。

そんな限られた情報の中では、働ける職種は大体決まってしまいますし

そんな限られた職種の中で、自分に合った仕事を見つける事自体がそもそも無理がありそうです。

自分に合った働き方を探す

一人で出来る仕事では、自分に合った仕事を探す為にはどうしたら良いのでしょうか?

僕らは、会社に雇われて、嫌な事を我慢して、時間の切り売りをしなければお金は貰えない、っと言う思い込みを捨てて。新しい働き方を模索する必要があるのかもしれません。

実際に僕が、楽しそうに仕事をしている人達で出会った人達は皆、会社に雇われる事無く、自分の足で立って、自分でお金を生み出している人達が殆どです。

自分の好きな事をとことん追求して勉強し、それを仕事にする人、インターネットを使って収入を得て、自由に仕事をしてる人など、思いつく限りでは、この位ですがまだまだ探せば色々な働き方をする人を発見できるかもしれません。

仕事が続かないのなら、続けられる仕事を自分で作る事もありなのかもしれません。

昔「自分に当てはまる仕事が無いから、自分で当てはまる仕事を作った」っと言っていた人が居ました。

その人もまた、独立して会社に依存する働き方はしていませんでした。

今はインターネットと言う便利な物があります。店舗が無くても、お店を作る事も出来ますし、自分の知名度を上げて、セールスをかけるアフィリエイトっと言う働き方もあります。

インターネットを使ってビジネスを展開している人は少しづつ増えてきています。この様な便利な物を、ただの暇つぶしの道具位にしか利用しないのは勿体ないかもしれません。

僕もまた、インターネットを使ってお金を稼ぐ方法を見つけ、今正に実行中です。

今の段階では、働きながら副業として始めているので決して楽ではありませんが、やらなければ分からない、色々な可能性を秘めた仕事なので、やりがいは感じます。

始めるリスクも少なく、やろうと思えば出来てしまうのがインターネットを使ったビジネスかもしれません。

インターネットだけでは無いかもしれませんが、本当に自分がやりたい事を見つけ、それを仕事にする事は十分ありなのでは無いかと思います。

仕事が続かないなら、続けられそうな仕事を自分で作る、始めるのに少し勇気が要りますが「自分の本当にしたい事って何なんだろう?」っと真剣に考えて実行してみるのも一つの道かもしれません。

PS 僕はアフィリエイトに可能性を感じて始めています。上手く軌道に乗せれば、自由な時間、自由な場所、自由な人間関係、経済的自由も手に入る可能性のある仕事です。

興味のある方は、僕がアフィリエイトを始める切っ掛けをくれた「橋本雅」さんのブログも参考にされてみてくださいね。


人気ブログランキング

やる事が無いと悩む人へ

やることがない仕事が終わり、休日や空いている時間にやる事が無く、何となくテレビを見たり、スマホをいじったりして時間が過ぎてしまう人は結構多いかもしれません。

僕も「休日に絵を描こう!」っと思ったり、このブログを始める前などは、何となく時間が過ぎる事に「これで良いんだろうか?」っと疑問を抱きながらも、何もせず時間が過ぎて行く時期もありました。

僕の職場でも「家で何もする事が無いから良いんだ」っと言って、仕事の時間が終わっているのにも関わらず、いつまでも職場に残って、仕事をしている上司などが居ますが

人はやはり、目標を持って何かをやっている方が生き方にも張りが出てきますし、時間もあっという間に過ぎて行きます。

気持ちのリフレッシュにもなりますから、何か始めてみるっと言う事は大事かもしれません。

僕の住んでいる場所は、休日の過ごし方を楽しんでいる人が多い地域です。綺麗な海があるせいか「海際をマラソンで走っている人」「サーフィンを楽しむ人」「釣りを楽しむ人」「自転車に乗っている人」など、皆がアクティブに過ごしています。

人は、何かをやろうと思った時、環境が整って居る事も重要なのかもしれません。綺麗な海が傍にあれば、何もやる事が無くても海際を散歩したくなったりします。

僕も休日何もやる事が無い時は、外に出たりして「外食」したり、カフェを探して楽しんだりすることもありました。

しかし、何もやる事が無いからと言って「なんでも良いから始めてみる」っという気持ちにもあまりならないかもしれません、やっていて楽しい事でなければやりたい事も続きませんし、やっていて楽しい事っと言うのは、見つけるのも難しい物かもしれません。

しかし、何でもそうなのですが、始めてみないと「楽しかどうか」っと言うのは分からない事があります。例えば「毎日マラソンをしよう」っと思ったとして、実際にマラソンをしてみない事には、走っている時の気持ちよさや、楽しさに気づく事は出来ないものです。

僕も友人に「スノーボード」に誘われたことがありましたが、その時、全くスノーボードに興味がありませんでした。所がやってみると意外に面白くて「楽しい」っと言う事が分かりました。

やることが無いっと悩んでいる人は、友人がやって居る事に「乗っかってみる」っと言う事をしてみるのも良いかもしれません。

何かを始めるのには心の状態が大切

仕事 生きがいやる事が無くて「何かを始めよう!」っと思った時、体を動かす体力も必要ですが、何かを始めよう!っと言う「気力」も大切になると思います。

心の状態は特に重要で「やる気」に満ちていないと、何かをする事は出来ません。

もし、貴方が「やることがない」っと悩んでるなら、今、自分は何かを始める気力があるかどうか?っと言う事に目を向けてみてください。

やる事が無いっと言う事は実際無い物です。やる事は探せばどんな物でもあります。

部屋を掃除してみたり

外を散歩してみたり

何処か楽しそうな所に出かけてみたり

何かを始める為に色々調べてみたり

出来る事があるのに「やることがない」っと思うのであれば、やりたい気持ちがあるのかどうか?心の状態も探ってみる必要があります。

やる気力が無いのであれば、何かを始める事は難しいと思います。

心が、「やりたい」っと、気力に満ちてない人は、まず心を疲れさせている原因を探り、気持ちを休ませる必要があるでしょう。

やる事を決めてやってみる

やることがないやることがない、っと思って居て「何かを始めたい気持ちはある」っと言う人は、休日の前日などに「明日やる事」っと言うのを決めてしまう方法があります。

僕も、次の日の休日に「何もやる事が無い」っと思ってしまうと、エネルギーの置き所なく「夕方まで寝てしまう」っと言う事があります。

そういう時は、前日に「明日、ココに行って、何をして、どうする」っと決めてしまうと、決めた通りに何かをする為の気力が出て来ることがあります。

何でも構いません、気乗りしなくても「行った事の無い所に行って、その場所を散策する」でも良いと思います。

そこで新たな発見があって、やりたい事が見つかるかもしれません。家に籠っているより、外に出てみる事が良いと思います。

「外に出たくてもお金が無い」っと言う人も居るかもしれませんが、お金を出来るだけ使わずに、外出を楽しむっと言う方法もあります。例えば、自分でお弁当を作って、近くの公園に出かけるっと言う手もあるでしょう。

僕は「1000円散歩」っと言う物をしたことがあります。江の島まで海際を歩いて、吉野家で牛丼を食べて、江の島で100円のお饅頭を食べて、弁天様の神社でおみくじを引いて帰ってくるっと言う様な散歩コースです。「いかにお金を使わないか」っと言う事を考えながら散歩するのも結構楽しいです。

やることがない、っと言う事は決して無いと思います。「自分でやる事を作る気が無い」だけです。やろうと思えばどんなことだって出来ます。

サーフィンや、サイクリングなんて、突然できないっと思うかもしれませんが、観光地に来れば自転車も、サーフボードも貸してくれます。

ヨガやフィットネスなども、一日無料体験が出来る所もありますし、安い金額で体を動かす事が出来る施設も、探せばいっぱいあります。

やるか、やらないかを決めるのは貴方の気持ち次第なのです。

受け身ではいけない事

やることがない人生がつまらないと感じるなら

の記事でも書きましたが、楽しい事、やりたい事っと言うのは、誰かから与えられるのを待つ物ではありません。

人生を楽しむ事ができる人っと言うのは「楽しい事を自分で作れる人」です。

「誰かから与えて貰う」っと言う気持ちがあるとするなら、ずっと楽しい事は見つからないでしょう。「楽しい事、やるべきことは自分で作って行くものなのだ」っと、気持ちを変えて、やるべきことを自分で作って行くように、持っていきましょう。

やることがない、などと言う事は決して無いはずです。「やる気」があるのであれば、やる事を自分で作って、アクティブに人生を楽しんで行きましょう。

引き寄せの法則。お金は本当に引き寄せられるのか?

お金 アフィリエイト
★この記事もスピリチュアルな内容です。読める方だけ読んで下さい。途中で読めなくなっても構いません、無理せず、読まれる方の判断にお任せします★


昨日、ふと気になって「引き寄せの法則」について調べていました。

「引き寄せの法則」とは、自分の「思考」や「思い」が今ある状況を引き寄せているっと言う法則ですが、これを上手く使えば、理想の現実や、お金、理想の恋人などを引き寄せる事が出来るっと言う物でした。

その中で、思考や、思いは波動を放っていて、その波動と同じものが引き寄せられるっと言う事が書いてありましたが「類は友を呼ぶ」っと言う意味では同じ波長の物が引き合う可能性は十分にありそうな気がします。

しかしお金を引き寄せる為に「私はお金持ちだ」っと思うようにしたり「疑うことなく常に明るい気持ちで居る事」「もうお金が手に入ったと強くイメージする」っと言う所にはどうしても疑問を抱きます。

このやり方でやって行くとどうしても「気」が浮足立ってしまいます。

「信じる」っとは、頭で理解できる領域では無い物です。頭で無理矢理信じ込むことは、信じて居ないのと一緒です。

確かに見えないエネルギーの世界は意味を付けた通りに動きますから、いい意味を付けた方が良いのですが「潜在的に信じていない物」に無理矢理いい意味を付けたとしても「本心」は信じて居なければ、現実を動かすことは難しいでしょう。

「本心」から信じる為には「納得」が必要になります。心にストンと落ちる状態、つまり現実が何かしら動かなければ「納得」する事は難しい物です。

それほどに「信じる」っと言う事は難しい物なのです。

では、潜在的な「疑い」を無くし、心から信じる為にはどうしたら良いでしょうか?

ここには「経験」が必要になるはずです、現実が動いてしまったっという「経験」です、これが一つでも出来ると、納得する事にはどんどん加速がつきます。

僕が見えないエネルギーの世界を信じられるようになったのには「変わるはずが無い」と信じていた「外の世界」が変わってしまったことにあります。かなりキツイ経験でしたが「二度」外の世界が変わってしまう経験をしています。

外の世界が変わってしまった時は、自分の目を疑いましたが。「現実が動いた」事実は自分の記憶にしっかり残っているので、信じざるを得なかったのです。

そして、人が放つ波動は根本的な所から変えて行かないと「変わらない」っと言う事があります。僕達は沢山の「課題」を抱えてこの世に生まれてきています。根っこの部分を直さずに上澄みだけで「お金持ちになった」っと思い込んでも「お金を拒否している根本的な理由」を知らなければただの思い込みの領域から抜け出すことは出来ません。

しかもその課題をクリアするためには、その前段階でクリアしなければならない課題が沢山あり、絡まった糸の様に複雑に絡み合って居る事が多く、思ったように現実を変えるまでには、長い道のりがある場合が多い物です。

つまり「引き寄せの法則」を使うためには、皆が共通で同じやり方をすれば理想の現実を手に入れられる訳ではなく、一人、一人「お金を拒否している理由」や「経緯」は違うので、ブロックの外し方は人によって千差万別なのです。

思考や思いで、理想の現実を引き寄せられるようになる為には、それを拒んでいるブロックをまず外す必要があるのです。

ブロックを外す為には自分を知る事が大切

安定した職業
あなたは「分かって居るのに出来ない」っと言う事がありませんか?

例えば「怒っても解決しない」っと分かって居るのに大切な人に怒りをぶつけてしまったり、やってはダメだと分かって居ても、ついやってしまうなど、これらの現象には心のブロックが関係していることが多い物です。

ブロックが強い人は、今僕が書いている文面すら読むことが出来ないと言う現象が起きると思います。それ位、ブロックと言うのは外すのが難しいのと、順番がきちんとしている事が多いです。

人は、人の事は良く分かる物ですが、自分の事はさっぱり分からないっと言う事が多いものです。例えば、怒っても解決しない事にイライラするとき「私は何でこの人にこんなにイライラするのだろう?」っと考え、イライラ原因を探るっと言う所まで、気が回る人がどれだけ居るでしょうか?

ブロックを外すっと言うのは、自分の内面を良く見つめ自分を知る旅に出る事です。つまり、イライラの原因も、ブロックの外し方も、その人自身しか知る事が出来ない物なのです。

自己浄化は「やろう!」っと言う所に行くとこまでがまず、難しい物です。まず、スピリチュアルに目覚める段階から入らないと、僕もその人に何も言えません。スピリチュアルを分かって居たとしても、ブロックを外すことはまた別な問題になります。

準備の出来てない人に物を言う事が無意味な理由


引き寄せの法則
僕は、見えないエネルギーの事が分かり、自己浄化が進むにつれ「孤独感」を感じる様になりました。仲の良かった友達は自己浄化の入り口にすら居らず、どんどん自分だけが分かる事が出来てしまい、会話が上手く成立しなくなることが多くなったのです。

友人が離れて行くその孤独感から抜け出すために、友人を一生懸命、自分と同じ場所まで引きあげようと、色々な事を言いました。

しかし友人の耳に僕の言葉が届く事はありませんでした。どんなに話をしても、言葉が聞けないっという不思議な状態になってしまうのです。

波長の法則で言うなら「波長が合わなくなってきている」状態でした。

僕はだんだんと友人との別れを感じ始めました。このまま行くともう、この友人とは付き合えなくなるっと言うのは薄々分かる物です。

結果的に、その友人とは付き合いが無くなりました。高校から社会人になるまで十年以上一緒に住んでいた、大切な友人でした。

僕は、その時から「準備の出来ていない者」にスピリチュアルな事を言う事を一切止めました。準備の出来てない人に、どんなに口うるさく言っても届かないように出来ているっと言う事が分かったからです。

会社の同僚で突然スピリチュアルに目覚めた男性が居ました。その人は僕が一切スピリチュアルな事を話さなかったので、スピリチュアルに詳しい事を知らなかったようです。「なんで言わないの?」っと言われたので「準備の出来て無い者に言う事は無駄だから」っと話をしたら「薄情だ」っと言われました。

ちなみに、その時もう一人の同僚にスピリチュアルの道を通って居た人が居たのですが、その人には僕がスピリチュアルな思考を持ってることがバレました。彼は僕の考え方や、行動を見てスピリチュアルな世界を分かってるっと言う事を、見抜いて居ました。

これは僕も良くある事なのですが、スピリチュアルな事が分かってる人っと言うのは、会話にちょっとその側面が出ます。「あ、この人スピリチュアルな世界を分かってるな」っと言うのが分かる人には分かる事があります。

僕は、誰からか教わった訳では無く、自分の身を守るために必死でこの道を切り開きました。それでも、共通して分かる事があるとするなら、何かしら共通する何かがあるっと言う事なのかもしれません。

ちょっとだけ思い出した話

引き寄せの法則

僕は、見えないエネルギーの世界を分からない人達を「海を知らない金魚鉢の金魚」っと表現します。

スピリチュアルな同僚は「海を知るべきだ!そうしなければ支配されてしまう」っと言って居ましたが、僕は「金魚鉢の金魚が海で生き残れるのか?」っと問いました。

確かに金魚鉢は窮屈かもしれませんが「無防備な金魚が海に放り出されて身を守れるでしょうか?」支配されるっと言う事は「守られている」っという事でもあるかもしれないっと言う話をしたなーっと言う事を思い出しました。

何が正解なのかは分かりません。ジャッジする事にも意味はありませんっと言う話でした。

頑張らない覚悟が気持ちを楽にする

頑張らない人は無意識に「頑張ってください」「頑張りましょう」と口にしてしまいます。僕もついつい人に対して「頑張ってください」っと言いがちになりますが。

「頑張る」っと言う言葉は受け取る人によっては「重荷」に感じてしまう人も居ます。

「頑張る」とはエネルギー的には「我を張る」っと言う感じです。何かをする時に、「我を張って」しまうと、気持ちが疲れるばかりで、物事が上手く進まない事があります。

上手く物事が進んだとしても、終わるころにはエネルギーを消費して「ぐったり」してしまうと言う事もあるでしょう。

忙しい時ほど「頑張らない」

頑張らない
仕事で、やらなければならない事が沢山ある時、成功させなければならない物事がある時、人は無意識に頑張ろうとします。それは自分の気持ちがピンと張りつめたような状態です。

気持ちを張りつめた状態で、物事を行うと、必要以上にエネルギーを使う事になります。沢山の仕事を終わらせた後に、張りつめた気持ちが解けて「疲れ切ってしまう」っと言う事もあるでしょう。

忙しい事が沢山続くとき、頑張らなければならない時程「頑張らない」覚悟をした方が、気持ちも疲れず、自分の気持ちも楽に、物事を進める事が出来ます。

人は気持ちが張りつめると「緊張状態」になります。それは「出来なかったらどうしよう」「何としても完成させなければ」など、無意識に自分を「頑張らないと失敗する」っという方向に追い込みます。

無意識に我を張ってしまうと上手く物事が進まなくなった時イライラしやすくなります。

「頑張らない」っとは、ある意味、緊張状態にある気持ちをあえて「リラックス」させる方向へ持って行く事となります。

頑張らなければならない時「緊張」しなければ上手く物事が運ばない!っと思い込んでいる事がありますが、そんな事は決してありません、気持ちを追い込まなくても、出来る事はきちんとできます。むしろ緊張せず、リラックスさせた方が効率が良い事があります。

頑張らなければならない時「気持ちを張りつめて緊張させなければいけない」っと言う思い込みは、捨てる必要があります。

張りつめた緊張をあえて解く

頑張らない
「頑張らない」とは、何かを頑張らなければいけない時に「張りつめた」緊張を解いて物事を行う事です。

「頑張ろう」として気持ちが張りつめた状態の時、人は無意識に、気持ちが外へ向かいます。「頑張らない」っと決めてリラックスして物事に取り組むと、外に向かったエネルギーが「内側」に向くようになります。

エネルギーを外に持っていくと、どんどんエネルギーを消費してしまいます。それは、例えるなら広大な砂漠に、一生懸命自分のバケツの中の水をまき散らすような感じです。

意識が外へ向かうと人は「今この時、この瞬間」から気持ちが先の方へ飛んで行ってしまいます。そうすると「今この時」の手元が疎かになり、現実を感じにくくなりますし、今やらなければならない事から、気持ちが居なくなってしまいます。

どんなに、やらなければならない事があっても、僕らが一度に出来る事は「一つ」だけです。体は一つしかありません。全てを一人でやり遂げようと、抱え込むより、今できる「一つ」の事だけに集中するようにします。

「今、この時、この瞬間」に意識を置く、現実をしっかり感じて物事を進める事は「現実を思うように動かす」為に上手くエネルギーを使うためには大切な事です。

緊張する状態に追い込まれた時ほど「ピンと張りつめた自分の気持ちを緩める」事を意識するように心がけた方が物事は上手く進みます。

気の弱い人程、頑張ってしまう

頑張らない
僕も決して、気持ちが強い方ではありません、僕も気が小さい方ですから身を守るためについつい頑張ろうとします。

心が強く、何事にも動じない人程「頑張らない」心の状態を上手く作る事が出来るでしょう。

「失敗したらどうしよう」「何としてもやり遂げなければ」っと思う心が、自分の身を守る為にどうしても、自分を「頑張らなければ」っと言う方向に持っていきやすくなります。

大変な時ほど、緊張状態を作らないようにする事には「勇気」が必要になりますが、自分の心を客観的に見つめる、っと言う訓練をする為には、とても良い機会だと思います。

「頑張っている時」自分の気持ちが「緊張していないか」客観的に眺め「あ、今緊張している」っと感じたらあえて「緊張を解く」「頑張らない」っと決める覚悟を決めて「新しい自分」に出会う訓練をするのも、心をリラックスさせるのには、良い事だと思います。

スピリチュアル的にこの状態を説明すると「グラウンディング」っと言います、意識を下に持っていき。上に飛んで行ってしまいそうな意識を、きちんと「今ここ」に止める事を言います。

どんなこともそうですが、今この時、この瞬間に自分を置き、現実をきちんと感じ生きる事は、色々な面で、とても重要な事と言えます。

自由な生き方に興味のある方へ 橋本雅さんのブログ

自分を愛する事とは



無条件の愛
僕のブログではよく「自分を愛する」と言う事について度々触れてきましたが、今日は特に掘り下げてこの事を書きたいと思います。

かなりスピリチュアルな内容になります。理解できなければ無理に読まなくて大丈夫です。あなたが、読める時が来たら自然と読めるようになる内容です。

この世の中に、「自分を愛する」っと言う事が、出来ている人はどれだけ居るものなのでしょうか?

僕は、ヒーリングの勉強をしに行った時、ヒーリングの先生からこの様な事を言われました。

「鏡を見ながら、自分に愛していると言えるようになると良いよ」

これは、自分を愛する為の基本的なワークだと思いますが、その練習会に参加した人達で「鏡を見て自分に愛してると言えない」っと言う人が結構、多かったです。

ひどい人は「鏡が見られない」と言っていました。

その言葉にどんな意味があるのかは、その人それぞれに抱える問題があると思うので一概には言えませんが、それだけ「自分を愛する」っと言う事は難しい物なのかもしれません。

いや、本当は「自分を愛する」と言う事はとてもシンプルで簡単な事なのですが、「簡単な事を難しくしてしまっている」っと言ったほうが良いのかもしれません。

スピリチュアルな事は実にシンプルで単純です。

昔の僕も、問題を難しくしていました。「そんな簡単じゃない筈」っと言って。見えない物に対して、複雑な意味を付けて、頑張って信じ込もうとしていました。

簡単な物を難しくするのは、結構簡単なのですが「難しくしてしまった物を簡単にする」っと言うことは意外に難しい物です。

僕らは、この世界で生き残るために、多くの武装をしてきました。身を守るために、色々な知識を身に付け、辛い経験をするともう傷つかない為に、沢山の鎧を着こみます。それが心のブロックになり身動きが取れない状態になります。

自分を愛するっと言うと、どの様なイメージが浮かぶか分かりませんが「愛」っとは「恋愛」の様な物では無く「ありのままの自分を、ありのまま受け入れ、許し認める」っと言う感じの「無償の愛」の事を言います。

その感じは、武装した鎧を勇気を持って一枚ずつ脱ぎ捨てて、ありのままの自分を出す事っと言う感じでしょうか?

別のヒーリングの先生は、この事を「玉ねぎの皮を剥くように」っと表現していました。

僕達は、沢山の経験を積むことで無意識に心に沢山の、荷物を背負おうとします。これがどうしても「愛」っと言う物から心を遠ざけてしまいます。前世などの問題を引き継いできてる物もありますので、人はそれぞれ皆、複雑なエネルギー状態で生きて居るものです。

多くの武装、と鎧を脱ぎ捨てる事で、単純に「愛」だけの存在になれると、自分の周りに愛が溢れる様になります。

僕はこの事を「繋がる」っと表現したいと思います。「愛に繋がる」っと言う状態です。

愛で自分を包み込めるようになれば、鎧や武器は必要なくなる物なのです。

愛を自分の体に通す

光 柱
見えないエネルギーの世界は、意味を付けた通りに動くっと言う話を以前にしたことがありますが、僕の場合は、一番最初にヒーリングを教えて貰った先生の概念が一番強く残っていますのでその感覚が一番強いです。

しかし、ヒーリング一つとってみても、沢山のやり方、概念が存在しますので、僕の感覚は、一つの例だと思っていただけると有難いです。

僕は、今年全く新しいヒーリングの勉強をしに行きましたが、そのヒーリングの概念は、一番最初に勉強した、ヒーリングの概念とは、また違いました。

僕のエネルギーの感覚としては、足の裏と、頭のてっぺんから、天(宇宙)と地(地球の中心)のエネルギーが常に入って来て、出ている様なイメージです。この感覚を「光の柱」っと言っている人を見た事がありますが、正に「光の柱になる」っという感覚が一番近い様な気がします。

これは、僕が経験した事と言う事で、見て欲しいのですが、体の中心を流れ続けるエネルギーが、心にブロックがあると、ブロックのある部分にエネルギーが通らないので、エネルギーが詰まって苦しくなる、っという感覚がありました。

エネルギーが詰まってるっと言う事は、そこの部分のエネルギーが流れず滞っているっと言う事です。エネルギーの滞りは、病気などになって出て来ることがあります。

僕は昔、自分のブロックを外すため沢山の「許しのワーク」を行いました。自分の中で自分を許せるようになると。しこりの様に凝り固まったエネルギーが、溶ける様に流れていきます。しかし、ワークを始めたばかりの頃は、しこりが溶けると、また直ぐに次の滞りの部分が出て来るっという作業の繰り返しでした。

会社で働いて居た時、健康診断が定期的にありましたが、昔の僕は胸の詰まりが強かったようで「乳腺症」だと診断されたのですが、エネルギーが通るようになって、一年後に健康診断を受けたら「乳腺症」が無くなっているっと、先生に言われました。

「無くなる物では無いはずなんだけど」っと不思議がられましたがエネルギーが通るようになれば、これは不思議な話でも何でも無い物なのかもしれません。

「自分を許し認める」っと言う事をすると、体にまんべんなく愛が通るようになり、愛に繋がってゆくという現象が起きる様になるのです。

愛に満たされると、周りの人も満たされていく

愛
体の中心に愛が滞りなく通るようになり、自分が愛で満たされていくと、周囲に居る人達も同調し始めます。

人間と言う物は無意識に、影響を与え合っていますので。体に愛を通し「光の柱」っという状態まで持っていくと、その人の傍にいるだけで「癒されてしまう」っという現象が起こります。

昔、ヒーリングの先生の傍にいるだけで「心が癒される」っと言う経験をしたことがありますが正に、エネルギーが高まっている状態だったのだと思います。

ただし、その様な状態をキープするのが、難しいのがこの世界です。

例えば、「光の柱」の状態を作れたとしても、ブロックの強い人たちが、沢山いる所に入ってしまうと、多勢に無勢では無いですが「落ちる」っと言う事があります。

なので、愛の感覚を手にしたとしても、キープする為に何か新しいワークを始めたり、僕の場合は石を身に付けたり、落ちない努力も必要になります。

ただし、上がる、落ちるを繰り返して行く内に、だんだんと落ちるの「底」の感覚が高くなって行きます。僕も、今でも落ちる時は、落ちますが、昔の自分に比べると「落ちてない」に等しい位、落ちる「底」の部分が、上に上がってきています。

この世に居る、っと言う事は「課題がある」っと言う事だと思って居ますが、まだまだ僕も「愛」の存在に近づく為の途中の段階なのだと思って居ます。

ひどい時は、分かっていたはずの事が全く分からなくなってしまう、っと言う事もあります。

僧侶が山にこもって修行するっという事がありますが、人を遠ざけ山にこもった方が「愛」っと言う感覚に繋がりやすいし、キープしやすいですが、沢山の人が居る中で「愛」を失わない修行を積む方が、一段階上の修行になるっと、言って居た人が居ましたね。


人気ブログランキング